美智子さま150日ぶり外出へ その「日付」にこめられた意味

美智子さま150日ぶり外出へ その「日付」にこめられた意味

今後は宮内庁病院に定期的に通われるという(写真は昨年9月、東京・文京区 撮影/JMPA)

 9月6日、悠仁さまが14才の誕生日を迎えられ、秋篠宮家では、“将来の天皇”の教育熱が高まっているという。

「紀子さまは近頃、より一層悠仁さまにつきっきりになられているようです。その原因は、ご結婚問題が原因で眞子さまと会話のない日々が続いていること。さらに、姉の結婚を応援されているという佳子さまとも、ご関係に溝が生まれつつある。娘ふたりとのかかわりが失われつつある中で、悠仁さまへのかかわりを強めているようです」(皇室ジャーナリスト)

 母娘の不和、そして眞子さまのご結婚を人一倍案じておられるのは、ほかでもない上皇后美智子さまだろう。

「美智子さまは、眞子さまのご結婚を“ご家族全体の問題”と捉えられ、たいへん胸を痛めておいでです。振り返れば婚約報道後、眞子さまとの電話の内容を明け透けに話す小室圭さんに、最初に不信感を抱かれたのも美智子さまだったそうです」(宮内庁関係者)

 実際、小室さんの周囲では、次々と問題が明るみに出ていった。美智子さまは、紀子さまと皇居で話し合われる機会を度々設けてこられたという。

「美智子さまは紀子さまに、“眞子が考えを深められるよう助力すべき”と何度もお伝えになったそうです。時には厳しいお言葉で語りかけられ、紀子さまが気を落とされることもあったと聞いています」(別の宮内庁関係者)

 眞子さまのご結婚問題に、美智子さまはそれだけ憂いを深められている。だからこそ紀子さまには、問題解決へ向かうよう再三の“警告”をされた。しかし、その「家族全体の苦しみ」は、解決の糸口を見つけられないまま。それどころか、問題は混乱を深めている。いったい、いつまで続くのか──美智子さまがそうお感じになってもおかしくはない。

 そうした中で美智子さまは、約150日にもおよぶ「おこもり生活」を終え、宮内庁病院への定期検診に通われるという。今回の久しぶりの外出。その「日付」には美智子さまの意思が感じられるという。

「検診のため最初に宮内庁病院を訪れられるのは、9月11日の予定だそうです。実はその日は、紀子さまが54才となられる誕生日当日なのです」(皇室記者)

 誕生日、紀子さまは記者からの質問に文書で回答される。質問の中には「眞子さまのご結婚について」が入っており、世間の注目が集まるのは避けられないだろう。ただ、その日に皇室で別の動き──たとえば美智子さまの150日ぶりの外出──があれば、注目は和らぐのではないだろうか。

「外出を控え続けていた美智子さまが久しぶりに外出されれば、自ずと報道も大きくなるでしょう。すると同日、眞子さまのご結婚に関する世間の視線は減ることになる。ご自身の予定を紀子さまの誕生日にあわせることで、眞子さまに関する報道の拡大を抑えようとされたと思えてなりません。それと同時に、紀子さまに“早く事態の収束を”と促すような行動に見えます」(前出・皇室記者)

 美智子さまは感染のリスクを背負いながらも通院することを決められた。そこには、「早く穏やかな皇室の日常に戻ってほしい」という、最後の警告のお気持ちがあるのかもしれない。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

関連記事(外部サイト)