政府の代弁者・田崎氏を重宝 叩かれたくないテレビ局の事情

政府の代弁者・田崎氏を重宝 叩かれたくないテレビ局の事情

田崎史郎氏は安倍前首相と親交が厚く、政権寄りの発言が多かった(写真/時事通信フォト)

 報道番組からワイドショー、スポーツ番組まで、いまやテレビはコメンテーターで溢れている。ところがその発言はというと、かつて番組を賑わせた舌鋒鋭い「辛口」は鳴りを潜め、中立公正どころかやけに甘口の「応援コメント」ばかり。なぜこんなことになっているのか。

 安倍晋三元首相の突然の辞任、総裁選に菅義偉首相の誕生と政治ニュースが慌ただしい中、テレビ番組に出ずっぱりなのは政治ジャーナリストの田崎史郎氏(70)だ。田崎氏は安倍元首相との親交が厚く、安倍政権の不祥事が発覚しても、擁護発言を繰り返し、政権の意向を“代弁”するコメンテーターとして、視聴者からも認知される。

 8月28日に安倍元首相が辞任表明した後、『ひるおび!』(TBS系)に出演した田崎氏は、「辞め方としては、よかったんじゃないかなと思います」と7年8か月にわたって“伴走”してきた安倍政権の終焉に万感の思いを滲ませた。

 これまで田崎氏の姿勢は一貫していた。コロナ禍で安倍元首相が会見を開かないことを批判されると、『とくダネ!』(フジテレビ系)でこう反論した。

「総理はぶら下がりで方針は示しています。西村担当大臣は毎日毎日、土日も含めて現場の記者がもうやめてくれって言いたくなるくらいやっている。情報発信ができていないとも言い切れない」

 ネットでは“御用ジャーナリスト”“安倍応援団”などと揶揄され、番組内で“政府の代弁者”としていじられることもある田崎氏だが、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)をはじめ各局の情報番組で重宝されている。従来、テレビや新聞など大手メディアは「権力の監視」を使命とし、報道番組には政権を批判するコメンテーターが多く出演してきたが、変わってきているということだ。

「要はテレビ側が“批判してなんぼ”の精神より“批判されなくてなんぼ”の安心を求めるようになったということ」

 そう指摘するのは、元日本テレビのディレクターで上智大学教授の水島宏明氏だ。

「政治を扱うなら、本来は局の政治部長クラスが官邸の動きなど深い解説をすべきですが、誤報が怖くてできない。官邸に食い込み、かつフリーランスの田崎氏なら仮に誤りがあっても『田崎氏の私見』で乗り切れます。局側がネット世論を気にしている側面もあります。最近は批判的な発言をするとすぐにネットで叩かれやすい。田崎氏に批判的な声があるとしても、テレビは『多数派』の世界ですから、政権支持率からもわかるように多数派の意見に近い田崎氏のほうが視聴者からしても良いということです」

 モリカケ問題や新型コロナ対応などに斬りこむ際には、旧来型の批判的なコメンテーターと並んで必ず政権側の意向に寄り添うコメンテーターを登場させ「両論併記」にする。その姿勢はいまや徹底されているようだ。

※週刊ポスト2020年10月9日号

関連記事(外部サイト)