「世紀末」と「終末」 字面は似ているが意味は全然違う

「世紀末」と「終末」 字面は似ているが意味は全然違う

『ノストラダムスの大予言』は250万部の大ベストセラー

 大きな社会的現象によって広まった言葉により、その意味が曖昧になったり、誤用が重ねられることがある。評論家の呉智英氏が、『ノストラダムスの大予言』著者である五島勉氏の訃報をきっかけに頻出した「終末」と「世紀末」の誤用について解説する。

 * * *
 八月三十日付朝日新聞は、この六月当年九十一歳の高齢で亡くなった五島勉の著作『ノストラダムスの大予言』の社会的影響をふり返っている。一九七三年刊行のこの本は、一九九九年七月に空から恐怖の大王が降ってくると「予言」し大ベストセラーとなった。「なぜ受け入れられ、何を残したのか。終末を迎えぬまま20年経ったいま、改めて考えてみた」。オイルショック、公害の深刻化などの社会不安の風潮があり、やがてオウム真理教にも影響を与えることになった、とする。

 おおむね納得できる内容だ。しかし、私はここに言葉の誤用を付け加えるべきだと思う。言葉の誤用がノストラダムスやハルマゲドン(最終戦争)の連想を生んだ。そして今なおこの誤用に気づかない人が多い。

 産経新聞に「World Watch」という不定期連載記事がある。筆者は宮家邦彦。外交官を経て現在はシンクタンクの主幹を務めている。しばしば重要な知見が載り、私も愛読しているのだが、五月二十八日付には、おやおやと思った。

「今も世界では『思慮深いが根拠のない』楽観論と『世紀末的』悲観論が飛び交っており…」

 世紀末的悲観論って何だろう。

『週刊新潮』には日赤医療センター化学療法科部長の里見清一が「医の中の蛙」を毎週連載している。これも私は愛読しているのだが、九月十日号にはこんな一節を見つけた。

「五島勉『ノストラダムスの大予言』も、世紀末と相まって多くの絶望的若者を生み出し、オウム真理教が浸透する素地になった」

 ノストラダムスが世紀末とどう「相まつ」のだろう。

 宮家邦彦も里見清一も世紀末には災厄が起きると思っているようだ。それは「世紀末」ではなく「終末」である。聖書の黙示録に描かれた天使の軍隊と悪魔の軍隊が闘う世界最終戦争のことだ。字面(じづら)は似ているが意味は全然違う。

 週末に何か災厄が起きるだろうか。月末はどうか。年末はどうか。これらはだいたい楽しい行事が控えている。世紀末は、特に楽しくはないけれど、別に災厄が起きたりはしない。

 歴史上に二十回起きた世紀末のいくつかを検証してみよう。なぜ二十回かと言うと、紀元前には当然西暦などないからだ。

 さて、五世紀末にはフランク王国建設。八世紀末には平安朝成立。十二世紀末には鎌倉幕府開設。十五世紀末にはコロンブスの新大陸到達。十六世紀末には関ヶ原の合戦。十八世紀末にはフランス革命。いずれも歴史発展の契機(モーメント)となった。もっとも、負けた方、侵略された方からすれば災難だが、それでも世界最終戦争ほどではない。

「世紀末」とは文化史用語で「十九世紀末的風潮」という意味である。十九世紀の末期、ボードレールやワイルドなど頽廃的で背徳的な文学や美術が流行した。これを世紀末文化と呼ぶ。十九世紀末特有の現象である。英語では世紀末をdecadent(頽廃的)と言う。

●呉智英(くれ・ともふさ)/1946年生まれ。日本マンガ学会理事。近著に本連載をまとめた『日本衆愚社会』(小学館新書)。

※週刊ポスト2020年10月2日号

関連記事(外部サイト)