新しい旅行様式は「ずらし」がポイント 移動手段も食事も

Go Toトラベルキャンペーンの「東京除外」解除へ 「ずらし旅」を解説

記事まとめ

  • 10月1日から「東京除外」が解除され、Go Toトラベルキャンペーンが本格的に始まる
  • 旅行ジャーナリストは、今こそ遠出旅行もチャンス、念願場所へ出かけるチャンスと語る
  • 星野リゾート代表は、「時間や時期を『ずらす』という考えが3密回避」と指摘する

新しい旅行様式は「ずらし」がポイント 移動手段も食事も

新しい旅行様式は「ずらし」がポイント 移動手段も食事も

秋の行楽シーズンはこれからが本番。「ずらし」で新しい発見を(イメージ)

 10月1日から「東京除外」が解除されることで、いよいよGo Toトラベルキャンペーンが本格的に始まる。秋の行楽シーズン本番を迎え、キャンペーンの盛り上がりが期待されるが、旅行者にとっては“感染リスクが気になる”という人もいるだろう。何をどう対策すれば、安心して旅行が楽しめるのだろうか。

 これまでも、星野リゾート代表の星野佳路氏が提唱した「マイクロツーリズム」という考え方により、同じ都道府県内や隣県への小旅行をする人は少なくなかった。今後は、こうした近隣旅に加えて、新幹線や飛行機などを利用した遠方への旅行需要の復活が期待されている。

 実際、9月の4連休では全国の人気観光スポットに人が押し寄せ、その混雑ぶりが報じられた。多くの人は“旅をしたい”と思っている証拠だろう。旅行ジャーナリストの村田和子氏は、今こそ遠出の旅行もチャンスだという。

「訪日観光客がいない今、旅は信じられないほどリーズナブル。たとえば『ひさびさ旅割引』(JR東海ツアーズ)の場合、東京発着で新幹線を利用し、大阪で1泊のツアーは2万円を切っています。さらにGo Toトラベルを適用すれば、ここから実質半額となり(10月からの地域共通クーポン還元含む)、関西への1泊旅行が1万円かからない。通常は新幹線の片道だけで約1万4千円ですから破格です。遠出も気軽にできるので、念願だった場所へ出かけるチャンスです」(村田氏)

 新幹線だけではなく、飛行機やバスを使った旅もお得なプライスになっているのが現状だ。村田氏がこの秋冬の旅行を勧めるのは、価格の安さだけが理由ではない。

「私自身、夏に埼玉の秩父や京都、北海道を旅行しましたが、それらを通じて“旅の力”を再確認しました。旅は人の心を豊かにし、日常の元気をくれます。旅の経験を通じて『次はこうしたい』『こんなことに挑戦しよう』など意識が自然と未来を向くのも、旅のもつ大きな力だと思います。自粛続きで、その感覚を忘れてしまっている人が多いのではないでしょうか」(村田氏)

 そんな“旅の力”を再認識するために、これから実践したい新しい旅行様式を見ていこう。

移動手段そのものでは感染リスクは低い

 最近、JR東海が「ずらし旅」という概念を提唱し話題になっている。旅をする時期や場所、旅先での行動を“定番”からずらすことで「3密(密接、密集、密閉)」を避け、かつ旅の新しい楽しみを発見しよう、というコンセプトだ。

 この間、旅行業界だけでなく、日常のあらゆる場面で「人との接触を減らして3密を回避する」感染対策が取り組まれている。米国立研究機関の博士研究員でウイルス学・免疫学が専門の峰宗太郎医師が解説する。

「まず、大原則を確認しましょう。新型コロナウイルス感染症は、感染者の呼吸器から排出されたウイルスが飛沫あるいは接触により体内に入ることで感染します。対策の原理原則は、その感染経路を把握し、ウイルスを遮断したり消毒したりすることです。人との接触を避ければ感染経路を考えなくて済み、逆に、不特定多数の人との接触の分だけ、感染者がいる可能性が増えることになります。

 では、旅行ではどう対策すればいいか。まず気をつけるべきは、3密のどれかに当たる状況を避けることです。鉄道などの車内では、マスクをして静かに過ごすことが大事です。気分が盛り上がり、お酒を飲みながらマスクを外して大声で話したりすると、感染経路が存在するリスクが高まります。ただ、そうした大騒ぎをしなければ、移動手段そのものによる感染リスクは高くないといえます。

 旅行中の感染リスクは、宿泊先での飲食やアクティビティ、混雑する場面にあると言えますが、現在は各所で3密を避ける対策を実施しているので、そうした状況は多くは生じないでしょう。屋外で人との距離を保っていれば、感染リスクは高くありません。

 一方、ビュッフェや宴会では会話が弾んで食事やお酒で盛り上がり、3密のいずれかの状況が生じる恐れがあります。各事業者においてはあらかじめ3密を避けるような工夫を行い、それでも一時的に3密のどれかが生じた場合は、旅行者が個人としてこれを避ける行動をとって欲しいと思います」(峰医師)

 その上で、峰医師は各旅行会社らの対策ぶりについてこう評価する。

「総じて言えば、不特定多数の人との接触を減らす、マスク着用や消毒などで感染経路を遮断する、3密の状況をあらかじめ作らせない、という対策のパッケージは極めて合理的です。こうした事業者の取り組みに加えて、個人としてできる対策を徹底して行えば、それほど大きな感染リスクもなく、旅行を楽しめるでしょう。

 旅行前の検査などは偽陰性の問題がありむしろ意味がなく、それよりも『自分の体調に異変を感じたら、他の人のためにその場で移動をやめる』というマインドセットを持つことが、今後はとても大切になります。他人のために自分の体調管理をし、自信が持てれば『旅行しよう』ということです。

 新型コロナを恐れて外出しないことで、知らず知らずのうちにストレスを溜めて体調を崩すことがあります。できる範囲で外出・旅行し、気分転換をすることは非常に重要です。新型コロナだけに注目するのではなく、人間としての幸福は何かについて考えることも大事でしょう」

「ずらす」ことで新たな発見がある

 このように、「ずらし旅」のコンセプトで感染リスクを避けつつ旅行することは、むしろ人間にとって幸福につながるといえそうだ。マイクロツーリズムを提唱した前述の星野代表は、「時間や時期を『ずらす』という考えは、3密回避になることはもちろん、観光業の積年の課題である『需要の分散』にもつながる」と指摘する。

「国内旅行は23兆円という巨大市場にもかかわらず、需要の多くがGW、夏休み、年末年始、そして土日と、1年365日のうち約100日に集中しています。残りの265日はいわば閑散期ですから、業者は年に100日の黒字と265日の赤字を生んでいることになる。

 そのデメリットは大きく、観光業に携わる人だけの問題にとどまりません。旅行シーズンには必ず道路が渋滞し、新幹線や飛行機は満席、ホテルや旅館も満室で、観光地は混雑する上、旅行代金も高額になっています。旅行需要をずらす=平準化すれば、3密が回避できるだけでなく、国内旅行につきものだった渋滞や混雑がなくなり、今より安く旅行できるようになるはずです」(星野代表)

 日本の観光業を変えるきっかけにもなりそうな、ずらし旅とは具体的にどんなものなのか。JR東海の特設サイトには、その道の“達人”が勧める具体的な旅行プランがいくつも紹介されている。

 たとえば、近年は訪日外国人客でごった返していた京都。京都市観光政策監の糟谷範子氏は、〈本当の京都を知るなら朝と夜〉と題して、知恩院や大徳寺、南禅寺などの有名寺院に行くなら通常9時〜17時の拝観時間よりも前、早朝5時(冬は6時)からの“開門”に合わせて訪れることを勧めている。糟谷氏はこう綴っている。

〈朝は思い思いに散歩を楽しむ地元の人々の姿や、境内をきちっとお掃除されるお坊さんといったお寺さんの“顔”が見られる。お寺の建物の中に入る「拝観」ができなくても、京都人の暮らしを間近に感じることができる〉

 また、グルメタクシードライバーの岩間孝志氏は、〈京都では昼におやつ 3時にごはん〉と題し、タクシー業界では当たり前という「時間ずらし」の食事スタイルを提案する。

〈僕らが昼食を取るときは観光客で混んでいる時間帯は外しますし、それに昼時はクルマの渋滞がなくなるので、その間に、例えば大原や嵐山みたいな、混んでいると1時間かかるところに30分で移動して時短できるんですよ。全体の行程を効率化するこの考え方って、withコロナ時代の「三密を避ける」テクニックにそのまま応用ができると思います〉

 岩間氏のテクニックを使えば、お昼時には“売り切れ終了必至”のスイーツを味わい、おやつの時間に人気のランチをゆったり楽しむことができるという。京都の他にも、江戸時代の歴史的建造物が並ぶ「飛騨高山」の町並を「夜歩き」して楽しんだり、「富士山」の絶景スポットを自分で探したりする旅行術が同サイトには紹介されている。どれも、定番から外すことで発見できる、旅の新しい楽しみを提案するものだ。

 他にも、旅行会社各社は3密対策を徹底した旅行プランを売り出している。

 例えばHISは、「3密対策! あんしん旅 北海道」と題した特別プランをスカイマーク、星野リゾートと合同で企画。フライトでは3席並びのシートをグループ1〜2名で利用でき(4名の場合は2列6席分)、別グループとの密接が避けられるという。

 同プランの滞在先となる「星野リゾート トマム」では、チェックイン時の検温に始まる衛生管理が徹底されているほか、施設内に複数あるレストランの混雑状況を管理して、入店時間の分散化を実施するなど「ずらす」ことで3密対策を徹底している。朝・夕食はレストランからテイクアウトもでき、客室などでの食事も可能だ。さらに、施設内のプールや大浴場では、スマートフォンで混雑状況がわかる「3密の見える化」サービスも行っている。

 国内外45施設を運営する星野リゾートだが、他施設でも同様の3密対策を徹底している。客室でのチェックイン(フロントで不特定多数との接触を避ける目的)のほか、アクリル板や手袋着用による衛生管理・入店制限による3密対策を徹底した「新ノーマルビュッフェ」は特に好評だという。

 個人・グループで参加するバス旅行を手掛けるクラブツーリズムでは、「ニュースタイル」としてバスの座席を1人2座席分の利用とし、1台19人以下で運行するプランを実施している。従来よりも行程に時間をかけ、車内換気や途中休憩を多くしているという。食事場面でも、グループごとの間隔を開けるなど工夫。同プランの参加者からは「手指の消毒や、距離確保など、くり返しご案内いただけて良かったです」「食事会場は、衝立やアクリルパネルで仕切られていて、安心でした」といった声が寄せられているという。

 JTBでは、全席皮張りリクライニングシートを贅沢に10席配した大型ラグジュアリーバスを、5名限定で運行する豪華プランを販売中(最小催行人数3名)。宿泊先も離れやヴィラが中心で、3密対策が徹底された高級旅館ばかりだという。

各知事に「ウェルカム」のメッセージを求む

 各社とも、安心・安全な旅行を提供しようと工夫をこらしていることはよくわかるが、この先、日本の旅行需要が本格的に回復するには何が鍵になるのか。前出の星野氏は、全国の知事が率先して、旅行をしたいと考えている消費者の心理面の壁を取り払うことが肝要だと指摘する。

「この7〜8月、東京以外のGo Toトラベル実施による感染爆発も起きず、旅行需要は少しずつ戻りつつあります。東京発着が対象になれば、需要はさらに戻るでしょう。観光業としては、引き続き3密回避を徹底しながら、これまでのマイナスをいかに取り戻すかが大事になります。

 地方から東京への旅行者は、大都市圏でのプロスポーツや音楽イベントなどの入場制限緩和次第で戻るでしょう。問題は、多くの東京の方が“地方へ旅行していいのか”と感じてしまっていることです。

 6月の緊急事態宣言解除を前に、首都圏在住の2万人を対象に調査を実施したところ、回答者の3割以上が『東京から行くと嫌がられるから行こうと思わない』と回答しました。5月の連休前後にあった、各都道府県知事の『来ないでください』というメッセージのインパクトはそれだけ大きかったのです。各知事は今度は『全国どこからでもウェルカムです。旅行に来てください』というメッセージを強く出すべきです」

 感染リスクをコントロールしながら、いかに新しい日常を営んでいけるかが今後の課題であることは言を俟たない。特に甚大な影響を受けている旅行業界では、「ずらし旅」「3密対策ツアー」のような旅のかたちが定着すれば、感染拡大防止と経済との両立を図ることができるだろう。

 なにより、旅行好きにとっては「ずらし」のような“新しい旅行様式”をベースに考えることが、旅の楽しみを発見する好機となるはずだ。

関連記事(外部サイト)