後絶たぬ子どもの「車中放置」 厳罰化の必要性と監視強化案

後絶たぬ子どもの「車中放置」 厳罰化の必要性と監視強化案

子どもの車内置き去りが危険な行為だと気づいていない親が多い

 8月に高松市で幼い姉妹2人が乗用車内に長時間置き去りにされて死亡した事件。保護責任者遺棄致死罪で起訴された母親は、以前にも複数回にわたって子どもを車内に残し、繁華街で飲酒していたと供述しているという。こうした痛ましい事件が度々報道されても後を絶たない「車中放置事件」。子どもの命を救うにはどうしたらいいのか。作家の内藤みか氏がレポートする。

 * * *
 毎年、夏になると子どもが車中に置き去りにされ、熱中症で亡くなってしまう事件が起きてしまいます。こうした事件が繰り返し報道されても、子どもの命を粗末にする親が後を絶ちません。

子どもを車に閉じ込める親の“言い訳”

 今夏、高松で起きた姉妹熱中死事件も衝撃でした。20代の母親は自分が飲み歩きたいがために2人の女の子を乗せた車を真夏の深夜の駐車場に放置したのです。朝方までに戻るのなら大丈夫だと、母親もそう思っていたそうなのですが、飲んだ後に知人男性の家に寄り、昼まで放置し続けて、最悪の事態を招いてしまったのです。

 車を持っている人にとって、車内は部屋のようなプライベート空間という感覚があります。

 車に子どもを残す親に「子どもは寝ていたので、起こして買い物に同行させたらかわいそうだと思った」「うちの子はおとなしいし、大丈夫だと思った」などと言う人が多いのも、家で留守番させるのと近い気持ちがあるからではないでしょうか。車内放置が危険な行為だということに気づいていない人は、大勢いるのかもしれません。

 2018年にJAFが発表したデータでも、子どもを車中に残したまま保護者がクルマを離れ、「キー閉じ込み」の救援要請が8月の1か月間だけで全国200件以上もあったそうです。

置き去りにされた子どもの気持ち

 私自身も、5歳の時に親に車中放置されたことがあります。といっても父親が知人宅に挨拶に行っている間、1時間ほどの出来事でしたが、かなりの心細さを味わいました。私の場合、車は路上に停められていたので、通りがかりの知らないおじさんに中を覗き込まれた時にゾッとしたのをよく覚えています。

 もしあの日が夏で、車の中に強い日差しが入ってきていたら、さらに辛かったでしょう。そして車の中には暇をつぶせるものは何もなく、ただただシーンとした車の中で時が過ぎるのを待つばかり。

 途中で耐えきれなくなり、父が戻ってきた頃には私はワアワア泣いていました。そんな私に父は詫びることなく「なんだちょっと待ってるだけで泣いたりして」と叱っただけで、自分がひどいことをしているという意識はまったくなかったのです。

米国では車中放置は“ネグレクト”

 車の中に置いて行かれた子どもの心細さを思えば、車中に置き去りにするのは育児放棄に近いものがあると私は考えています。放置する親は、最初は「ちょっとだけ」のつもりだったのが、大丈夫だとわかると次第に長時間に延びてしまうのかもしれません。けれど真夏や真冬に車内に長時間放置し子どもの命を危険に晒すようなことは、あってはならないことです。

 アメリカでは車中に子どもを置き去りにするとネグレクト(育児放棄)や虐待とみなされ、逮捕されるケースもあります。わずか5分でも認められず、罰金が科される州もあるのです。

 それに対し、日本では子どもの車中置き去りに対する罰則はありません。厳罰化が進めば「法律違反なのだ」「逮捕されるかも」という認識が広まり、周囲も注意をしやすくなるのではないでしょうか。

車内の生体反応センサーの開発

 前述した高松の事件では、車の中が見えないようにとサンシェードで隠していたのだとか。せめて窓から中が覗けていれば、ぐったりしている女の子たちを誰かが見つけることができたかもしれなかったのにと思うと残念でなりません。

 隠す親がいるのであれば、救う側はそれを見破る必要があります。車中の生体反応を感知するセンサーの開発も進んでいるそうです。たとえば駐車場の管理人や警察がそのセンサーからのアラートをキャッチできれば、早期の救出も可能なのではないでしょうか。

駐車場に保育施設の併設を

 また、子どもが車内に放置される理由は、パチンコや買い物、そして飲み会などの時が多いようです。私自身も子どもを預け、お世話になっている人の出版パーティーに向かったことがありますが、シッター代は高額なうえに子ども2人だと料金は倍増するため、1万円を軽く超えました。もしかしたら託児費用が払えないため、車中放置する人もいるのではないでしょうか。

 だとしたら車中放置する親が多い場所に、無料もしくは格安の託児所の設置を増やすのはどうでしょうか。実際、保育室のあるショッピングセンターはいくつもありますし、無料託児所があるパチンコ店もわずかですがあるようです。保育所の設置は難しくても、駐車場に「車中置き去り禁止」などの注意喚起を貼り出すだけでも歯止めになるかもしれません。

自転車のチャイルドシート放置も

 近ごろはコインパーキングが増えています。高松市の事件で母親が停めていたのも、繁華街近くのコインパーキングでした。こうした場所は管理人不在のところも多く、子どもが車中放置されていることに気づいてもらいにくいもの。周辺住人や商店街のかたが、繁華街周辺の駐車場を定期的に見守るようにすることで、置き去りの子どもの発見につながるかもしれません。

 置き去りは車中だけではありません。眠った子どもを自転車のチャイルドシートに乗せたまま商店の前に放置する保護者もいます。子どもの頭が揺れるたびに自転車が揺れて倒れそうで大変危険です。

 私は見つけるたびに倒れないよう自転車を支えるか「この子の親御さんはいませんか」と声をあげています。慌てて駆けつけ、すみませんと謝る保護者もいれば「いちいちうるせえな」とすごまれたこともあります。けれど誰かが声をあげることで防げる事故もあるはずです。

 もし車中に放置されている子どもを見つけたら、場合によっては通報する必要もあるでしょう。周辺の人がしばしばチェックすることで、監視されてやりづらいと放置親は感じるようになるかもしれません。その結果、子どもの車中置き去りは少なくなっていくのではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)