菅義偉首相の父は「秋田のいちご王」 町会議員も務めた名士

菅義偉首相の父は「秋田のいちご王」 町会議員も務めた名士

菅首相の父和三郎さんは新聞で紹介されたことも

 世襲政治家でない菅氏が、父親について言及することはほとんどない。しかしその実、政治家になる経緯において、父親ほど大きな影響を与えた存在は、恐らくいない。森功氏(ノンフィクション作家、『総理の影 菅義偉の正体』著者)がレポートする。(敬称略)

 * * *
「雪深い秋田の農家の長男として生まれ、地元で高校まで卒業いたしました。卒業後、すぐに農家を継ぐことに抵抗を感じ、就職のために東京に出てきました」

 3人の候補者のうち、最も遅く自民党総裁選の出馬表明をした菅義偉は、9月8日の所信発表演説会でそう切り出した。貧農村の田舎者が東京に出て苦労を重ね、総理大臣に手が届く地位までたどりついた……。そんなサクセスストーリーのアピールが功を奏したに相違ない。菅内閣の支持率は60〜70%台にのり、史上3番目の人気で船出した。

 もっともこの苦労人物語には、虚飾が混じっている。さすがに気が引けたのか、近頃は上京の説明で「集団就職」というフレーズを使わなくなった。昨年4月まで自らのホームページの「すが義偉物語」の〈「自分自身の力を試したい」と思い立ち、集団就職で上京する〉とあった記述が、現在は〈……と思い立ち、家出同然で上京する〉という具合に変わっている。

 菅自身は高校の卒業時に東京の段ボール工場の働き口を斡旋されたから「集団就職」だと言ってきた。が、中学を卒業して大勢で就職列車に乗り込んで上京するそれとはだいぶ異なる。

 地元の秋田県立湯沢高校に通っていた菅は、両親から2人の姉と同じく高校教師になることを薦められた。のちの私のインタビューではそれが嫌だったと本人が語っていた。小、中、高校と同じ学校に通った元湯沢市議会議長の由利昌司は話した。

「大将(菅のこと)は大学に行くわけでもなく、何もやることがなかったのでしょう。毎日釣り三昧でした。朝起きたら、川に釣りに行くと言いだし、私も誘われた。で、親父さんは余計にカッカしてね。『おまえみたいなのは、農家を継げばいいんだ』となって、大将は反発したのさ」

 実は由利自身も大学受験に失敗し、菅と同じように家出同然で上京した口だという。

「私が勤めたのは東京のメリヤス問屋。うちを出たのが卒業したすぐあとで、その1週間くらいあとに大将も上京したと聞きました」

 由利はメリヤス問屋に2年半ほど勤めたのち、秋田に戻り、家業の鉄工所を継いだというが、菅はそのまま東京にいて法政大学に入り直した。つまるところ、この頃の菅は父親に反抗して家を飛び出した放蕩息子にすぎない。公式サイトによれば本人は〈アルバイトを続け、これまたさまざまな職場で働き、学費を稼ぎながら大学を卒業〉したと記しているが、その実、仕送りも受けている。

 菅の実父和三郎は地元で知られた存在だった。戦中、満州に渡り、国策会社の「南満州鉄道」に勤めたエリートだ。戦後、満州から引き揚げると、いちご栽培で成功をおさめ、地元雄勝町の町会議員を務めた。菅はそんな地元の名士の“お坊ちゃん”であり、父和三郎は義偉少年にとって煙たい存在だったに違いない。

満鉄の現場監督

 菅は終戦から3年半後の1948年12月6日、父和三郎と母タツの長男として秋田県雄勝郡秋ノ宮村に生まれた。2人の姉と弟がいる。いわゆる団塊の世代である。秋ノ宮村は55年に院内町、横堀町が合併して雄勝町となり、さらに2005年3月に湯沢市に編入された。あきたこまちで有名な米どころだ。

 が、実はもともと菅家は農家ではない。菅の実父和三郎は戦前の1918(大正7)年に生まれ、2010年に92歳で鬼籍に入った。いちご生産出荷組合長のあとを継いだのが、同じ雄勝町に住む小島貞助だ。

「和三郎さぁのお父さん、義偉さぁの祖父であるところの喜久治さぁが明治26(1893)年生まれで、うちの親父と同級生だったからよう知っとる。喜久治さぁは分家で、菅の本家も近くにあったんだなす」

 小島がそう記憶のひだをめくってくれた。小島は取材時の2015年に米寿を迎えた高齢だったが、すこぶる菅家の歴史に詳しい。元来、菅家の男たちはもっぱら電力会社に勤めてきたという。

「明治33年に秋ノ宮に椛山発電所という水力発電所がつくられ、そこの所長になったのが菅本家の喜一郎さぁでした。そこには分家の喜久治さぁがいて、これを運営していた増田水力電気が、終戦の昭和20年から東北電力になったんだなす」

 菅家は電力会社と縁が深い。椛山発電所は江戸時代の秋田藩が進めた鉱山事業の「院内銀山」に電力を供給するために設立された。日本に現存するなかで2番目に古い発電所だ。

 義偉の祖父である喜久治は戦後も東北電力に勤めてきた。また菅の叔父にあたる喜久治の三男栄二郎は、東北電力湯沢支店長まで務めている。分家である喜久治の長男として生まれた和三郎には男5人、女5人の10人の弟や妹がいた。父親や弟たちは戦中、戦前から電力会社に勤めてきたが、本人はそれを嫌った。

 和三郎は1940年、満州国の南満州鉄道の就職試験を受けるため、海を渡った。通称、満鉄に勤務し始めたのは23歳の頃だ。元いちご組合長の小島(前出)が回想する。

「和三郎さぁは満州で一旗あげようと満鉄の試験を受けて合格したと聞きました。村の者の多くは開拓団として満州へ入植したけど、和三郎さぁが満鉄に入れたのはコネがあったんだべさ。満鉄では鉄道敷設のために現場を歩いてたって、話してたっけな。現場監督のようなもんだべな」

 渡満した和三郎は秋ノ宮第一尋常高等小学校の教諭だった許嫁のタツを呼び寄せ、所帯を持った。広い官舎に住み、中国人の家政婦を雇って裕福な暮らしをしていたという。

 満州で所帯を持ってから1年後の1944年、長女の純子を授かった。だが、優雅な満鉄勤務の暮らしは長くは続かなかった。菅の長姉、純子に取材したとき、こう語ったことを思い出す。

「終戦を迎えたとき、母は妹を身ごもっていました。1歳の私に記憶はありませんが、妹は逃げる途中で生まれたんです。当時の奉天、今の瀋陽あたりの小学校校舎に身をひそめて母は妹を産んだのです」

 和三郎は一家3人の身を守りながら、まさに命からがら秋田に引き揚げてきた。引き揚げる途中、満州に入植した開拓団の人たちを連れ戻ったとも聞いた。

年間3億円の売上げ

 そして戦後、本格的に農業に取り組んだ。

「これからは、米だけでは食っていけない」。そう考えた和三郎は従来の稲作ではなく、いちご栽培に取り組んだ。かなり進んだ考え方の持ち主といえる。おまけに米づくり中心の地元「こまち農業協同組合」に対抗し、「秋ノ宮いちご生産出荷組合」まで創設した。

 東北でも屈指の豪雪地帯である秋ノ宮は、もともと有名ないちごの産地でも何でもなかった。雪深い寒冷地という気象条件ゆえ、他の地域より出荷を遅らせなければならない。和三郎は逆にこれを利用し、時期外れのいちごとして売り出した。やがて本人の名前から付けた「ニューワサ」というブランドいちごは、年間3億円も売上げるようになる。

 和三郎は秋田から東京や千葉、神奈川、大阪の果物市場を訪ね歩き、独自の生産、出荷・販売ルートを築いていった。

「おっかない親父でしたよ、義偉君のお父さんは。とにかく声の大きなお父さんでした」。そう懐かしむのは、幼馴染の由利(前出)だ。

「和三郎さんは東京や大阪の卸売市場に『ワサ』を持ち込んでいった。私が湯沢市会議員として築地市場に調査に行ったときなどは、市場の専務さんも『雄勝町には、菅和三郎さんって人がいらっしゃるでしょう』と話題にされました。まだ湯沢と合併する前の雄勝町のころでしたけど、和三郎さんは東京でも相当有名なんだな、と感心しました」

 こうしてニューワサは秋田の名産として全国に知られるようになり、和三郎は新聞にも取り上げられた。由利はいちごの説明になると、熱が入る。

「築地市場の人からは、『ワサをもっと増やせばいい』と言われたもんです。他の地域でも真似をされ、値段が下がり始めた。すると和三郎さんは苗を冷蔵していちごの出荷時期をさらにずらそうとした。そうして値段を確保した。それも市場関係者に評価されていました」

 和三郎がいちご栽培のかたわら、雄勝町議会の選挙に出馬して町会議員になったのは菅が中学校を卒業した頃だそうだ。

「そこから4期(16年)議員をやりましたね。次は議長という5期目の選挙のときも、楽々当選といわれていたものでした。ですが、あまりに余裕がありすぎた。『俺は応援せんでええから』と他の候補者の支持に回ってしまい、本人が落ちてしまったのです。それ以来和三郎さんは、政治の世界からすっぱり引退しました。そのときには、もう義偉君が東京に出ていました」(同前・由利)

 息子の義偉が家出同然で上京したのは、そんな偉大な父親へのささやかな反抗だったのだろう。それは、貧しい農村からの出発と本人が語る政治家への原点とは、明らかに異なる。苦労人のアピールとは裏腹に、郷里や地方に対する思いを感じない。

※週刊ポスト2020年10月9日号

関連記事(外部サイト)