90年目の満洲事変 勃発前に陸軍大将の「非戦」講演があった

90年目の満洲事変 勃発前に陸軍大将の「非戦」講演があった

満州事変(柳条湖事件)の現場、中国遼寧省・瀋陽市で昨年行われた式典の様子(Avalon/時事通信フォト)

 屈辱の九・一八??。中国では、9月18日は“国恥記念日”の一つとされている。それは、かつてこの日に「満洲事変(柳条湖事件)」が起きたことに因んでいる。

 昭和6(1931)年9月18日夜、遼寧省の奉天(現在の瀋陽)郊外で、南満洲鉄道(満鉄)の線路が爆破された。当初、中国兵による不法な襲撃とされた事件は、日本軍の自作自演によるものだった。これが、のちの満洲国の建国や日中戦争へとつながっていく。

 そのちょうど1週間前にあたる同年9月11日、東京・神宮外苑の日本青年館において、一人の軍人による講演会が開かれていた。演者は陸軍航空本部長の渡辺錠太郎大将。「現今の情勢に処する吾人(われわれ)の覚悟と準備」と題された講演だった。

 渡辺は、この4年後の昭和10(1935)年に、陸軍大臣や参謀総長と並ぶ「陸軍三長官」の一角である教育総監にまで昇り詰めることになる幹部将校の一人だった。しかし、さらにその翌年に起きた日本最大の軍事クーデター未遂「二・二六事件」で、陸軍の現役軍人としてただ一人“部下”の青年将校らに暗殺されてしまった悲運の陸軍大将としても知られる。

 満洲事変の勃発前夜ともいうべきこの時期に、渡辺大将はいったいどんな「覚悟と準備」を語っていたのか??。戦後75年を迎えた今、この渡辺の「非戦(避戦)思想」が注目されている。きっかけとなったのは、今年2月に初の本格評伝『渡辺錠太郎伝』(岩井秀一郎著/小学館)が刊行されたことだ。たとえば同書では、渡辺のこんな発言が紹介されている。

「どこの国でも軍事力が大きくなると、戦争がやりたくなる。だが、どんな事があっても、戦争ばかりはやっちゃあイケナイ」「日本も世界の列強にならねばならぬが、しかし、どうでも戦争だけはしない覚悟が必要である」

 前述した昭和6年の講演は、そんな渡辺の非戦思想や戦争に対する考え方を平易な言葉で理解できる格好のテキストとなっている。前出の『渡辺錠太郎伝』の解説もまじえながら、以下、読み解いていく(*注)。

【*注/渡辺の講演については、読みやすさを考慮して、旧漢字・旧かな遣いは現行のものに、また一部の漢字をひらがなに改めました。行換えのほか、句読点についても一部加除したりしています。[   ]は引用者注。出典は「渡邊大将講演(現今の情勢に処する吾人の覚悟と準備)」麻布連隊区将校団(防衛省防衛研究所所蔵史料)】

渡辺錠太郎の中国観

〈私は渡辺でございます。今夕かくまで多数お集まりになりました皆様の前で、一場の講演をなしえまするのは、すこぶる欣快(きんかい)とするところでございます。

 私は昨年の六月以来最近まで台湾に勤務しておりましたため、実は近来におけるご当地[今いるこの場所=東京]付近の情況はあまり知らないのでございますが、ただ近来自分の感じましたところについて率直な意見を申し述べて、皆様のご批判をあおぎたいと思うのでございます〉

 渡辺は、講演会の前年の昭和5年6月から台湾軍司令官として彼の地に赴任していた。さらにその前は、3年間ほど北海道・旭川の第7師団長を務めるなどしていた。そのため、自分は「ご当地付近の情況はあまり知らない」と謙遜したのだろう。

 この講演で渡辺は、自身がそれまであまり公言することのなかった満蒙(まんもう=満洲および内モンゴル)の問題から語り始める。渡辺の講演会がどういう経緯で催されたのかは不明だが、当時陸軍は、満蒙地域における諸権益を守るべく国民世論の支持を得ようと、在郷軍人らによる講演会をたびたび開いていた。この時の講演も、そうした流れの中で開かれたのかもしれない。

〈わが帝国[日本]の近時における対外問題で最も盛んに論議せられまするのは、満蒙問題でございます。これにつきましては、新聞、雑誌その他の出版物もしくは講演等で、この満蒙に関する帝国の地位歴史、満蒙に有する帝国の権益ならびにその権益が現在いかなる情況にあるか、また満蒙が我国の国防上、経済上いかに重要性をもっているかということは、既に皆様がご承知のことと思いまして、ここには省略いたしたいと存じまする。

 そうして現在支那(シナ)が歴史を無視し、条約を蹂躙(じゅうりん)して、わが国の満蒙に有するところの権益をわが国の手から奪おうとしているのに対しまして、外務当局は非常なご努力でお骨折りになっておりまするが、今やほとんど行き詰まりの形となり、結局、国力の発動、もしくは力によるほか解決の途(みち)はないというような議論がだんだん現われてまいっております〉

 中国側が「歴史を無視」して「条約を蹂躙」したというのは、日清戦争(1894〜1895年)・日露戦争(1904〜1905年)を経て日本に認められた満蒙における諸権益を、蒋介石率いる中華民国側が認めようとしなかった状況を指している。この指摘は、当時陸軍が国民に向けて盛んに宣伝していた主張にも沿っている。

 だが渡辺は、その上で満蒙や戦争に対する身近な人々の意見を紹介し始める。それらは、軍の喧伝に感化されていない、拍子抜けするほど率直な“世論”となっている。

戦争を忌避する世論を紹介

〈そうして、かくのごとき議論に対して、わが国民の大部もしくは一部はどんな感想を持っているか、ひそかに私はこのことを考えまして、先月の初め台湾を発ちまする時機に、台湾における有力な新聞記者に満蒙問題についてあまり台湾の新聞に書かないじゃないか、これだけ重要な問題についてはもう少し書いたらどうかという話をいたしましたところが、その記者は、満蒙と台湾とはあまり縁がない、したがって今日まであまり書かなかった。こういう返答でございました。

 また私は最近に三重県、岐阜県、千葉県等に出張をいたしまして、それらの出張先で知人の訪問を受けた時分に、これらの問題について皆がどう考えているだろうかを訊ねてみましたところが、ある者は今日かくのごとき不景気の時に万一、戦争でも起こったならば、なおいっそう不景気になるだろう、それは困る。ある人は今の世の中に戦争などをやられては堪ったものじゃない、戦争はどんなことがあってもやってもらっては困る。また、ある一部の人は、ことに若い学生などの中には、ほとんど満蒙という問題は意に介しておらぬというような人にも出会ったのでございます。

 言い換えますれば、今日の時局において万一、帝国が力をもってこの満蒙問題の解決を図るということになりますれば、あるいは戦争にならんで済むかも知れませぬが、都合によると戦争になるかも知れない。戦争になっては困る。すなわち戦争を恐れる人、かくのごとく重大な問題についてもほとんど意に介しない人に、私は狭い範囲でございますが、出あったのでございます。〉

 渡辺のこの認識について、『渡辺錠太郎伝』著者で歴史研究者の岩井氏はこう解説する。

「渡辺は、満蒙の問題については自分の周囲は関心が薄く、また言及があっても『不況なので戦争になるのは困る』という意見だったと紹介しています。要するに、当時陸軍にとって重大な懸案だったはずの満蒙問題が、一般の市民の間ではあまり真剣に取り上げられておらず、戦争への忌避感が非常に高かったということです。渡辺の周囲の『狭い範囲』とはいえ、そうした市井の意見を紹介しているのは、いかにも渡辺らしい姿勢だと思います」

 満州事変の勃発が1週間後に迫るなか、東京で行なわれた本講演では渡辺の「非戦論」がさらに展開されてゆくことになるが、それについては別稿で詳述する。

●参考資料/岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)、岩倉渡邉大将顕彰会『『郷土の偉人 渡邉錠太郎』(愛北信用金庫編・発行)

関連記事(外部サイト)