島根のビールメーカー コロナで工場移転し、販路拡大成功

島根のビールメーカー コロナで工場移転し、販路拡大成功

移転先は大自然に囲まれた温泉リゾート地の中。温泉あがりの一杯が楽しめると人気

 コロナ禍によって中小企業の倒産、飲食店の閉店、個人事業主の仕事の減少など、暗い話はあとを絶たない。しかし、コロナの逆境をむしろ経営判断の材料にする大胆な行動力で、生産や販売を回復させた企業も存在する。

醸造ゼロから再起 工場移転で販路拡大

「石見麦酒」は島根県石見地方にあるクラフトビールメーカーだ。2015年の創業以来、年間30種類以上のクラフトビールを造り、商売は順風満帆。

 潮目が変わったのは2月下旬。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予定していたビール販売イベントがすべて中止になり、さらにビールを卸している飲食店は休業や時短営業で、売り上げが半分以下に。それまでは毎日醸造していたが、4〜5月には醸造する日が1日もなくなり、時間だけが余った。

 そこで工場長の山口厳雄さんは、空いた時間を有効活用しようと、2021年2月に予定していた工場移転を8か月前倒しで行うことにした。

「そもそも、移転するには醸造をストップさせる必要があった。幸か不幸か、その機会が訪れた。絶好のチャンスだと思いました」(山口さん・以下同)

 本来、ピンチのはずの醸造ゼロ期間を、チャンスととらえたのだ。

時は金なり! 利益はあと!! とにかく行動あるのみ

 醸造をしていないといっても、ビールの在庫は倉庫に眠っていた。在庫を抱えたまま移転しては、莫大な労力と資金が必要になる。そこで在庫を減らすため、地元の飲食店と組んでビールとおつまみをセットにして販売する“クラウドファンディング”を行うことに。

 これが大成功し、在庫一掃どころか足りなくなり、急遽醸造するまでに。さらにその間、取引のある飲食店のランチデリバリーもかって出た。

「醸造作業がないから時間は余る。その時間で飲食店のランチをバイクで配達しました。もちろん無償です。困ったときはお互いさまですから」

 ほかにも、フードとビールのドライブスルー販売も実施。利益になるかならないかは別として、とにかく行動することで可能性を見出した。

「行動力の源には、リーマン・ショック時の失敗があるんです。あのときは建築業を営んでいましたが、休業補償や助成金に頼って、嵐が過ぎるのを待っていた。いざ出口が見えても、行政に頼るばかりで準備をしていなかったから、すぐに行動ができなかった。だから今回は、立ち止まらないと決めていたんです」

 無償で協力した配達のおかげで販路が拡大し、移転した新工場で行っているオンライン工場見学も貴重な収益源に。数々の成功は、挑戦の積み重ねが礎になっているのだ。

【住所】島根県江津市桜江町長谷2696-9 温泉リゾート 風の国内
【ビールの種類】151(セッション インディア ペールエール)、282(ハニードラフト)、307(ベルジャンホワイト)、520(アメリカンペールエール)、744(セゾン)、960(ドライスタウト)など
【営業時間】10時〜17時30分
【定休日】日・月曜日

※女性セブン2020年9月24日

関連記事(外部サイト)