安倍氏、ユーミンら昭和29年生まれは「ファーストペンギン」

安倍氏、ユーミンら昭和29年生まれは「ファーストペンギン」

生き生きと活動を続けるユーミン(写真/時事通信社)

 安倍晋三前首相、歌手・松任谷由実、俳優で画家の片岡鶴太郎、俳優の石田純一、フレンチシェフの三國清三さん、これらのメンバーの共通項。それは、昭和29年(1954年)生まれであることだ。そして、彼らは昭和29年生まれが集う「29年会」のメンバーでもある。そのほかにも。作家の林真理子、女優の秋吉久美子なども、昭和29年生まれである。

 オイルショックにバブル経済、そして崩壊──浮き沈みの激しい時代を泳ぎながらもファッションを楽しみ、「ゴーイングマイウエー」を貫いてきた昭和29年生まれ。

 新型コロナウイルスで世の中が一変したいまこそ、彼らの姿勢に学ぶときなのではないか。ライフシフト・ジャパン取締役CROの豊田義博さんが言う。

「世代意識は成人前後の社会に規定されます。29年生まれは、やはり団塊の世代の学生運動の挫折とオイルショックの影響が大きい。この世代は、20才前後で世の中の大きな変わり目を経験して、新しい価値観を受け入れる素養が生まれました。

 例えば、それまでの女性シンガーは男性が作る世界をなぞっていたけれど、ユーミンはまったく新しい世界を切り開いたし、林真理子さんもそれまでにいなかったアバンギャルドな書き手です。29年生まれは彼女らのように、本人の生き様や考え方を表に出して表現する人が多い。

 前の世代には『はしたない』と眉をひそめる人もいたけど、同世代には応援と共感で迎えられました」

 昭和29年生まれの3学年下にあたり、女性セブンで『いつも心にさざ波を!』の連載を持つ「オバ記者」こと野原広子さんは、昭和29年生まれは「人のいいファーストペンギン」と説く。

「18才で上京したとき、道に迷ったら、ちょっと年上のイケてるお姉さんに聞くと決めていました。大学生でも勉強よりファッションに興味がありそうな軽めのお姉さんで、ハマトラを着ていたら間違いなく29年生まれ(笑い)。

 2〜3年前に上京した彼女らは、年下のほっぺの赤い田舎娘にやたら親切でたくさん助けられました。私の同学年の友人も、『上から目線の団塊の世代と違って、集団でなく個人で考える人たち』と評します。

 29年生まれは、好奇心の翼をいっぱいに広げて個人で生きる、人のいいファーストペンギン。時に批判を受けるのも、未開の地に飛び込んで行こうとしているのだから致し方ないことだと思う」(野原さん)

 常に新しい道を切り開いてきた1人が片岡鶴太郎だ。

 お笑い芸人・俳優として人気絶頂の32才でボクシングを始めて、芸能活動のかたわらプロライセンスを取得し、40才になる手前に絵を描き始め画業の道へ。さらに還暦近くでヨーガ、瞑想を始め、毎朝5時間のヨーガルーティンを続ける。

「ぼくがやったことといえば、ボクシングに絵画、ヨーガ、それと離婚(笑い)。ぼくだけじゃなく、29年会の人は志を持ち、好きなことを突き詰めています。ぼくらの世代は個々が楽しみながら一生懸命、“鼻歌交じりの命がけ”で頑張るんです」(片岡)

 それまではタブーであり、「恥」とすらささやかれた離婚を一般的かつ前向きなものに変えたのも、この世代の特徴だ。石田純一も秋吉久美子も離婚を経験しており、片岡は離婚後も家族と良好な関係を築いていることを明かしている。自分の気持ちに素直になって行動し、その結果を受け入れ、たとえ険しい道だったとしても鼻歌を歌いながら歩いて行く。

 豊田さんは、昭和29年生まれはシニアの在り方についても新たなムーブメントを生むのではないかと分析する。

「還暦がリタイアの目安だった上の世代と違い、70才かそれ以上まで働くのが当たり前になったはじめての世代です。それも、金銭面など必要に迫られてではなく、社会への興味や自己実現のためといった理由が多い。そういった意味でも、彼らの生き方が今後も世の中の大きな流れを作って行くのではないかと思います」(豊田さん)

 秋吉も、年を重ねるのは悪いことばかりじゃないと言う。昭和29年生まれは、今年66才を迎える。

「66って数字は渦巻きみたいでかわいらしいし、この年になってから急にわかることもあるんです。例えば、昔は真意がわからなかった純一くんの発言とかね……」

 1990年、ドラマで共演していた石田が撮影の合間に秋吉にこう告げた。

《今日、娘の名前を決めて役所に出した。『すみれ』って言うんだ。女の子に花の名前をつけると不幸になるっていう人もいるけれど、不幸も運命のうちと思ってさ》

 秋吉が振り返る。

「当時は“娘が不幸になるかもしれない”だなんて何を言っているのかとびっくりしたけれど、自分が66才になったら、『幸も不幸も交ぜて人生なんだ』って思えるようになった。すると石田くんの発言が何十年もの時を経て、急にストンと腑に落ちた(笑い)。彼は何も考えていないように見えて、実は深く考えているんじゃないかな」

 石田と言えば、永遠に語り継がれるだろう「不倫は文化」騒動のほか、今回のコロナでも舌禍騒動があった。

 秋吉も1979年に最初の結婚をした際、「子供はタマゴで産みたい」と発言してバッシングを受けた過去がある。

 この発言の背景にも「熟考」があったと振り返る。

「当時は連続ドラマの主演で、朝7時から夜12時まで撮影していたんです。主演女優が出産で休んだら迷惑がかかるし、もし私が男だったらこんなことにはなっていなかった。そのやるせなさや申し訳なさを冗談交じりにオブラートに包んで発言したら、言葉だけ先行してしまった。私なりに考えての表現でしたが、なかなか意図を汲んでもらえませんでした」(秋吉)

 だが、世の中の全員にわかってもらう必要なんてないからと秋吉は続ける。

「もし受け入れられなくて“みそっかす”になったって、それはそれで気楽で楽しいじゃない。そう思って生きています」

「ゴーイングマイウエー」を貫く29年生まれは今後どこへ向かうのか。楽しげな、でもしっかりした足取りから、これからも目が離せない。

※女性セブン2020年10月8日号

関連記事(外部サイト)