世田谷公園のSL車両 「ふるさと納税で再塗装」に高い壁

世田谷公園のSL車両 「ふるさと納税で再塗装」に高い壁

ふるさと納税で保存費用を集めている世田谷区のSL車両

 第99代内閣総理大臣となった菅義偉氏は、官房長官として安倍晋三内閣を支え、新元号「令和」を発表した人としてよく知られているが、初入閣は総務大臣としてだった。そのとき導入されたのが「ふるさと納税」で、使途を指定した納税ができる制度として定着しつつある。ところが、ふるさと納税の種類が多すぎて、一定の共感を集められそうな内容でも苦戦しているものが少なくない。ライターの小川裕夫氏が、SLの車両保存のために設定した世田谷区のふるさと納税が苦戦している現状をレポートする。

 * * *
 7年8か月もの長期政権が終わりを告げ、新たに菅義偉首相が誕生した。自民党総裁選中、菅氏は総務大臣時代に導入したふるさと納税を地方への取り組み実績として挙げた。

 2006年に発足した第一次安倍政権で、菅氏は総務大臣に就任。有識者の議論を経て、翌年にふるさと納税の創設を発表。こうして、ふるさと納税は2008年度からスタートした。ふるさと納税は、”納税”という名称ながら、寄付として扱われる。その寄付の見返りとして、税額控除などの特典がつく制度だ。

 制度のスタートからいくつかの紆余曲折はあったものの、ふるさと納税は世間一般にも浸透した。いまやその規模は5000億円にも及んでいる。

 ふるさと納税は、豪華な返礼品を用意することで自治体間が税源を奪い合う現象を生んだ。海産物や和牛といった耳目をひく特産品がない自治体からは、不満が噴出。特に、東京の自治体からは反発が根強かった。豪華な返礼品を用意できない自治体は、ふるさと納税では苦戦を強いられることになる。

 しかし、そうした逆風でも工夫を重ねた自治体もある。東京都世田谷区も、ふるさと納税のメニューに工夫を凝らした自治体のひとつだ。

 世田谷区は使途を明確化することで、ふるさと納税を集めようとした。世田谷区のふるさと納税では、東京五輪でアメリカ選手団がキャンプを実施する予定があった大蔵運動場 の改修資金をはじめとして、テーマを絞ったふるさと納税のメニューを複数揃えた。使途を明確化したことで、自分の寄付したお金が何に使われたのかがわかりやすくなり、それが寄付を呼びこむ効果を高めた。

 世田谷区が用意したふるさと納税のメニューのなかでも特に話題を呼んだのが、三軒茶屋と下高井戸の約5キロを結ぶ東急世田谷線の宮の坂駅前に保存・展示されている車両の再塗装費用を集めるというものだった。

 宮の坂駅前に保存・展示されていた車両は、世田谷線の前身でもある玉川電気鉄道として使われていた。玉川電気鉄道は東急世田谷線へと姿を変えた今でも、地元住民から”たまでん”の愛称で親しまれている。

 同車両は1969年に玉電 から引退。新たに、江ノ島鎌倉観光(現・江ノ島電鉄)に引き取られて、1990年まで現役車両として活躍した。江ノ電での役目を終えた車両は、再び故郷である世田谷線に戻ってきた。そして、宮の坂駅前で保存展示された。

 しかし、宮の坂駅前の展示スペースには屋根がない。雨ざらしのままでは、車体が早く腐食する。そうした事情もあり、宮の坂駅前に保存・展示されていた車両の再塗装を求める声があがる。

 2017年に世田谷区は、玉電車両の再塗装費用をふるさと納税で集めることにした。目標金額は660万円。玉電の再塗装費用は全額を集めることは叶わなかったが、約550万円を集めることに成功した。こうした過去の事例もあり、世田谷区は世田谷公園内に保存・展示されていたSLのD51の修繕と再塗装費用を捻出するために、2019年度のふるさと納税のメニューにこれを加えた。

「以前、玉電車両の再塗装費用を賄うふるさと納税を実施した際、区民のみならず多くの鉄道ファンがふるさと納税で支援してくれたと聞いています」と話すのは、世田谷区公園緑地課の担当者だ。

 今回のD51は前回よりも費用がかさみ、目標金額は倍以上の1500万円に設定された。それだけに、ハードルはさらに高くなっている。

「二匹目のドジョウを狙っているように思われるのですが、庁内では『SLのふるさと納税プロジェクトは、玉電につづく鉄道モノの第2弾と見られるので話題性も乏しくなり、新鮮味がなくなるので、ふるさと納税の集まりは前回よりも悪くなる』との懸念が強くありました。実際、世田谷公園を日常的に利用してくれる近隣住民を中心に多額の支援をいただいていますが、目標金額には遠く及びません。そのため、募集期間を延長して、さらなる支援を集めています。区の周知不足もあり、延長しても集まりがいいとは決して言えませんが再延長はありません。展示・保存されているD51の老朽化は激しく、修繕・塗装の作業を遅らせてしまうと費用がさらに膨らむからです。そうした事情から、2021年3月末を最終期限に設定し、それまでに集まったふるさと納税で修繕・再塗装を実施する予定にしています」(同)

 世田谷公園内に展示・保存されているD51のふるさと納税プロジェクトでは、3つのプランが用意されている。Aコースは寄付額1万円、Bコースは寄付額3万円、Cコースも同じく寄付額3万円。Aコースは寄付者名の掲示・記念写真・ヘッドマークデザインの応募権といった特典がつく。Bコースは、Aコースの特典に世田谷公園内で運転されているミニSLの乗車券がプラスされる。

 さらに、Cコースは再塗装を実際に体験できるプランが追加されている。Cコースは、レアなことを体験できる。鉄道ファンならずとも、貴重な体験をしてみたいと考えるだろう。そうした希少性から、募集開始と同時にCコースへの寄付が殺到した。そして、すぐに先着30名の枠が埋まった。

「塗装体験ができるCコースが想像以上に人気だったことには驚くばかりですが、塗装作業は安全面を確保するという観点から、好評でも募集人数を増やすことができません。そのため、30名の先着限定になりました」(同)

 Cコースの寄付額設定を見誤って低くしてしまったようにも思えるが、世田谷区としては広く薄く集めるという考えに徹し、多額の支援を住民や支援者に求めるという発想がなかったのだろう。ある意味で、金儲けの発想がなかったことがふるさと納税に苦戦している要因ともいえる。

 貴重な体験ができるCコースは早々に募集を終了したが、残ったAコース・Bコースの集まりはいいとは言えない。2020年8月29日までに集まったふるさと納税額は、総額で258万円。残された期間は約半年しかない。目標金額を達成するには、約1240万円を集めなければならない計算になる。現実的に考えれば、かなり厳しいだろう。

 ふるさと納税の生みの親である菅義偉議員が首相に就任することで、ふるさと納税が再注目される可能性は出てきた。そうなれば、世田谷区が取り組むふるさと納税も脚光を浴びるかもしれない。それにより、世田谷公園に展示・保存されているSLの再塗装・修繕の費用が少しでも多く集まることを期待したい。

関連記事(外部サイト)