ホテル激戦区の横浜 新規開業の裏であの老舗がひっそり閉館

横浜に「ザ・カハラ」開業、「ザ ホテルヨコハマ」「ホテルモントレ横浜」は閉館

記事まとめ

  • ハワイのラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」が開業した
  • みなとみらいには横浜ロイヤルパーク、横浜ベイホテル東急やインターコンチがある
  • “ザヨコ”の名で、ハマっ子に親しまれた「ザ ホテルヨコハマ」は閉館した

ホテル激戦区の横浜 新規開業の裏であの老舗がひっそり閉館

ホテル激戦区の横浜 新規開業の裏であの老舗がひっそり閉館

ハワイの名門「ザ・カハラ・ホテル」の日本上陸で活気づく横浜のみなとみらい地区(時事通信フォト)

 新型コロナの影響で、長らく営業自粛や開業延期に見舞われた宿泊業界。Go Toトラベルの東京追加やその他の観光需要喚起策もあいまって、ようやく業界にはポジティブな空気が流れ始めているが、すでにコロナ禍に耐え切れず閉館を余儀なくされたホテルも数多い。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が注目したのは、新旧ホテルの勢力図、明暗がくっきり分かれつつある港町「横浜エリア」だ。

 * * *
 コロナ禍の反動ともいうべきか、ここにきて新規に開業するホテルが相次いでいるが、東京と近郊エリアをみた場合の注目トピックとして挙げられるのが、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜」の開業である。カハラホテルといえば、ハワイ・オアフ島の名門ラグジュアリーホテルとして知られる。

 半世紀以上にわたり世界の要人に愛されてきたホテルであるが、パシフィコ横浜近くという立地に開業した。当初2020年6月17日に開業を予定していたが、コロナの影響で開業が延期、9月23日に開業へこぎ着けた。

 東京から近く、観光都市としてのポテンシャルが高い神奈川・横浜はホテル激戦区でもある。エリアによってホテルカテゴリーに特徴があり、カハラのある「みなとみらい地区」は高級ホテルが建ち並ぶイメージだ。

みなとみらいを象徴する“ホテル三銃士”

 ランドマークタワー高層部にある「横浜ロイヤルパークホテル」、みなみらいの大観覧車前の「横浜ベイホテル東急」、ヨットの帆の形を模した「ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル」は、横浜のラグジュアリーホテルシーンをリードしてきた“みなとみらい三銃士”ともいるホテル群。そこにカハラが参戦した。

 みなとみらいの発展を共にしてきたこれらホテルは、横浜のホテル界では伝統を確立しつつある存在である一方、ビジネス街である関内地区、京浜東北線の反対側となる伊勢佐木町などにはビジネスホテルが多く立地している。華やかな観光エリア然としたみなとみらいとは対照的なイメージだ。

 とはいえ、夜の繁華街も含めディープな横浜の魅力も堪能できるエリアであり、そんな横浜も楽しみたいという観光客には人気だ。何よりリーズナブルなステイが期待できる。

 ところで、コロナ禍前に横浜のホテル業界で脅威とされてきたのが、2019年9月20日に開業した「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」だ。横浜みなとみらいエリアに開業した全国チェーンブランドであるが、日本最大級の“2311室”という数字がニュースを賑わした。

 業界内では「供給過剰に陥るのではないか」という指摘はあるものの、全国各地の観光地で関係者と話をすると、「東京至近であれたけの観光資源がある横浜は羨望の的」だという。

ハマっ子に親しまれた“ザヨコ”が閉館

 一方で、旺盛なインバウンド需要に支えられていた横浜のホテルでさえも、先行きを不安視する声が強くなっていた。そうした中でのコロナ禍は、横浜のホテルへも多大なる影響を及ぼした。特に経営難で苦しんだのが、みなみらい・関内地区のほかに横浜の観光を語るうえで欠かせない「山下地区」のホテルだ。

 山下地区は世界的なチャイナタウンである中華街を擁し、元町や山手なども隣接するまさに港町横浜らしい歴史と文化を感じるスポットが点在する。そんな華やかな観光ゾーンというイメージとは裏腹に、みなとみらい地区と明暗を分けてしまった。

 中華街側の大通りである通称“コンテナ街道”周辺にもホテルは点在するが、山下地区のホテル立地で一等地といえば山下公園に面する「山下公園通り」である。客室の窓から港を望むロケーションは旅情という点でも雰囲気抜群。そんな山下公園通りに面して、伝統的な4軒のホテルが存在感を際立たせ、いずれも人気を博していたが、そんな“港ヨコハマ”“山下公園”の神通力もコロナ禍には及ばなかった。

 筆者にとってメディアを賑わしたカハラ開業ニュースよりも衝撃的だったのが、ひっそりと報じられた山下公園通りホテルの閉館だ。コロナ禍の直接的な影響で2軒が閉館し一気に半減してしまったのだが、そのうちの1軒が「ホテルモントレ横浜」である。

 ハマっ子にはお馴染みかもしれないが、元々は1979年開業の「ザ ホテルヨコハマ」。“ザヨコ”の名で親しまれたホテルは、当時長野に在住していた幼き筆者にとってもテレビのお天気カメラでお馴染みのホテルでもあった。

 横浜に憧れを抱かせる存在でもあったザ・ホテルヨコハマは、同じく山下通りに面するクラシックホテル「ホテルニューグランド」のような圧倒的な存在感や華やかさはなかったが、いぶし銀の存在でハマっ子に親しまれていた。

 2003年に外資系の「ザ ヨコハマ ノボテル」にリブランドされ館内はスタイリッシュにリニューアルされ、2006年には「ホテルモントレ横浜」となった。インテリアや客室面積、駐車場の使いやすさや料金体系など、個人的にはノボテル時代から通算50回以上は訪れているお気に入りホテルだっただけに残念なニュースであった。

宿泊は「未来都市へ」が横浜の定番スタイル?

 閉館したもう1軒の「スターホテル横浜」もプライベートでリピートする大好きなホテルだった。

 経年感を隠せないホテルとはいえ、客室には港を望むバルコニーを有しベイブリッジからみなとならい高層群の夜景まで一望。船の汽笛やなんともいえない非日常感を演出してくれた。リーズナブルな料金にして横浜気分を満喫できるホテルだっただけに残念でならない。夏になると催される屋上のビアガーデンは、知る人ぞ知る夏の風物詩でもあった。

 ある種コロナで淘汰が進んだともいえる“横浜ホテルエリア合戦”。未来都市であるみなとみらい地区と高層ホテルは新たな横浜の象徴だが、港町ヨコハマの歴史や伝統とは隔離された世界という見方もできる。

 歴史ある港町では観光や散策を、宿泊は未来都市へという構図が新たな横浜の定番スタイルになりつつあるのだろうか。とはいえゾーンごとの魅力が際立つ横浜、もちろん未来都市ステイの非日常感は魅力だが、時にはお気に入りエリアの人気ホテルに泊まってみるのもいいだろう。歴史と伝統という“新たな横浜”の魅力に気づくかもしれない。

関連記事(外部サイト)