無自覚ハラスメント 部下が発する「最後の警告」を見逃すな

無自覚ハラスメント 部下が発する「最後の警告」を見逃すな

働き方は多様化している

 コミュニケーションの難しさが増している、そう感じる大人も少なくないのではないか。ハラスメントの加害者となることは誰だって避けたい。大人力について研究するコラムニストの石原壮一郎氏が分析した。

 * * *
 人間は、とくに「おっさん」に分類される年代の男性は、つくづく悲しい存在です。世間でこれだけ「セクハラ」や「パワハラ」が批判されているのに、染みついた考え方を変えるのが苦手なのか、頭の中をなかなかアップデートできません。もちろん、人のことはぜんぜん言えないんですけど……。

 毎日のように流れてくるハラスメント関連のニュースを見ると、客観的には「今時そんなことを!」と驚かされます。しかし、おそらく当事者は「このぐらいは許されるだろう」「俺は部下に慕われているから大丈夫」などと、自分に都合のいい解釈をしていたのではないでしょうか。そんな自覚のなさが、大きな墓穴を呼び寄せてしまいます。

 仮にあなたがアウトな発言をしても、部下や取引先が「失礼ですよ!」「なんてこと言うんですか!」と明確に非難することはまずありません。そもそも、そんな親切なことをしてくれる義理もありません。多くの場合は黙ってスルーして、ひそかに怒りや恨みや軽蔑を溜め込むだけです。

 しかし、あまりにも悪質な場合は、こらえ切れなくて遠回りにたしなめてくれることもあるでしょう。それは多くの場合、あなたに見切りを付ける前に発せられる「最後の警告」。意を決した抗議に気づかずに同じことを繰り返したら、しかるべきところに報告されて大問題になるなど、取り返しのつかない事態を招きます。

 部下など立場の弱い相手は、どんな言い方で「最後の警告」を発してくれるのか。無自覚ハラスメントをやっているかもしれない昭和脳のおっさんとしては、我が身を振り返るギリギリのチャンスを逃さないために、「表面上はソフトだけど深い怒りが込められている最後の警告」の代表的な例をチェックしておきましょう。

【セクハラ発言に対する最後の警告】

「そういうことをおっしゃる方だとは思いませんでした」
「ニコニコしていても許しているとは限りませんよ」
「言う相手を間違えたら大問題になりそうですね」
「言っても大丈夫そうな相手を選んでますよね」
「(笑顔で)それってセクハラですよー」

【パワハラ発言に対する最後の警告】
「おっしゃっている意味がよくわからないのですが」
「今のお言葉はかなりダメージが大きかったです」
「私の飲み込みが悪いせいでイライラさせてすみません」
「もっと打たれ強くなるにはどうすればいいんでしょう」
「おっと、今のはファウルラインぎりぎりですね」

【ハラスメント発言&差別発言に対する最後の警告】
「聞こえなかったことにしておきます」
「Twitterに書いたら5秒で炎上しそうですね」
「○○さんらしからぬお言葉で驚きました」
「令和の今となってはギョッとする発言ですね」
「うーん、それはコンプライアンス的にどうなんでしょう」

 ひとつでもふたつでも聞いた覚えがあるあなたは、日頃から無自覚ハラスメントを重ねていて、部下や周囲から後ろ指を指されている可能性が大。「そんなこと気にしてられるか!」と突っぱねるのも、ひとつの生き方ではあります。ただ、かなりリスキーで、しかもけっこう恥ずかしい生き方であることは自覚しておいたほうがいいでしょう。

 ハラスメントの被害を受けている側の方は、こうしたセリフをどんどんご活用ください。怒りやストレスを溜め込む前に、早い段階で発しておくのがオススメです。「とても言えない」と身を縮めてしまう人もいるかもしれませんが、「嫌だと思っている」「やめて欲しい」という意思表示をしなかったら、事態はどんどん悪化するばかりです。

「発言」どころではなく、もっと悪質で凶暴なハラスメントの場合は、会社に相談するなり証拠を集めて徹底的に追い詰めるなり、別の対策を考えて早めに実行しましょう。いずれにせよ、自分を守るための第一歩を踏み出すことが大切。言い返して怒られても、不愉快で理不尽なハラスメントを受け続けるより、ずっとマシなはずです。

 逆に「こんな生ぬるいセリフじゃなくて、はっきり言ってやればいいんだ」と思う人もいるでしょう。もちろん、はっきりと「それはセクハラです!」「それはパワハラです!」とストレートに抗議する手もあります。しかし、対決姿勢を明らかにすることが、解決への近道だったり、自分にとってのベストの方法だったりするとは限りません。

 無自覚ハラスメントをやってしまっていそうなおっさん側(自分も含む)としては、部下や取引先のちょっとしたひと言を聞き逃さないように、くれぐれも注意しましょう。それを心がけることは、無自覚ハラスメントの予防にもつながります。

 ただ、セクハラはさておきパワハラに関しては、正当な指導をハラスメントと受け取るなど、「言ったもん勝ちハラスメント」と呼ぶべき事例も少なくありません。パワハラ呼ばわりを恐れ過ぎず、言うべきことは言うという覚悟を持つことも、おっさんとしての矜持と言えるでしょう。おっさんも若者も、それぞれの立場でハラスメントの落とし穴にはまらないように気を付けつつ、なるべくいい感じの世の中にしていきたいものです。

関連記事(外部サイト)