新型コロナ 意外に知られていない唾液PCR検査技術最前線

新型コロナ 意外に知られていない唾液PCR検査技術最前線

唾液による新型コロナウイルスのPCR検査に用いられる装置(写真提供:隅田泰生・鹿児島大学教授)

 新型コロナウイルスに感染しているかどうかを診断する検査の中で、ウイルスの遺伝子を検出するPCR検査は最も高精度とされる。だが、日本は検査体制が十分ではないため、発熱しても無料のPCR検査を受けられないケースが多く、自費で検査を受けると数万円かかってしまう。そうした中、飛沫感染のリスクが低くて「偽陰性」も少ない医療保険適用の検査法が登場している。意外に知られていない最新技術を紹介する。

 新型コロナ対策では秋以降に懸念される第3波に備え、PCR検査体制の拡充が必須となっている。現在のPCR検査能力は1日あたり最大6万2336件(9月8日時点)。欧米など諸外国に比べて少ないという批判もあるが、厚生労働省は「国によって文化や感染状況などが違うので、単純に検査数だけ比較しても意味がない」と反論する。

 PCR検査は、発熱などの症状および感染者との接触歴や海外渡航歴があって感染が疑わしい場合は医師の判断で医療保険適用になり、全額公費負担で受けることができる。この無料検査を都道府県と契約して実施している「帰国者・接触者外来」「地域外来・検査センター」は全国に5194か所(9月9日時点)あるが、感染者との接触歴や海外渡航歴のない人が海外出張など仕事の関係で陰性証明書が必要な場合や軽い症状・無症状の人が「不安だから」という理由で検査を受けたい場合は自由診療(全額自己負担)となり、2万〜4万円ほどかかる。だが、すでにPCR検査は3月から保険適用になっている。保険適用なら自己負担は1〜3割で済むのだから、今後はもっと多くの医療機関で保険適用のPCR検査を受けられるようにすべきであることは論を俟たない。

感染リスクが低く、検査時間は30分以内

 しかし、鼻咽頭スワブ(鼻や喉の奥から採取した粘液)を検体とする従来のPCR検査は、高度な訓練が必要な上、鼻咽頭に綿棒を入れて検体を採取する際に患者が咳やクシャミをして飛沫感染するリスクがあるため、敬遠する医療従事者が少なくないという。実際、東京都内のクリニックの医師は「進んでやりたくはありません。もし私や看護師が検査時に感染したら長く診療を休まねばならず、患者さんに迷惑がかかってしまうからです。行政に要請されたら、やらざるを得ませんが」と話す。

 この問題を解決する画期的な方法が、唾液によるPCR検査法だ。厚労省は6月に「症状発症から9日以内の者については唾液PCR検査を可能」とした。

 唾液を用いた検査法にも様々なやり方があるが、鹿児島大学の隅田泰生教授のチームが開発した唾液による「糖鎖ナノ粒子法」は画期的だ。ごく微細なものを扱うナノテクノロジーを使い、従来の方法だと結果が出るまでに最大6時間かかる検査時間を20〜30分に短縮した。0.3ccの唾液で検査でき、精度も高い。6月に保険適用となっている検査法だ。

 隅田教授が語る。

「唾液による検査は簡単で患者に優しく、医療従事者にとってもリスクが低い。唾液中の新型コロナはウイルス量が少ないので偽陰性になる可能性もありますが、この方法は濃縮の過程があるので、朝起き抜けの唾液を用いれば、鼻咽頭スワブと同等の結果が得られました。また、粒子形を保った感染性のある生きたウイルスのみを検査するので、偽陽性判定も避けることができます」

新型コロナとインフルエンザを同時診断

 それでも、医療機関の中には二の足を踏むところが少なくないようだ。隅田教授によると、ある病院の病院長は「私は導入すべきだと考えているが、やはり感染リスクが高いという理由で検査現場の賛同が得にくい」と内部事情を説明したという。

 秋以降、新型コロナとインフルエンザの同時流行が危惧されている。そこで政府は新型コロナの検査能力を、抗原検査の簡易キットを大幅に導入するなどして1日20万件程度まで引き上げる方針を示したが、抗原検査の簡易キットはPCR検査より精度が低いことが課題とされている。

 そこで隅田教授のチームは、唾液による糖鎖ナノ粒子法をさらに進化させ、新型コロナとインフルエンザを同時にPCR検査できる迅速診断キットの開発を進めているという。

「すでに性能試験(いわゆる治験)も終えて今シーズンから医療機関で検査が可能になることを目指しています。これからインフルエンザシーズンが始まりますが、もし発熱があった場合、それがインフルエンザか新型コロナか分からないことが多く発生すると思われます。現在、多検体に対応可能な、安価で高速、高感度の、新型コロナとインフルエンザを同時に測定できるPCR診断装置も開発中で、唾液を用いた検体採取・検査診断・診療のトータルシステムを早期に確立して今秋からのインフルエンザシーズンと新型コロナの第3波に間に合わせたいと考えています」(隅田教授)

 検査法の進化とともに、ワクチンの開発も進んでいる。人類の叡智で、このウイルスを克服することはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)