菅内閣が「かん内閣」と同様無能集団に?ピーターの法則とは

菅内閣が「かん内閣」と同様無能集団に?ピーターの法則とは

「菅内閣」の閣僚人事は一定の評価を得ているが…(写真/AFP=時事)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々の心理状態を分析する。今回は9月16日、新たに誕生した「菅政権」について。

 * * *
 菅義偉氏が第99代総理大臣に指名され、「菅内閣」が誕生した。菅内閣という文字だけ見ると、あの悪夢のような「菅(直人)内閣」が蘇ってくる。東日本大震災時、あまりの対応の遅さ、対策の不十分さに、何度「この内閣でなければ」と思ったことか。読み方は違えど、文字面が同じ内閣に「本当に大丈夫なのか」と根拠のない不安がこみ上げてくる。

 今回の菅首相誕生に際し、私の周りではこんなことが起きた。菅氏の人物像や知られざる逸話を聞こうと思ったのだろう。ある雑誌記者が、「菅氏の友人」という知人に「菅氏について聞かせてほしい」とコンタクトしたが、その知人は「なぜ私の所に?」と訝しんだ。というのも、菅は菅でも菅違い、その知人の友人は菅直人氏だったからだ。おそらく、記者の古い取材ノートにその知人と菅氏のつながりが書かれていたのだろう。麻生太郎副総理兼財務大臣も9月17日、自身が率いる派閥の会合で、新たに発足した菅義偉内閣について「かん内閣」「かん政権」と発言。こうした混乱は今、至るところで起きていそうだ。

「菅内閣」とネットで検索しても、Wikipediaには「菅(直人)内閣」が出てくる。当時は、衆議院議員総選挙で圧勝した民主党が政権を担っていた。鳩山由紀夫内閣の総辞職により2010年6月に発足した菅内閣は、国民からの人気も期待も高かったと記憶している。だが、統治能力と危機管理能力は最悪で、柳田稔元法務大臣の「国会軽視」発言や仙石由人元内閣官房長官の自衛隊に対する「暴力装置」発言など、閣僚の失言・放言も相次いだ。それ以来、野党に政権を任せようとは思えなくなった。振り返れば、あの時の菅内閣は「ピーターの法則」そのものだったと言える。

 ピーターの法則とは、能力主義の階層社会において、組織の上層部がやがて無能な人たちだらけになる、というもの。入閣した議員1人1人の能力はそれなりに高くても、大臣になると、その能力を発揮できなくなるばかりか、失言で政権の足を引っ張ってしまう無能な人になってしまった。

 そして今回、再び(?)の菅内閣だ。コロナ渦という有事の真っただ中で組閣された内閣の顔ぶれは、党内だけでなくメディアでも「練りに練った人事」「実務家揃い」「専門家を配置」と高評価が続く。安倍政権の継承を掲げた政権だけに留任や横滑り人事も多いが、目玉となったデジタル改革担当大臣にはITに明るい平井卓也氏が抜擢された。パソコンをほとんど触らず、USBが何かも分からない議員が大臣に納まるようなことはないらしい。

 振り返れば安倍政権の時も、数々の失言大臣たちが現れては消えていった。9月17日にも、新旧大臣の引き継ぎ式という最後の最後に、北村誠吾前地方創生担当大臣が在職中47都道府県の視察をしたとしたうえで、「相当ほらを吹いてきた」と発言。法則の実例を見せてくれた。某番組の『ナゼそこ?』ではないが、その議員の抜擢を疑問視するしかない閣僚たちの顔ぶれは、まるでピーターの法則に従っていたようだった。

 誰が本当に優秀で、誰が大臣として仕事ができるのか、メディアを通して伝えられる情報でしか判断できないため、実際は分からない。組閣の際、派閥人事や当選回数で入閣した人物だと情報番組が伝えれば、「この大臣はそんなものか」という印象で見ることになる。今回は安倍晋三前首相に配慮した人事ということだが、不安視する声はさほど大きくはない。果たして法則に当てはまるのか、逆らうのか、あるコメンテーターが某番組で言うように「菅内閣のお手並み拝見」といこう。

関連記事(外部サイト)