餃子愛、路チュー、AKBを参考人? 菅内閣新閣僚5人の素顔

餃子愛、路チュー、AKBを参考人? 菅内閣新閣僚5人の素顔

平沢勝栄氏(時事通信フォト)

 自民党総裁選(9月11日)で圧勝し、新しい総理大臣となった菅義偉氏。16日には菅内閣も発足、その直後に行われた緊急世論調査では内閣支持率が74%(日本経済新聞調べ)と、歴代内閣の発足時3位という高水準で国民も味方につけることに成功した。そんな上々の滑り出しを見せた菅内閣でめでたく初入閣となった“ピッカピカ”の新人大臣5人の人柄について、初歩的なところも含めて、よ〜くわかる小ネタで紹介します!

●平沢勝栄・復興相

【1】安倍晋三前総理の家庭教師だった!?

 安倍前総理が小学生だった頃、平沢氏は東大法学部の頭を生かし家庭教師を務めていた。当時の安倍少年に平沢氏は口癖のように「頭が悪い」と言っていた。

【2】“万年ヒラ議員”が念願の初入閣

 当選回数8回を重ねている平沢氏はいままで入閣なし。そのことから“万年ヒラ議員”と言われていた。安倍前総理の家庭教師時代に厳しくしすぎたことが原因という永田町の噂話も……。

【3】政界きっての愛犬家

 雑誌のインタビューで愛犬のパピヨン・ハッピーとの2ショットも披露したことがあるほどの愛犬家。「妻に黙って帰りに買ってきた牛丼の肉とかこっそりあげるけど、妻にバレて怒られちゃう(笑い)」とデレデレで語っていた。

●岸信夫・防衛相

【1】実は安倍晋三前総理の弟

 安倍晋太郎氏の三男として生まれ、跡取りのいなかった岸家に養子に出された過去を持つ。本人は高校3年までそのことを知らず、大学進学の際に取り寄せた戸籍謄本を見たことで発覚。

【2】政界に入る気はなかった!?

 20才のときに両親から「政治家になる気はあるか」と聞かれたとき、平成7年の7月に行われた参議院選の際と二度、出馬を拒否。当時、商社マンとして頑張りたいという目標があったからだそう。

【3】料亭よりも餃子を愛する庶民派

「料亭で忙しく食事するよりも、空いた時間には餃子が食べたい」という庶民派ぶり。どこの店ということはなく“B級的”な気取らない雰囲気が好きな理由。

●坂本哲志・一億総活躍相

【1】AKB48のメンバーを参考人招致しようとした!?

 選挙権年齢引き下げの議論の際に、憲法の全文暗唱が特技の元AKB48内山奈月(24才)を参考人招致する仰天プランを示したことがある。「憲法に詳しい」ということが理由と話していたが自民党内から「パフォーマンスにすぎる」と一蹴された。

【2】失言の過去アリで資質に疑いあり?

 2009年の1月、日比谷公園の派遣村に集まったリストラされた人に対して「本当に真面目に働こうという人たちが集まっているのか」と発言し猛反発されたことも……。翌日にすぐさま謝罪したが、野党からは罷免を求められた。

【3】雨でも走る皇居ランの愛好者

 坂本氏のホームページの活動日誌にたびたび出てくる皇居ラン。雨でも走るほどの愛好家で走った後に体重計に乗るのが楽しみと語っている。

●井上信治・万博相

【1】過去に野田聖子氏と熱〜い路チュー

 2005年赤坂で野田聖子氏との食事を楽しんでいたところ、“酒豪”で知られる野田氏が泥酔。井上氏によろめきながらハグした後、熱〜い路チューをしたところを写真週刊誌に激写された。

【2】趣味が高じて青梅マラソンの常連に

 趣味がマラソンということもあり、地元・東京都青梅市で開催されている青梅マラソンには毎年のように出場。今年も10kmの部で出場し、両足の爪がはがれそうになるアクシデントのなか自己ベストを更新する快走を見せた。

【3】菅内閣イチのラッキーボーイ!?

 2003年に公募で候補者となり、予備選を経て当選を果たすという強運の持ち主。当初は“落下傘候補”という評判だったが、最年少で自民党副幹事長、出世の登竜門といわれている自民党青年局長などを歴任し今回の初入閣となった。

●野上浩太郎・農水相

【1】八村塁選手と同郷のバスケ好き

 中学から大学までバスケットボール部に所属し、高校ではキャプテンとしてインターハイに出場。現在は富山バスケットボール協会会長も務めている。

【2】参議院イチの真面目人間!?

 政界の中でも真面目な人柄で知られており、前任の江藤拓氏(60才)いわく、「寡黙だけど、闘志あふれる人」だそう。ただ、国会で農水関係の要職経験はなく実力は未知数。

【3】“ます寿司”が大好物

 地元富山の郷土料理・ます寿司を好んで食べており、官房副長官時代のインタビューで「昼食に10〜15分しかかけられないので、ぱっと食べることができて非常にいい」と語っている。

※女性セブン2020年10月8日号

関連記事(外部サイト)