姉妹放置死 容疑者の夫がやり場のない怒りを胸に発した言葉

【高松市で姉妹放置死】父親は“よいパパ”と評判 なぜかSNSに母親の姿なし

記事まとめ

  • 香川県高松市で6歳と3歳の姉妹が車内に放置され、死亡する事件が起きた
  • 2人の死因は熱中症で、母親への捜査が進むにつれて、嘘が次々と明らかになっている
  • 逮捕された母親は幼稚園でPTA役員を務めており、父親は「子煩悩」として知られていた

姉妹放置死 容疑者の夫がやり場のない怒りを胸に発した言葉

姉妹放置死 容疑者の夫がやり場のない怒りを胸に発した言葉

竹内麻理亜容疑者が飲み歩いていた飲食店街

「女のほうに聞いてください」──やり場のない怒りを胸に、建設会社経営の父親Aさんはそう言葉を絞り出した。「女」とは、Aさんの妻で亡くなった幼い姉妹の母・竹内麻理亜容疑者(26・保護責任者遺棄致死容疑で逮捕)のことだ。

 香川・高松市の繁華街から車で30分ほど。長閑な田園地帯で暮らす6歳と3歳の姉妹が高級外車の車内に15時間以上も放置され、死亡する事件が起きたのは9月3日のことだった。

「昼すぎに母親から“子供がぐったりしている”と119番通報があった。救急車が現場にかけつけた時、2人は意識を失っていて、搬送先の病院で死亡が確認された。死因は熱中症。その日、高松市では9月の観測史上最高の37.6℃を記録しました」(捜査関係者)

 母親の竹内容疑者は、救急隊員に「具合が悪くなってエンジンをかけたままトイレに2時間ほど行っていた」と話した。だが、捜査が進むにつれて、彼女の嘘が次々と明らかになった。

「防犯カメラ映像などによると、夜9時頃から翌朝6時頃までの間、竹内容疑者は市内繁華街の飲食店を少なくとも3軒をハシゴ。途中で知人男性と落ち合うと、明け方に知人男性宅に入って、昼頃まで一緒に過ごしたようです」(全国紙記者)

 子供を車に閉じ込めての不倫だったようだ。姉妹を放置したのが自宅ではなく、車中だったのは“家から連れ出さなければいけない理由”があったのかもしれない。

「当日、知人男性や飲食店店員には“子供は預けてきた”と?をついていた。逮捕後に黙秘を続けていたのは、知人男性をかばうためだったのか……」(前出・全国紙記者)

 現場に駆けつけた救急隊員がぐったりとした姉妹に蘇生を試み、救急車で運ばれていくとき、竹内容疑者は遠巻きに見るばかりで、救急車にさえ乗らなかったという。捜査開始当初、竹内容疑者は駐車していたコインパーキングについても警察に嘘の証言をし、黙秘を続けたことで警察は無関係のパーキングを現場検証するという混乱も見られた。

 竹内容疑者は姉妹が通っていた幼稚園ではPTA役員を務めていた。近隣住民は「目立つ女性だった」という。

「この辺は古い集落で年配の住民が多いので、高級外車を乗り回す若い女性は珍しい。早朝に奥さんの車がないことがよくあったけど、いま思うと……。奥さんがお子さんを遊ばせる姿は見たことがありません」

 一方で父親のAさんは「子煩悩」として知られていた。

「三輪車に乗っているお子さんの横について近所を散歩する姿を見かけました。自宅前の駐車場で賑やかにバーベキューをしていたこともありましたよ」(前出・近隣住民)

 Aさんを知る人が証言する。

「Aさんはイケメンだし、近所では“よいパパ”と評判でしたよ。SNSにも愛らしい2人の写真を載せていたくらいですから。それでも、なぜかSNSに母親の姿がないことが不思議でしたね。まさかこんなことになるとは……」

 夫のAさんを裏切り、子供たちの命を奪った竹内容疑者。本誌・女性セブン記者が彼女の自宅を訪れると、Aさんは隣接する事務所にいた。

「いまの状況では何もお答えすることはありません」と言葉少なに語るだけ。そして、帰ろうとした記者に向かって「話が聞きたいなら、女のほうに聞いてください」と語った。

 妻がとった行動が今も受け入れられないといった様子だった。

関連記事(外部サイト)