コロナ接触アプリ通知 対応に地域差あり、振り回される人も

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)、接触可能性の通知表示で混乱も

記事まとめ

  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストールを厚労省が推奨している
  • アプリの接触可能性の通知表示が出ると、少なくない人が疑心暗鬼にとらわれるという
  • スマホに通知があった人の中には、不安に押しつぶされそうだったと語る人もいる

コロナ接触アプリ通知 対応に地域差あり、振り回される人も

コロナ接触アプリ通知 対応に地域差あり、振り回される人も

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」(時事通信フォト)

 厚生労働省がインストールを推奨している「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」は、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知をするアプリだ。通知はあくまで陽性者と接触した可能性を通知しているだけで、感染の事実を突きつけているわけではない。ところが、接触可能性の通知表示が出たことで、少なくない人が疑心暗鬼にとらわれている。ライターの森鷹久氏が、アプリ通知に利用者も行政も振り回され、混乱する様子についてレポートする。

 * * *
「ただ恐怖の中で過ごさねばならないだけ。いったい何のためのアプリなのか、全く分かりません」

 都内の設計事務所勤務・増本浩一さん(仮名・40代)は8月の終わり、自らのスマホに表示されたある通知を見て血の気が引いた。その通知とは、厚生労働省が全国民に登録を呼びかけている新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」からもたらされたものである。

「新型コロナウイルスにさらされた可能性がある、と表示されており、そこには日時と時間まで記してありました。その時刻、私は取引先の建築現場で2時間ほど滞在し、打ち合わせをしたり談笑したりしていました」(増本さん)

 驚いた増本さんは、さっそくアプリに表示されていた相談センターに電話。身近な人に感染者はおらず、もしかしたら自分が誰かにうつしているのかもしれない、それが妻か子供だとしたら、何をすべきなのか。不安に押しつぶされそうだったというが…。

「電話口の担当者は、咳や熱など症状があるかを聞いてきただけで、様子を見てください、と言うだけ。検査しなくていいのか、という問いにははっきり『できません』と告げられました」(増本さん)

 では通知にいったい何の意味があるのか、そう食い下がってみたものの、担当者は「そうですね、すいません」と繰り返すのみ。陽性者との接触があったとされる建築現場の責任者に知らせたが、増本さんのように通知を受け取った人間はほかにはいない、というのである。

「結局その日から会社にも寄らず、自宅にも帰らず、近くのビジネスホテルで一週間を過ごしました。少し咳が出たり頭痛がするだけで、症状が出たのか?と生きた心地がしませんでした。ウイルスに感染した可能性がある、と知らされただけで何もできない。妻や子供も私と接触をしていたわけですが、それを隠して仕事や学校に行っていたんです」

 現在はすでに自宅に戻っているというが、今も会社には出ていないという増本さん。増元さんから連絡を受けた取引先の責任者も、関係各所に相談したが、特に何をするわけでもなく、今もなお普通に業務を行なっている。保健所などからは「気をつけて普段通りの生活を」と言われたが、少なくとも二週間が経過しないと家族と安心して会うこともできなかった。

 アプリを巡っては別の騒動も起きている。

「接触通知が来たのにアプリを開いてみると、接触がなかったことになっていたというバグが発生していたり、相談センターに連絡すると『全員検査』と説明されたのに保健所からは検査ができない、など言われたりと、かなり混乱が広がっています」

 民放の報道番組ディレクター・今田ゆき子さん(30代・仮名)の元には、こうした情報提供や相談が山のように届いていると言う。

「一部では、接触アプリで陽性者との接触が確認された場合、全員一律に検査ができる、と言われていますが、現段階では地域によってかなり対応に違いがあるようです。陽性者といっても、重い症状が出ている人との接触、もしくは陽性者であっても海外からの帰国者との接触がないと検査ができないようになっている場合もあるようで、勘違いした人の間で騒動になっています」(今田さん)

 厚生労働省はアプリで濃厚接触の可能性が通知され、かつ本人が検査を希望した際には、公費負担で検査するよう各自治体に通達を出しているのだが、まだまだ伝わりきれていないというのが実情。問題はそれだけにとどまらない。

「通知が来たと思って、アプリをみても接触が確認されていないと出る。ただ、もっと詳しくデータを見ると、やはり接触の履歴が確認できる、という風に通知に関する不具合も出ているようで、報道機関にも情報提供が複数届いています。ただ、取材で関係各所に聞いてもはっきりした回答がもらえない状況なんです。通知を受けて驚いた市民方問い合わせを受けた病院など、現場の混乱に拍車がかかっています。検査を受けさせないための陰謀ではないか、というような声まで上がる始末です」(今田さん)

 厚生労働省が新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して開発したアプリ「COCOA」は、利用者からの声に応じて都度、修正版へ更新されている。不具合がない完成品に慣れている日本人にとって、利用しながら改善されていくというのは居心地が悪いかもしれないが、誰も体験したことがないウイルスに応じているのでやむを得ない側面なのだろう。だが、もう少し、そういった面での説明が繰り返されても良いのではないだろうか。

 不安が広がる社会のなかで、伝言ゲームのように拡がっていく不確かな情報や誤解。もはや、どこに責任を求めていいのか、誰が責任を取るべきかもわからない。そうした状況下、アプリによって陽性者との接触があったと指摘されれば、気にしないわけがないし、自身が身近な大切な人にうつしてしまわないかと言う懸念から、社会活動を制限せざるを得ない。

 これでは当然、差別や偏見が生まれ、余計なトラブルが発生してしまいかねない。もちろん、自分で考えて行動することは重要だし、それは尊重されるべきだ。ただし、Go Toトラベル、Go Toイート企画などでも見られるように、そうした判断や責任を為政者は国民に丸投げにし過ぎている。次の首相を決める自民党総裁選においても「助け合い」などと言ったキーワードが飛び交っているが、実際には「みなさんご自由に」「感染しても自己責任で」というのが本音ではないか、そう思わずにはいられない。

関連記事(外部サイト)