「中国の反日感情」を警戒していた陸軍大将の言葉

「中国の反日感情」を警戒していた陸軍大将の言葉

渡辺錠太郎・陸軍大将。講演の少し前に撮影された(江崎家蔵)

 戦前・戦中・戦後を通じて活躍した国民的作曲家・古関裕而とその妻をモデルにしたNHKの朝ドラ『エール』。9月の放送再開後は戦争の時代に突入した日本を舞台に、当局から“軍歌”の作曲を依頼された主人公が奮闘する姿が描かれている。当時の日中戦争、太平洋戦争へと続く戦争の端緒を開いた事件といえば、昭和6(1931)年9月18日に勃発した満洲事変(柳条湖事件)だ。

 その“勃発前夜”の9月11日、陸軍航空本部長の渡辺錠太郎大将が東京で行なった講演会「現今の情勢に処する吾人(われわれ)の覚悟と準備」で、当時の日中関係について悲観的に見ていた渡辺は、満蒙問題(日露戦争後、日本が満洲=中国東北部や内蒙古に得た権益確保に関する諸問題)の解決に向けた懸念材料の一つとして、中国での「反日」「排日」教育を挙げている(*注)。

〈ことに最近、「打倒日本」という名前で支那(シナ)の排日教材を集めた本が出たそうでございます。それによりますと、彼ら[中国人]は小学校の子供に向かって「日本を打たなければならぬ。日本はわれわれから琉球[沖縄]を取った。台湾を取った。朝鮮も取った。満洲も取った。われわれはどこまでも結束して満蒙を取り返し、台湾、朝鮮、琉球までもわれわれの手に取り返さなければならぬ」ということを小さい子供に教えておるのでございます〉

 植民地統治においては、宗主国に対する現地住民の反発・抵抗は避けられない。そのため、併合された国や地域においていかに厳正かつ安定した統治を行ない、摩擦や衝突を防ぐかが極めて重要な課題となる。

 とりわけこの時期の渡辺は、排日・抗日の動きに対して敏感にならざるをえない事情があった。話題の評伝『渡辺錠太郎伝』著者の岩井秀一郎氏が解説する。

「渡辺大将は、この前年に台湾軍司令官として赴任した際、日本統治下で最大の抗日事件に遭遇してしまいます。『霧社(むしゃ)事件』(1930年)がそれですが、総督府の施政に不満を募らせた原住少数民族タイヤル族が武装蜂起し、現地の日本人134人が犠牲になりました。渡辺の赴任からわずか半年後のことで、渡辺はその後の任期の多くを暴動の鎮圧と事態の収拾に奔走することになったのです。この問題で渡辺は、植民地経営の難しさを身をもって知ったものと思われます」

【*注/渡辺の講演については、読みやすさを考慮して、旧漢字・旧かな遣いは現行のものに、また一部の漢字をひらがなに改めました。行換えのほか、句読点についても一部加除したりしています。[   ]は引用者注。出典は「渡邊大将講演(現今の情勢に処する吾人の覚悟と準備)」麻布連隊区将校団(防衛省防衛研究所所蔵資料)】

 台湾では、日本による統治が始まった明治28年(1895年)から、霧社事件のほかにも散発的に抗日運動が発生していたが、後藤新平が明治31年(1898年)に民政長官を務めるようになって以降、日本による近代化政策は総じて高く評価されていた。それに比べると、中国大陸での排日・抗日の動きはより懸念すべきものだった。

「満蒙は中国に返すべき」という日本国民の声

 渡辺は、目下の難題を前にして、日本国民の危機感の薄さに疑問を投げかける。

〈かくのごとく経済上、民族の感情上の非常に重大な事柄があるのに対しまして、わが国民の一部の者が、初めに私が申しましたように、あまりこのこと[満蒙問題]に熱を持たないのは、果たして何が原因であるか〉

 中国における排日・抗日の動きは、両国が干戈(かんか)を交えた日清戦争(1894-95年)を経て、下関条約で台湾や遼東半島の割譲を余儀なくされて以来、幾度となく激化してきた(遼東半島は三国干渉で返還するも、日露戦争(1904-05年)後に再び租借)。

 たとえば、満洲事変以前に起きていた主な排日・抗日運動には次のようなものがある。

・1915(大正4)年……山東省のドイツ権益継承や南満洲の租借地・鉄道経営権の99年間延長などを求めた「対華二十一か条要求」に対する反発
・1919(大正8)年……山東省権益継承を認めたベルサイユ条約を拒否する暴動「五・四運動」
・1923(大正12)年……ロシアと清が取り決めた租借期限を機に活発化した「旅順・大連回収運動」
・1925(大正14)年……打倒帝国主義を掲げた上海での労働争議が激化した「五・三〇運動」
・1928(昭和3)年……蒋介石の北伐に対抗するための山東出兵が引き起こした「済南事件」

 渡辺が仄聞(そくぶん)した「排日教材」が、実際にどんな内容だったかは知る由もない。それでも、沖縄・朝鮮半島はともかく、台湾や遼東半島、さらに山東省へと支配地域を拡大しつつあった「敵国・日本」を排撃しようする中国側の“復讐心”が、日を追うごとに高まっていたことは間違いない。

 そうした中で渡辺は、日本の一般市民の率直な意見を紹介する。

〈これにつきまして、ただいま第十師団長[姫路]をしておられまする広瀬[寿助]中将が、この春公務をもって満洲に旅行せられ、大連で自分の同国もしくはその他の知っております青年、中には満鉄[南満洲鉄道]の役人もいれば、会社その他のいろいろの方面の人々がおったそうでございますが、それらと一席、会合をした。その機会に、「近頃、満蒙問題が非常にやかましいが、これについて君らはどんな考えを持っているか、一つ率直な腹蔵ない[包み隠さない]意見を聞かせ」といって訊かれたところが、これら青年の答えは、「満蒙は元来、支那のものである。満蒙の主権は支那にある。それを日本が威力[恫喝]をもって、大正四年[1915年]に支那の承知しないのに無理に旅順、大連の租借期限を延ばし、あるいはいわゆる[対華]二十一か条といわれる要求を提出して無理に承諾せしめたということは、これは無理である。結局、満蒙は支那に還すのが正当である。」こういう話をそれらのものが言っておる、まことに驚きいった〉

「率直な腹蔵ない意見」を求めた結果とはいえ、帝国陸軍中将を前にした大連在住の民間人青年たちの発言は、あまりにストレートな印象を受ける。

欧米列強の脅威が迫る中で…

 たしかに日本が中国に突き付けた対華二十一か条要求は、当初から多くの問題を指摘されていた。さらにその後の排日・抗日運動を激化させた上、結果的にベルサイユ条約から3年後の1922年には日本が山東省の権益を放棄せざるをえないところまで追い込まれることになった“失政”であった。

 それでも、広瀬中将が議論しているこの1931年春の時点では、満蒙問題が今後どこへ向かうのかまだ見えていない段階にある。そういう中で、満洲にいる日本人青年たちが「満蒙は元来、支那のもの」「支那に還すのが正当である」と答えているのは、渡辺でなくても「驚き」いるのではないだろうか。渡辺は、続けて広瀬の話を紹介する。

〈それで、広瀬中将の考えているところをこれら青年に説いて聞かせ、なお、「この条約[対華二十一か条]がいかにも最後通牒の形をもって、ある程度まで威力をもって結ばれたに違いない。しかしながら、古来かくのごとき性質の条約を結ぶのに、威力を用いず十分納得の上で決めたという条約が果たしていくつあるか。もし威力をもってこの条約を決めたということが悪いというならば、さらにその以前にさかのぼって、日清戦争当時支那の全権が承諾して、日本の領土になるべきところの遼東半島をロシア、フランス、ドイツの三国の威力による干渉のために、日本は涙を呑んで支那に還付しただろう。もしもこの条約を結ぶのに威力をもって結んだことが無理であるというならば、その以前の遼東還付の条約も無理でなければならぬ。」というところまで話しておいたが、果たして自分の言ったことが彼らにわかったかどうか、というような話がございました〉

 対華二十一か条要求は、当時の東アジアのパワーバランスの中で軍事的にも外交的にも圧倒的優位に立つ日本が、中国側に力ずくで飲ませようとした苛酷な条件だった。しかし、当時の世界情勢の中では、そうした恫喝=力関係によって決まることのほうが多かった。そもそも、欧米列強が有する広大な植民地は、いずれも軍事力や外交力を背景に占領・統治したものであり、日本が下関条約で正式に割譲された遼東半島をいとも簡単に返還させられた「三国干渉」など、まさに列強に力ずくで飲まされたものだった。それと同様に結ばれた日本の条約が無効だというなら、三国干渉だって認められないはずではないか──。

 満洲事変が起きた後も、日本は中国側の執拗な抵抗に悩まされ、15年も続く泥沼の戦争へと嵌まり込んでいった。その歴史を知る後世の人間からすれば、民間の日本人青年たちの「支那のものは支那に還すべき」という理想論のほうが受け入れやすいように思える。

 だが、「やらなきゃ、やられる」「やられたら、やり返す」という列強間の「力の論理」は厳然として目前にあった。もし青年たちの言うように、日清・日露の二つの戦争で日本が獲得した満蒙の地を放棄して、中国側に返還するという選択をしていたらどうなっていたか。満洲事変も起こらず、満洲国の建国もなかったとしたら、日本はどうなっていたのか──。

 少なくとも現実問題として、帝国陸軍にその選択肢はなかった。そして渡辺は、ここから再び自身の経験を語り始めるのだが、それについては別稿に譲ることとする。

●参考資料/岩井秀一郎『渡辺錠太郎伝 二・二六事件で暗殺された「学者将軍」の非戦思想』(小学館)

【渡辺錠太郎(わたなべ・じょうたろう)プロフィール】明治7(1874)年、愛知県小牧町生まれ。小学校卒業後、家業手伝いを経て、陸軍士官学校入学試験に合格。明治29年、陸士卒業(第8期)、明治36年、陸軍大学校を首席で卒業(第17期)。歩兵第19連隊、第36連隊付。山県有朋元帥の副官などを務めたのち、陸軍大学校長、第7師団長、航空本部長、台湾軍司令官などを歴任。昭和10年に陸軍ナンバー3の教育総監に就任するも、翌11年に二・二六事件で暗殺される。事件の際に現場に居合わせた次女・和子は、カトリックの修道女となり、後年『置かれた場所で咲きなさい』などのベストセラーを残した。

関連記事(外部サイト)