満洲事変の勃発前夜 陸軍大将が説いた「戦争の大きな犠牲」

満洲事変の勃発前夜 陸軍大将が説いた「戦争の大きな犠牲」

渡辺錠太郎・陸軍大将。講演の少し前に撮影された(江崎家蔵)

 終戦75年を迎えた今年は、日本が戦争に突き進む契機となった満洲事変(柳条湖事件)勃発から90年目でもある。──事変勃発の1週間前にあたる昭和6(1931)年9月11日、東京・神宮外苑の日本青年館において、陸軍航空本部長・渡辺錠太郎大将の講演会が開かれた。のちに二・二六事件(1936)で、同じ陸軍に所属する青年将校らに暗殺されることになる渡辺大将は、軍事専門書から文学書まで読破する無類の読書家として知られ、「陸軍の文学博士」「学者将軍」とも呼ばれた異色の軍人だった。

「現今の情勢に処する吾人(われわれ)の覚悟と準備」と題された講演は、当時、陸軍が死守しようとしていた満蒙(まんもう=満洲および内モンゴル)地域の問題についての言及から始まる。『渡辺錠太郎伝』(岩井秀一郎著)によれば、渡辺の軍歴の中で満洲を含めた中国大陸との縁はほとんどなく、公の場で満蒙のことを話題に挙げていること自体、珍しいという。当時陸軍は、満蒙地域における諸権益を守るべく国民世論の支持を得ようと宣伝を繰り返しており、そういった流れの中で企画された講演会だった可能性もある。

 それでも渡辺は、自分の周囲の人々に満蒙問題について訊ねてみた際の率直な反応を紹介している。すると、そもそも市民の間ではこの問題については関心の薄い人が多く、また返答があった人も「こんな不景気な時に戦争になったら困る」「戦争をやられては堪ったものじゃない」といった否定的な意見だったという。その上で、渡辺はこう続ける(*注)。

〈いかにも、戦争はみだりに起こすべきものではない、昔の人も戦争のことを「死生の地 存亡の途(みち)」と申しております。個人では死生のわかるるところ、国家としては存亡のわかるるところである。

 戦争はみだりに起こしてはならぬ。ことに近代の戦争なるものは、その戦場の拡大したこと、いわゆる国民戦争の性質を帯びまして、決して陸海軍の軍人が戦場で戦(いくさ)をしているだけでは済まない。

 なお近ごろ航空機が発達しました結果、戦争は国内深く著しくその影響を受けるのでございます。また兵器がすこぶる精鋭になりましたために、その損害の大なること、費用の多額を要すること、万々が一、戦に負けましたならば、その悲惨な状態は到底経験をしない者が想像も及ばないものがございます〉

【*注/渡辺の講演については、読みやすさを考慮して、旧漢字・旧かな遣いは現行のものに、また一部の漢字をひらがなに改めました。行換えのほか、句読点についても一部加除したりしています。[   ]は引用者注。出典は「渡邊大将講演(現今の情勢に処する吾人の覚悟と準備)」麻布連隊区将校団(防衛省防衛研究所所蔵史料)】

第一次大戦の敗戦国ドイツで見たもの

 前出の『渡辺錠太郎伝』の著者で歴史研究者の岩井氏は、渡辺の戦争観には、それまでの欧州での見聞や経験が反映されていると指摘する。

「渡辺は、大正6(1917)年に日本を出てオランダとドイツに公使館付武官として駐在し、第一次世界大戦の末期から終戦直後の現地を視察しています。そこで、近代の戦争は軍人だけでなく一般国民にもいかに大きなダメージを与えるものかを痛感しました。渡辺の非戦思想の全ての出発点は、この時の視察だったと思われます」

 講演でも渡辺は、その欧州視察の知見を披露している。

〈私は大正6年に日本を出発いたしまして、ロシア、スウェーデン、ノルウェーからイギリスを通ってフランス、ベルギーの戦をやっている戦場を一部分見物いたしまして、再びイギリスに帰り、次にオランダに渡って、オランダの公使館付勤務として、戦争が済むまでおりまして、戦争が終わった後に日本人として第一番にドイツに入りまして、ドイツに約1年とどまって、大正9年の夏、内地[日本本土]に帰りましたのでございます。

 その戦争後におけるドイツの悲惨な状態については、その当時ご当地[東京]でも諸方でお話をいたしましたから、皆様の中にはお聴き下さった方もあろうと思いまするが、実によく筆舌の尽くすところではない[到底言葉では表現できない]のでございます。

 例えば、この戦争のためにドイツは働き盛りの男が、戦死または行方不明のために200余万人亡くなっております。その他、この戦のために不具廃疾[身体障害または回復不能の病]になった者が数十万を算しております。

 かくのごとく壮年の男子が亡くなったということは、社会における男女の数に非常な不平均を生じ、また廃兵のたくさんの者ができたのでございますけれども、恩給も扶助料も何もないのでございます。それで日常の生活にも困りまして、[中略]まことに祖国のために身命をなげうって勇戦奮闘した勇士が、かくのごとき目に遇っているのを直接見まして、実に今日なお、その当時を考えますると、目頭が熱くなるのでございます。

 ある地方ではついに強制結婚ということまで行われました。すなわち、数において余っている女を、この廃兵に強制的に結婚をさせて、この世話をさせるということが実際に行われたのでございます〉

 再び、『渡辺錠太郎伝』著者・岩井氏が解説する。

「渡辺が語る敗戦国の実情は、それが実際に見た光景であるだけに、具体的で実感がこもっています。祖国のために命をかけて戦った軍人が、戦後みじめな境遇に置かれていた状況など、渡辺も同じく軍職にある身としては相当なショックだっただろうと思われます。この後、渡辺はドイツでは配給も不足している様を具体的な数字で示し、さらに部屋が余っている家に政府が強制的に家のない者を住まわせるなどの措置をとっていることを紹介した上で、さらに戦争の悲惨さを強調していきます」

それでも「戦争の絶滅」は不可能

〈戦争の犠牲のいかに悲惨なものであるかということは、今申したことでだいたい判断がつくことと思いまするが、しからば、負けたものだけがかくのごとく悲惨な状態にあるのかといいますると、戦争に勝ったものもすこぶる難儀な状態にあって、それが結局、ただ今の世界不景気の原因になったともいわれております。あるいは、敗戦の結果、ドイツ、オーストリア、トルコのごときは革命が起こり、社会の秩序はみだれ、道徳は地に委(い)する[捨てられる]。実に有形無形の損害は、口でも筆でもこれを現わすことができない程度になっておったのでございます。

 この悲惨な状態を見て、一時に戦争の忌むべきもの、戦争は悪いものという観念が高まりまして、その結果が、あるいは国際連盟となり、あるいは不戦条約となり、あるいは軍縮会議となって、世界各国の為政者ならびに学者等が戦争の絶滅もしくは制限ということに非常に骨を折られ、また現在も骨を折りつつあるのでございます。

 しかしながら、これらのいろいろの連盟や条約やらも、戦争をある程度まで制限することはできまするが、絶対に絶滅することは不可能だといわれており、また不可能であるのでございます。すなわち、戦争が善いか悪いかということは議論でござりまするが、戦争が実際にあるということは事実でござります〉

 現場を見てきた人間だけが身をもって感じることのできる現実がここにはあるようだ。

「渡辺は、戦争の悲惨さについて十分に理解しており、それが敗戦国のみならず、戦勝国にまで後遺症を与えるということもきちんと伝えています。悲惨な戦争を経験した結果として、人々の厭戦気分は高揚し、世界中の学者や政治家が戦争の撲滅を目指して苦労している。『戦争がなくなれば』という思いは、渡辺も同じだっただろうと思われます」(岩井氏)

 しかし、渡辺は同時に戦争の絶滅が不可能なことも分かっていた。軍人である以上、理想は理想として、なおも実際問題として戦争がなくならないという現実は無視できない。

〈過去の歴史を見ましても、人類の歴史あって以来、戦争はほとんど絶え間なく起こり、かつ行われておるのでございます。

 アメリカ人のホーマーリー[HOMER LEA、1876〜1912]という人の書きました本に、「世界の歴史あって以来3400年間に戦争のなかった年、平和であった年は330年である。即ち1割に足りない」ということを書いております。また、19世紀の100年間にヨーロッパに戦争のあった年と平和の年との比例は、およそ3と1の比だと申しております。

 現に、この20世紀に入りましてからでも、大きな戦だけ申しましても、トルコとイタリアの戦争、ヨーロッパ大戦[第一次世界大戦]、大戦後にもロシア、ポーランドの戦、ギリシャとトルコの戦があります。アメリカのごときも、まことに平和の本元のように唱える人もございますが、建国以後150年間に19回、約100年間、戦をやっております。わが東洋におきましても、最近50年間に清仏戦争[1884-1885]、日清戦争[1894-1895]、北清事変[1900]、日露戦争[1904-1905]、そのほか、支那におきましては、年々のごとく内乱戦争が行われている。

 かくのごとく歴史は、戦争は決して絶滅するものではない、戦争というものはいかに人がなくしようと思ってもなくなるものではない、ということを教えているかのように思いまする〉

 ここで渡辺は、得意の学殖を生かし、戦争が人類史始まって以来絶えたことがない、ということを縷々(るる)述べている。

「渡辺によれば、歴史が始まってから、平和な期間はわずか10分の1に過ぎず、19世紀のヨーロッパでも平和な期間はおよそ3分の1しかないといいます。こうした『事実』を観察すれば、渡辺の言うように『戦争の絶滅』が不可能であることがよくわかります」(岩井氏)

 悲惨な結果になることはわかっているのに、なぜ人々は戦争を止められないのか──渡辺の話は、さらに戦争というものの核心に迫っていくのだが、それについては別稿に譲ることとする。

●参考資料/岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)

関連記事(外部サイト)