悠仁さまの進学先 農大一高が浮上も紀子さま本命は筑附か

悠仁さまの進学先 農大一高が浮上も紀子さま本命は筑附か

中学では卓球部に所属され、活発に過ごされている(8月10日、東京・港区/宮内庁提供)

「将来の天皇」の進学先候補として浮上した高校は、都内随一の狭き門。しかし、その門をこじ開ける “手段”があるという。「将来の天皇の母」は、どんな決断をされるのか──。

「実に8か月ぶりの外出を伴うご公務でしたが、堂々と落ち着いた振る舞いをされていました。周囲が気を揉む小室圭さんとのご結婚の行方のことも切り離され、粛々と公務に臨まれているようでした」(皇室記者)

 秋篠宮家の長女の眞子さまは9月16日、都内デパートで「日本伝統工芸展」を鑑賞された。眞子さまは10月23日に29才の誕生日を迎えられる。「30才までのご結婚を意識されている」(皇室関係者)とされ、ご結婚の結論も、間もなく明らかにされるはずだ。

「その発表の前に、秋篠宮家にとって重要な儀式『立皇嗣の礼』を終えなければなりません。政府は11月中旬を目途に、規模を縮小して開催する調整に入りました。ですが、盛大に行いたいという紀子さまのご意向とは食い違っているそうです。さらに、立皇嗣の礼、眞子さまのご結婚の発表と並んで、もう1つ重要なスケジュールが差し迫っています。ご長男である悠仁さまの進学先の決定です」(宮内庁関係者)

 悠仁さまは来年、中学3年生となられる。通われるお茶の水女子大学附属中学校(東京・文京区)は、中学まで共学だが、高校からは女子校になる。そのため、悠仁さまは再来年2022年の春、外部の学校へ進学される。

「一時は悠仁さまが内部進学できるように、附属高校を『共学化』する案が持ち上がりました。ですが、女子校の伝統を大切にするOGの反対もあり、すぐ頓挫したそうです」(皇室ジャーナリスト)

 悠仁さまは皇位継承順位第2位の“将来の天皇”だ。高校には高度な警備態勢が求められる。「進学は再来年とはいえ、1年ほど前から決めておかないと、進学先の警備が確立できない」(前出・皇室ジャーナリスト)というから、高校選びは待ったなしだ。

 悠仁さまの成績は『週刊朝日』(2019年5月31日号)によると「学年でもトップクラス」だという。それもあってか、「東大進学」が紀子さまの悲願だといわれてきた。

「中学入学前、紀子さまと悠仁さまは都内屈指の進学校である渋谷教育学園渋谷中学高等学校(東京・渋谷区)の文化祭を見学されたそうです。ほかにも、いくつか有名私立校を見て回られ、紀子さまの熱意を感じました」(前出・皇室ジャーナリスト)

 そこには、紀子さまの“人任せにできない性格”が垣間見える。

「紀子さまは悠仁さまの教育面のみならず、身の回りのことにもつきっきりだそうです。悠仁さまがお召しになる服は紀子さまが選ばれ、TPOや季節感、サイズ感にも気配りされるそうです。徹底ぶりは相当なもので、思い通りの服が用意できないと職員に厳しく指導されることもありました。悠仁さまは黙ってその様子をご覧になっているようです」(前出・宮内庁関係者)

 紀子さまは小学校のママ友とも塾や受験について熱心に情報交換されるなど、悠仁さまの教育に心を砕かれてきた。

「過去には、悠仁さまに家庭教師をつける動きがありました。ですが、絶対に失敗できないプレッシャーから、なり手が決まらなかったそうです」(前出・宮内庁関係者)

 そしていま、進学先の有力候補として名前が挙がるのが、東京農業大学第一高等学校(東京・世田谷区)、通称「農大一高」だ。

「悠仁さまは昨年9月、秋篠宮さまとおふたりで農大一高の文化祭を見学されたようです。生物部の展示を興味深く見学されていたそうです」(別の宮内庁関係者)

 悠仁さまの生物へのご関心は高く、「今年の夏休みはおひとりで皇居に通われ、ヤゴの観察をされた」(別の皇室記者)という。

「東農大では秋篠宮さまが2008年から客員教授を務められ、毎年講義をされています。さらに、紀子さまの実弟である川嶋舟さんも同大の准教授を務めるなど、秋篠宮家と東農大の縁は深い。皇族方の警備にも慣れているため、学校の受け入れ態勢にも問題はないといえるでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)

 悠仁さまは「ご自身の考えをはっきりと主張される性格で、興味関心や好き嫌いについては明確に言葉にされる」(前出・宮内庁関係者)という。興味のある生物を学ぶためにと、悠仁さま自身が決断をされる可能性はあるだろう。

 だが、「農大一高もいい学校だが、紀子さまはそれで納得されるだろうか」と、前出の宮内庁関係者は言う。

ご夫妻は学習院と距離を置かれている

 長年、皇族方は“皇族のために作られた学校”である学習院で学ぶのが常とされてきた。だが、悠仁さまは幼稚園からお茶の水女子大附属に進み、学習院で学ばれた経験がない。眞子さまは国際基督教大学(ICU)に入学され、佳子さまは学習院大学に入学されたものの約1年4か月で中途退学、その後ICUに入学された。そうしたことから、“秋篠宮家は学習院と距離を置かれている”とされる。

「秋篠宮ご夫妻は、OBの集まりに、もう10年も前から参加されていません。宮家に招待状をお持ちしても、職員からにべもなく断られるそうです」(学習院関係者)

 しかし、学習院以外の進学先を選ぶと、影響も出る。

「農大一高も人気の学校ですが、皇族方の進学先としては、いささか庶民的といわれ、“どうして学習院ではないのか”と批判されかねません。皇族方に学校の“ブランド”は関係ありませんが、誰もが納得できる“格式”はたしかに必要な面があります。紀子さまの本命は筑波大学附属高校(東京・文京区)ではないでしょうか。偏差値はトップクラスで、格式の高さでも知られます」(前出・宮内庁関係者)

 筑波大学は、明治期に「教育学の総本山」と称された東京高等師範学校を前身とし、附属高校も130年以上の歴史を持つ名門中の名門。「筑附」の愛称で知られ、偏差値は70を超える。毎年、多くの生徒を東大に送り込む進学校でもある。

「生物好きとはいえ、高校や大学から専門的な学校で学ぶ必要もありません。上皇陛下は学習院のご出身ですが、実績ある生物学者です。大学を出られ、研究の道に入るのが“天皇のルート”ならば、高いレベルの教育を受けられる大学であればいい。東農大ではなく、東大でも問題ありません」(別の皇室関係者)

筆記試験を受けずに進学できる

 人気校である筑附の入試を勝ち抜くのは至難の業。だが、悠仁さまの進学にはある「奥の手」が存在するという。2017年4月、お茶の水女子大学と筑波大学は「提携校進学制度」を設置した。両校附属校の生徒の若干名が、進学のタイミングで “交換”して入学できるという制度だ。

「学力テストを受けずに書類審査のみで他方の学校に進学できる、いわゆる“指定校推薦”のような制度です。お茶の水中に通われる悠仁さまも、筆記試験を受けずに高校から筑附へ進むことが可能になります」(お茶の水関係者)

 制度ができたのは、悠仁さまが中学校選びを本格化される頃だった。そのため、“悠仁さまが筑附中に入るための制度ではないか”と疑問の声があがったという。

「制度ができて約8か月後、小室圭さんの周辺で金銭トラブルが発覚。以来、秋篠宮家に注がれる世間の視線は厳しくなりました。そうした中で制度を利用して筑附中へ進学されると、火に油を注ぎかねない。結果、悠仁さまはお茶の水中に進学されました」(別の皇室ジャーナリスト)

 中学では叶わなかったが、高校では筑附進学を実現したい──せっかく有利な制度があり、名門校に進学できるチャンスを紀子さまがふいにされることがあるだろうか。別のお茶の水関係者は「進学制度の期限はなく、当面は続く予定」だという。

「悠仁さまが高校に進学されるときにも、変わらず進学制度は有効でしょう。制度ができてからすでに3年が経っており、制度を利用して進学する生徒も少なくありません。悠仁さまが制度を利用して筑附に入学されても、なんらおかしくはないのです」(前出・別の皇室関係者)

 おふたりはどんな決断をされるのだろうか。

※女性セブン2020年10月15日号

関連記事(外部サイト)