菅氏の正念場の総選挙 小池知事が反・菅勢力結集プランも

【自民党総裁選】小池百合子知事が石破茂氏ら自民党の“反・菅勢力”結集プランか

記事まとめ

  • 菅義偉氏は総裁選で向かうところ敵なしだが、小池百合子知事が“大の苦手”だという
  • 菅氏が首相になれば、2人の争いが過熱することは間違いないと言われている
  • 小池氏が石破茂氏ら自民“反・菅勢力”などを結集し、菅政権を追込む仰天プランも想定

菅氏の正念場の総選挙 小池知事が反・菅勢力結集プランも

菅氏の正念場の総選挙 小池知事が反・菅勢力結集プランも

東京五輪も小池氏・菅氏の争いの火種に?(時事通信フォト)

 総裁選で向かうところ敵なしの菅義偉氏だが“大の苦手”が小池百合子・東京都知事だ。新型コロナの感染が再び拡大する中、2人は激しい舌戦を繰り広げてきた。

 そもそも2人の因縁の始まりについては知られざるエピソードがある。菅氏と小池氏は第1次安倍内閣でそれぞれ総務相、防衛相を務めたが、2012年の自民党総裁選では立場が分かれ、菅氏は安倍晋三氏、小池氏は石破茂氏を担いだ。

 その後、政権に返り咲いた安倍首相は、内閣改造にあたって女性大臣候補不足に悩み、小池氏を“面接”した。菅氏もその場に同席したという。以下は安倍側近の証言だ。

「安倍さんは小池が石破陣営に走ったことを水に流して大臣起用を考えていた。しかし、菅さんが『小池は信用できない。寝首をかかれますよ』と強硬に反対して止めた」

 その後も菅氏は、人事で小池氏を内閣や党役員ポストから干しあげ、小池氏も「あまり接点がなかった」という菅氏を“仇敵”と見るようになる。

 その菅氏が首相になれば、2人の争いが過熱することは間違いない。火種はいくつもある。政府は9月中に専門家の意見を聞きGo To キャンペーンの東京除外を見直す方針だが、感染状況次第では小池氏が噛みつくのは間違いない。

 最大の火種が6400億円ともいわれる東京五輪の追加費用問題だ。政治ジャーナリスト・角谷浩一氏が指摘する。

「追加費用を国と都がどう分担するかは決まっていません。菅さんは安倍首相と違ってどこまで五輪に興味があるか疑問。仮に五輪中止や無観客試合という事態になり“追加費用は招致した東京都が持つべき”などと言い出せば、小池都知事は黙っていないでしょう」

 国も東京都もコロナ対策の費用で財政は火の車。どちらも退けない戦いだ。

 これまでの「官房長官」対「都知事」の戦いでは小池氏が一本取る場面が多かったものの、今後、「総理」対「都知事」の戦いとなれば権力格差が大きく、小池氏の分が悪くなる。だが、小池氏には“秘策”があると前出・角谷氏が指摘する。

「小池氏の政治手法は敵を作り、それを討ち取るパターンの劇場型。菅さんを格好の敵役と考えているのではないでしょうか。一方の菅氏は1年以内に行なわれる総選挙が正念場となる。そこで小池氏が石破氏ら自民党の“反・菅勢力”と野党の非合流組(旧・希望の党)を集めて新政党を旗揚げし、菅政権を追い込んでいく。そんな仰天プランも想定されます」

「百合の一刺し」となるか。

※週刊ポスト2020年9月18・25日号

関連記事(外部サイト)