若者離れ続くFacebookがオッサンには使い勝手よい理由

若者離れ続くFacebookがオッサンには使い勝手よい理由

おじさんたちはFacebookをどう活用している?(写真/Getty Images)

 SNSはそれぞれの特性などによって、ユーザーにも一定の傾向がみられる。2004年にサービスが開始したフェイスブック(Facebook)だが、最近では若年層ユーザーが離れつつあるという報道も出ている。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、フェイスブックの今について考察する。

 * * *
「若者のフェイスブック離れ」が言われるようになってから久しい。米・エジソン・リサーチの調査によると、アメリカでは12〜34歳の若年層の利用者は2017年の8200万人から6700万人に減少したという。日本でも2015年の段階で「Facebook、若者離れ&ユーザー激減が深刻…もはや、おじさんの道具?」という記事がニュースサイト「ビジネスジャーナル」に掲載されていた。

 確かに、積極的に更新し、コメントを残すのは40〜50代が多いように感じられる。実際に20〜30代の若者に聞いてみるとこんな声があがる。

「上司の武勇伝を聞かされている気になる」(30代・男)
「ランニングしたことばかり書いていて、意識の高さに辟易する」(20代・男)
「高いものを食べたことや、外車やタワマンの自慢が鼻につく」(30代・女)

 また、嫌われる理由の一つが、何らかの流行り物を皆が一斉に開始し、披露し合うところにもあるという。古くは「診断メーカー」があった。「あなたを酒に例えると『米焼酎です』」みたいなことを教えてくれるツールのことだ。

 最近は、「自分の顔を男は女に、女は男に加工できるアプリ」で作った顔をシェアする人が続出した。男性の場合は「きれいですね!」や「ナンパしたくなるぐらい美人です」などと書き込みをされる。もっと直近では、フェイスブックの新機能である「Facebookアバター」で自分自身とソックリなアバター(分身)を作るのが盛んとなった。お披露目をし、「そっくりですね!」と言われるのが快感なのだ。

 分かるのである。この感覚。2000年代中盤〜後半、新しいサービスが登場したところで次々とブログで攻略法を書き、挙句の果てには本まで出してしまう人が相次いだ。仮想空間のセカンドライフ、生中継配信のUstream、メモアプリのEvernoteなどがそれだ。

 当時の30〜40代はこうしたツールが登場すると目を輝かせて試し、いかにしてマーケティングに使えるかを力説する。かくして「攻略本」出版に至るのである。彼らはネットの黎明期に若者で、とにかく夢のツールであるネットの可能性を信じてきたし、新しいものは何でも試してみたい。その貪欲というか純粋過ぎる姿に、「ネットなんて当たり前の存在」としか思っていない今の若者がドン引きしているのだろう。その総本山がフェイスブックである、という見立てを私はしている。

 とはいっても、フェイスブックにも使い勝手が良い面はある。現在引っ越しの準備をしているが、家のほとんどのものは処分しようとしている。だが、あまりにも巨大なものは処分費用もかさむ。地元の人にあげたり売れる「ジモティー」というアプリはあるが、やはり知り合いにあげたいもの。フェイスブックで2mもある「さすまた」と130kgほどはあるベンチプレスセットを「あげます」と書いたら見事に名乗り出る人々が登場。さすがの金持ちオッサンなもので巨大高級自家用車で取りに来てくれる。こうした面ではオッサンコミュニティバンザイ、である。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。近刊に『恥ずかしい人たち』(新潮新書)。

※週刊ポスト2020年10月9日号

関連記事(外部サイト)