テーマ斬新だった『金妻』 ホームドラマの「水と油」に挑戦

テーマ斬新だった『金妻』 ホームドラマの「水と油」に挑戦

第1作と第3作に出演した小川知子

 1980年代に新しいホームドラマとして、大ヒットしたTBS系ドラマ『金曜日の妻たちへ』(以下、『金妻』)。1983年から1985年にかけて放送された3シリーズが放送され、不倫、既婚女性のセックス観、夫婦の友情などが描かれた。

 これらの物語のテーマや設定は、当時としては斬新なものだった。『金妻』シリーズの脚本を手掛けた、脚本家・鎌田敏夫さんはこう言う。

「そもそもドラマというのは、自分が持っているテーマ、物語の設定が持っているテーマ、その時代の社会状況や視聴者が持っているテーマ、これらが合致しないといい作品にならないんです。1作目では、“夫婦の友情物語”をぼくのテーマとして描きたかった。そして物語の設定としては、“ホームドラマにロマンチックな要素を入れる”という課題を与えられていました」(鎌田さん・以下同)

 登場人物にどんな女性を描こうか考えていたとき、鎌田さんは車の運転をする女性を普通に見かけるようになったことに気づいたという。

「車は発進する、停止する、ハンドルを切る、すべてを自分で判断しなければなりません。これを女性が行うようになった。それまで助手席に乗っているだけだったのに、意思を持って生きる時代になったと感じたのです。こういう時代の“女性”を描くべきだと思いました」

 鎌田さんは自らハンドルを握り、仕事を持つ女性の登場に、夫婦の立場が同等になりつつある萌芽をみた。

夫婦関係に上下差がなくなれば、友達やパートナーといった関係性を成立させる夫婦も出てくるだろう。つまり、社会や家庭での女性の立場が大きく変わる過渡期を、鎌田さんはいち早くとらえ、物語に組み込んだのだ。

ホームドラマにおける「水と油」のテーマに苦心

 自分が持っているテーマと、社会状況をとらえるのは比較的難しくなかった。しかし、ホームドラマの中にロマンチックな要素、つまりセックスを描き込むという設定に苦心したという。

「夫婦が日常的にセックスをする、というのは当たり前のことだろうと思うのですが、それまでドラマで描かれたことは一度もありませんでした。というのも、ホームドラマとセックスは、イメージがまさに“水と油”。それにあえて挑戦したものだから、かなり悩みましたね」

 とはいえ、全編通じて、性的なシーンが多く描かれているわけではない。1作目はあくまで、3組の夫婦の会話劇がメインだ。そこにどことなく性的な雰囲気を醸し出せたのは、冒頭に、ある象徴的なシーンを入れたからだという。

「家庭の中にセックスは普通にある──このドラマでそれを印象づけるため、1作目1話の冒頭で、古谷一行さん演じる宏が朝寝ているところに、子供が飛び乗るシーンを描いたんです。朝勃ちしているところに飛び乗られたものだから、宏はもだえ苦しむ。それに気づいた、いしだあゆみさん演じる妻・久子は、大笑いをするんです。これは、性生活のある夫婦にだけわかるシーンなんですよ」

※女性セブン2020年10月8日号

関連記事(外部サイト)