森のようちえんの「小学校版」が開校 設立者の思いとは

森のようちえんの「小学校版」が開校 設立者の思いとは

9月に開校した「大地組スクール」

 子どもたち自身で考えることが尊重される学校が、9月7日に開校した。一般社団法人「MORIWARA」が運営する、森のようちえん「森のわらべ多治見園」(通称・森わら)の小学生対象の学校部門「大地組スクール」である。

 森のようちえんは森や里山を教室とする自然育児を実践していることで知られる。園舎を持たないため国の決める幼稚園や保育園の範疇には含まれず、昨年10月からスタートした無償化の対象からも外されている。その代わり、国の規制に縛られず、「人間らしく生きる」ことを主眼にした育児が実現されている(活動の幅を広げるため、この9月にフットサルパーク施設の一部を賃貸して「園舎」としても活用)。

 2009年に森わらを起ち上げたのは、現在も園長を務める浅井智子さんだ。なぜ今度は学校部門をつくったのか、彼女が語る。

「自然のなかで自由に育って卒園した子たちが、小学校に入ると苦しそうな表情をしているのが、ずっと気になっていたんです。既存の学校では何でも決められてしまって、それに子どもたちは従うしかない。窮屈でしかたないけど、ほかに選択肢がない。その選択肢を広げようと、思い切って起ち上げました」

 スタート準備のオンライン授業を経て、月2回のフィールドワークも行い、そこには10人ほどが集まっていた。そして週4回の本格開校となったのだが、残ったのは1年生と2年生の女の子、3年生の男の子の合計3人だけとなった。

「母親か父親のどちらかが反対だったようです。理由はいろいろあると思います。公立学校なら無料ですが、ここでは月3万円の月謝が必要になることが大きかったのではないでしょうか」と、浅井さん。続ける。

「森わらの方針を理解してはもらっているんです。それでも親としては、普通の学校に適応してもらいたいとも思うんですね。だから大地組スクールを起ち上げて選択肢を示し、そうした親の気持ちを揺さぶりたいとも考えました」

 大地組スクールでは、その日にやることは自分たちで考える。考え、行動し、そして結果を受け入れるのが大地組スクールでの学びだからだ。たとえば先日は、昼食を自分たちでつくった。

「1人300円の予算で、何をつくるかとなって話し合いをし、ラーメンに決まりました。1人が『キャベツと豚肉を炒めたのを乗せると旨い』と提案し、それもやることになったんです。買い出しから調理まで、話し合いながら自分たちでやりました。私もびっくりするくらい美味しくできました。もちろん、子どもたちも満足していました」と、浅井さん。

 普通の学校でやるような勉強もする。ただし強制的にやらせるのではなく、子どもたちの自発性にまかされている。

「放っておいても子どもたちは学びたいと思うものです。思ったら、学習の方法はいくらでもあるし、自発的にやったほうが身につきます」(浅井さん)

 ただし、大地組スクールは学校として認められているわけではない。子どもたちは、通学しないが地元の公立小学校に在籍はしており、そこを卒業することになる。認可されていないインターナショナルに通う日本人の子どもたちが、籍だけおいている日本の小学校を“卒業”するのと同じだ。

「スタートしたばかりで大地組スクールを選択しようかどうか迷っている子どもと親はいます。それでも、確実に変わってきていることも事実です。9月にスタートして、来年の入学を前提に、すでに2組の家族が見学にきてくれました」

 既存の学校が失っている価値観を必要としている子どもも親も確実に存在している。それに応える学校も生まれてきている。

◆取材・文/前屋毅(フリージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)