靖国神社、宮司緊急搬送で「トップ不在の例大祭」異常事態

靖国神社の宮司・山口建史氏、頸髄損傷で静養中 トップ不在で例大祭を迎える可能性も

記事まとめ

  • 靖国神社の宮司は2代続けて定年前に退任しており、現宮司の山口建史氏は静養中だそう
  • 転倒して頸髄を損傷し、緊急搬送されたものの、手足にしびれが残っているという
  • 不在のまま秋季例大祭が実施されれば、山口氏の進退に関わるとの指摘もあがっている

靖国神社、宮司緊急搬送で「トップ不在の例大祭」異常事態

靖国神社、宮司緊急搬送で「トップ不在の例大祭」異常事態

靖国のトップに再び不幸が…

 靖国神社の宮司が倒れた──そんな情報が神社界を駆け巡ったのは9月初旬のことだった。

「宮司の山口建史氏(72)が、8月31日に自宅で転倒して頸髄を損傷したとの情報です。山口氏は緊急搬送されたが、手足にしびれが残っていると聞きました」(ある神主)

 靖国神社社務所に尋ねると、山口氏の負傷の事実を認め、「宮司は現在、入院、加療中です。社務復帰に向けた静養をしております」と回答した。靖国神社の宮司は2代続けて定年を前に退任しており、「山口氏も続いてしまわないか」と心配されているという。

 山口氏の前任・小堀邦夫氏は、天皇(現・上皇)への“不敬発言”により2018年10月に辞任。その前任の徳川康久氏も、定年前の2018年2月に退任に追い込まれた。

「山口氏はそんな靖国神社を立て直そうと熱心に職務に打ち込み、参拝者からは『誠実な宮司さんだ』と評判がよかった。しかし、10月に行なわれる靖国の重要行事・秋季例大祭までに、山口氏の体調が十分に回復しない可能性もある。もし不在のまま例大祭が実施されれば、山口氏の進退に関わる」(前出の神主)

『宗教問題』編集長の小川寛大氏が後任人事の難しさを指摘する。

「靖国神社は格式を重んじるため、戦後は旧華族を宮司に招き、靖国内からは就任しない例が多かったが、徳川氏の退任以降、旧華族とは距離ができている。山口氏は靖国出身だったが、内部からの就任はふさわしくないとする声も多い。そこで手っ取り早いのは神社本庁から人を送ってもらう手段ですが、靖国は神社本庁に加盟しておらず、独立性を損なう可能性もあるため、反対意見も根強い」

 3代連続の“途中離脱”となれば、創立151年目にして最大のピンチになりそうだ。

※週刊ポスト2020年10月2日号

関連記事(外部サイト)