小型SUV戦争 ヤリスクロスvsヴェゼルvsキックスの勝者は?

小型SUV戦争 ヤリスクロスvsヴェゼルvsキックスの勝者は?

激戦区のコンパクトSUV市場に投入されたばかりのトヨタ「ヤリスクロス」

 自動車市場はSUV(多目的スポーツ車)人気が長らく続いているが、今年話題を集めているのが、気軽な街乗りにも便利な小型SUVのカテゴリーだ。各メーカーがこぞって新型車を投入して販売競争が激化する中、果たして勝者となるのはどのブランドか──。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

 * * *
 2020年の日本の新車販売の一大トレンドは、コンパクトSUVです。排気量が1〜1.6リッターほどのエンジンを搭載する小さなSUVです。

 2019年11月に発売開始となったトヨタ「ライズ」は、なんと1か月で約3万2000台もの受注を獲得。12月には9117台が登録され、乗用車ブランド通称名別ランキングで初登場2位に。7566台の3位「プリウス」を抜いて、1位「カローラ」の9186台に肉薄したのです。そして、翌月となる2020年1月と2月のランキングでは見事に1位を連続で獲得しています。SUVがランキングのトップを奪うという快挙を成し遂げました。

 その「ライズ」は、1リッターのエンジンを搭載したコンパクトSUVで、じつのところ開発・生産しているのはダイハツです。ダイハツからは同じクルマが「ロッキー」の名で売られており、こちらもダイハツで一番売れる普通乗用車となっています。

 そして、6月になると日産も同じくコンパクトSUV市場に、まったくの新型車を投入します。それが「キックス」です。こちらは日産としては、なんと10年ぶりとなる日本市場のブランニューカー。そして8月末には、トヨタから「ヤリスクロス」の発売が開始となりました。

 昨年の暮れから言えば、「ライズ」「キックス」「ヤリスクロス」と、まったくの新型モデルが3車種も投入されたことになります。まさに2020年の新車情報の話題はコンパクトSUVを中心に回っていると言えるでしょう。

では、そんなコンパクトSUV商戦の行方はどうなるのでしょうか? まず押さえておきたいのが、コンパクトSUVは3台の新顔以外にも、各社に人気モデルが存在していることです。ホンダで言えば「ヴェゼル」、マツダは「CX-3」、スバルは「XV」、スズキの「SX-4 S-CROSS」といった具合です。

 ただし、これらのモデルは、みなデビューから年月がそれなりに経っており、フレッシュさという点では新顔の3台にはかないません。そのため「XV」と「SX-4 S-CROSS」は、残念ながら販売ランキング50位より下の圏外。逆に言えば「ヴェゼル」「CX-3」は、古いながら健闘しているモデルと言っていいでしょう。

「CX-3」がランキング内(2020年8月のランキングで41位)にとどまっているのは、5月の商品改良で、エントリーとなる1.5リッター・ガソリン・エンジン車を追加したことが最大の理由でしょう。

 それ以前の「CX-3」は、“小さくても、中身はちょっとリッチ”という雰囲気で、2リッター・ガソリン・エンジンやディーゼル・エンジンなど、少し大きめのエンジンを搭載していました。その分、価格も高かったのですが、2020年5月の商品改良で、価格を抑えた1.5リッター版を投入。これによりランキングに復活しています。

「ヴェゼル」はどうかと言えば、実は2013年のデビュー翌年から昨年まで、常に「SUV暦年新車販売台数」の1位か2位の常連でした。2019年は1位で、いわばディフェンディング・チャンピオンといった立場。つまり2019年までは、「コンパクトSUVといえばヴェゼル!」だったのです。

 ところが「ライズ」の登場によって立場が一変します。2020年1〜6月の累計販売の1位(5万8492台)の「ライズ」に対して、「ヴェゼル」は20位で1万8090台と大きく差をつけられてしまったのです。とはいえ、「ヴェゼル」のデビューは2013年で7年も前のこと。ベースとなった「フィット」はすでに世代交代されています。逆に言えば「よくもまあ6年以上も最前線で売れ続けたな」と呆れるほどの人気の高さです。

 では、この先はどうなるのでしょうか?

 まず、5月に登場した日産「キックス」ですが、意外と数字は伸びていません。6月の登録台数は1836台で、車名別ランキングでは27位。7月はランキング圏外(50位より下)で、8月は1178台で38位。受注は1万台以上という話ではあるものの、タイからの輸入車ということもあってか納車に手間がかかっているようです。

 また、「キックス」はハイブリッドのe-Powerで価格帯が高めで、しかもFF車しかないというのも不利なところ。降雪エリアでの冬場の販売は苦戦するのではないでしょうか。

 続いて「ヤリスクロス」はというと、こちらも受注は順調なようで、先行予約だけですでに目標の3倍となる1万台以上を突破しているとか。また、「ヤリスクロス」は180万円からスタートするなど、お手頃価格グレードが用意されており、さらに4WDもしっかりとラインナップされています。販売目標である月販4100台は、軽々とクリアしそうな気配です。

 ただし、目標値では「ヴェゼル」や「CX-3」を上回ることはできそうですが、同じトヨタの「ライズ」を超えるのは難しいところ。実際どうなるかは、リアルな販売台数の数字が出てくる10月以降の様子見といった状況です。

 最後に、現在はランキング圏外となっているスバルの「XV」ですが、9月に大幅改良を実施しました。もしかすると、このテコ入れでランキング内に戻ってくる可能性も大いにあるでしょう。

 まとめてみれば、現在のベストセラーである「ライズ」に対して「ヤリスクロス」が挑戦。その下で、去年のディフェンディング・チャンピオンである「ヴェゼル」と新顔「キックス」が争い、最後に「CX-3」と「XV」が続くという展開になるのではないでしょうか。

 どちらにせよ、新型車の登場などでコンパクトSUVに注目が集まれば、その相乗効果でライバルの数字が良くなることも十分考えられます。この秋から冬にかけてもコンパクトSUVの商戦は、まだまだヒートアップすると思います。

関連記事(外部サイト)