回復して終わりではない新型コロナ 後遺症こそが大問題

回復して終わりではない新型コロナ 後遺症こそが大問題

退院後、体調不良のためリハビリ施設で検査を受ける元患者(イタリア、写真/共同通信社)

「入院を必要としない軽症者でも、後遺症に悩まされる」──これは世界の研究者の共通認識だという。新型コロナウイルス感染症から回復した元患者の証言と、世界各国の研究を目にすれば、本当に怖いのは回復してから待ち受ける「後遺症」だということがわかるはずだ。

「『感染』と『回復』は、新型コロナウイルスについては、ごく一部の過程にすぎません。このウイルスに感染すると、もっと長期的な影響が体に起きると考えられています」

 そう指摘するのは、カナダ人のウイルス専門医で、オタワ大学医学部教授のマーク・アンドレ・ラングロワさん。人口約3800万人のカナダは8月末の時点で新型コロナの感染者が12万人に達し、死者は9000人を超えた。多くの感染者と死者を生んだカナダで研究を続けるラングロワさんは、「回復後」こそ注意が必要だと言う。

「私たちは政府の資金提供を受けて、500人の感染者の唾液と血液を用いて10か月間の経過観察を行っています。新型コロナの長期的な後遺症の原因を探るため、世界中の専門家がそうした研究を行っているのです。しかし、すべての後遺症に対応する治療法を確立するには、まだ時間がかかると思われます」(ラングロワさん)

 新型コロナは回復して終わりではない。すでに世界各国は、「その後」の対策を進めている。

 安倍首相が突然の辞任を発表した8月28日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部は、重症者や死亡者を抑制しながら経済活動を継続する方針を確認した。今後は、軽症者や無症状者は宿泊療養や自宅療養が中心となり、限られた医療資源を重症者に割り振ることになる。

 新型コロナは肺炎など呼吸器系の疾患を招き、感染者の80%が軽症もしくは無症状で、20%が重症化するとされる。重症者が肺炎などで命を落とすのを防ぐため、医療資源を重点的に投入しようというのが政府の考えだ。だがラングロワさんの指摘通り、今後の新型コロナへの対策は後遺症についても目を向けなければならない。イギリスのニュース専門局「Sky News」は7月にこう報じた。

《新型コロナウイルスは、単なる呼吸器系の病気ではなく、他のすべての臓器に影響を与える全身感染症である可能性がある》
《軽度感染者のその後の長期的な影響は、当初の予想よりもはるかに悪化する可能性がある》

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんが指摘する。

「海外の報告からも、新型コロナは男女や年齢に関係なく、後遺症があると考えられます。海外では『ディレイド・パンデミック(遅延性の世界的流行)』との表現もあり、入院中の症状よりも回復後の後遺症の方が大きな問題になりつつあります」

 アメリカ疾病対策予防管理センター(CDC)が7月末に出した報告書では、新型コロナに感染した人の35%が回復から2〜3週間しても元の状態に戻らなかった。また、慢性疾患を持たない18才から34才までの若年層の5人に1人は完全に回復しなかった。

 日本はすでに5万5000を超える人が新型コロナから回復したが、その中には後遺症を訴えるケースが少なくない。8月に新型コロナに感染し、都内の病院に1週間入院した40代女性のA子さん。同僚に感染者が出たことと嗅覚の異常を感じ、PCR検査を受けると陽性だった。すでに退院しているが、いまも嗅覚の異常に苦しんでいる。

「生肉や生魚、野菜や調味料のにおいがしなくなりました。以前は遠くからでもわかったペットの便のにおいも、いまは目の前まで近づかないとわかりません。もともとにおいには敏感だったので精神的なショックが大きく、食事が食べられなくなり、夜も寝られなくなって安定剤や睡眠薬をのむようになりました」(A子さん)

 A子さんはにおいを感じるものと感じないものをリスト化して、日々の様子を記録している。空いてる時間を見つけて、においの強いケチャップやお酢を嗅ぎ続ける訓練をしているが、嗅覚は戻らない。

 医療的なサポートがないことも不安を大きくする。

「近所の耳鼻科では『入院していた病院で診てもらってください』と言われ、入院していた病院では『コロナの後遺症で診るのは肺炎だけ』と言われて診察してもらえませんでした。

 いまは都内の別の病院に通院していますが、費用は自己負担。治療に有効だとされる亜鉛や漢方を処方されています。このままでは、キッチンのガス漏れなどの危険な状況を察知できないし、体調が戻らないので仕事に復帰できるかどうかわからない。落ち込むばかりで、自然と涙がこぼれます」(A子さん)

※女性セブン2020年9月17日号

関連記事(外部サイト)