筋書きが雑すぎる自民党総裁選 出るのはため息ばかり

筋書きが雑すぎる自民党総裁選 出るのはため息ばかり

自民党総裁選、出るのはため息と「どうせ」ばかり?(時事通信フォト)

 さまざまな体験取材でおなじみの“オバ記者“ことライター・野原広子(63才)が、気になる時事問題にゆるくツッコミを入れる! 今回のテーマは「自民党総裁選」です。

 * * *
 今回の総理大臣交代劇だけど、茶番にしても、筋書きが雑すぎない? 新総理が決まる前にこの原稿を書いているんだけど、決まる前から国民がシラけているのがよくわかる。

「どうせ、決まってんでしょ」「どうせ、何も変わらないわよ」「どうせ、みんなウヤムヤでしょ」。私の周囲のアラ還のおばちゃん仲間は、口を開けば「どうせ」ばかり。モリカケ、桜、資料の改竄、立て続けに辞任した法務大臣の任命責任……たくさんあった“疑惑の詰め合わせセット”を私ら国民は、みんななかったことにしろって? もう、どんだけよ。

 布マスクにしても、いきなりの一斉休校にしても、Go Toにしても、国民や有識者の反対を押し切って進めたら、案の定ヒドい結果になって、でもその責任は誰もとらない。官邸の“知恵者”があれこれ筋書きを書いてるんだろうけど、私ら、国民をナメてんの? 1クールももたないドラマに大金つぎこんで……民間会社なら責任者が更迭されてるって。

 次の総理に何も期待してないけど、でも、安倍晋三氏を評して、「戦後もっとも優秀な総理大臣」という声も私の耳に入ってくるのよ。アベノミクスで一時的にせよ雇用が増えただの、良好な日米関係を復活させただの。なかでも多くの安倍ファンのおばちゃんたちが口々に言うのは「見た目」。「トランプやプーチンと並んで見劣りがしない日本の政治家って、ほかに誰がいる?」って。

 友人のK子(62才)いわく、

「総理大臣って日本の顔だよ。世界に配信されるんだよ。その点、アベは合格点だったと思う。そこだけは評価できる。で、次の総理はどうよ? 他国のトップと並んだときに貧相な感じがしないか、どうしたって気になっちゃう。そりゃ、背格好は生まれついてのものだから仕方ないけど……やっぱ、雰囲気ってあるじゃない。見た目だけで他国にナメられたり、呑まれたりするのはイヤだな」

「いやいや、立場が人を作るっていうじゃないの。新しい総理も、これからだんだんと“いい顔”になるかもよ」と反論したものの、「期待できない」とバッサリ。加えて、

「新総理大臣の夫人も気になる。ファーストレディーたる雰囲気を持っているかどうか。誰かさんみたいに、世間を攪乱しまくるワーストレディーだったら、目も当てられない」

 とも。また、有名私大の法学部を卒業して半官半民の団体職員をしているT代(55才)は、こんなことを言っていた。

「このところ、政治家の学歴が気になるんだよねぇ。その昔は帝国大学を出た、頭のよさそうな人が志をもって政治家になっていただろうに、最近は変わってきたよね。政治家としての能力と学歴は関係ないというけれど、閣僚や官僚は東大法学部卒が主流で、アメリカのハーバード大卒も珍しくないのよ。その人たちが仕事しやすいように仕組んでいるとしか思えない」

 農業高校卒の私が人の学歴をどうこう言う気はまったくないよ。けど、政治を団体競技と考えたら、頭のいい監督は表に出てこなくて、適当に現場配置を決めて、裏で筋書きを書く。で、自分たちに都合のいい人物を表に立たせて、体調不良を起こしたら、次の人に替えればいい。そう考えているのかも、と思っちゃう。もっとも、今回の筋書きはどれもこれもダメ。スカスカ。

 もう1つ言えば、私らアラ還以下の世代は、70代、80代を高齢者だと油断していたら、大変な目に遭うんだなというのを、今回学んだね。欲のないふりして「総理になるのは考えていません」と直前まで繰り返して、やるとなったら一夜で決める。あんな顔して長い間、この日をイメージトレーニングしていたのよね。

 そうそう。最後の「どうせ」は、野党の面々よ。ここ数年、政治スキャンダルを暴くのは、もっらぱら週刊誌。そこにオイシイところ、全部もっていかれてるって野党としてどうよ。国会議員としての調査能力を発揮して、与党の不正をただして、私らの溜飲を下げてよと思うけど、どうせやる気ないでしょ。

 ニュースで立憲民主党の枝野幸男代表の名前が出て、何かと思えば、禁止されている議員会館の事務所内で喫煙したことが発覚。それを咎められると「認識が甘かった」だって。野党を束ねようと思ってるんなら、そんな昔のツッパリ高校生みたいなことじゃないニュースで出てきてよ。

 とにもかくにも、ただでさえコロナ禍で毎日が不安でいっぱい。明日のことなんか考えたくもない。そんな中で、日本のトップを決める総裁選で、ハシゴを外されるとは思わなかったわ。飲食店、個人事業主、そして私のようなフリーランスにとって、今後、ますます厳しい世の中になるのは間違いないこと。「自助、共助、公助」なんて、なんでわざわざ上から言うかな。

【プロフィール】
「オバ記者」こと野原広子。1957年、茨城県生まれ。空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする。

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

関連記事(外部サイト)