菅首相の冷徹な一面 ふるさと納税の問題指摘した官僚を左遷

菅首相の冷徹な一面 ふるさと納税の問題指摘した官僚を左遷

菅内閣は、安倍内閣を継承する「居抜き内閣」とも(写真/GettyImages)

 就任からわずか3週間、非難も歓迎も、時期尚早だ。新政権のリーダーが貫こうとしている“正義”とは何か、そもそも一国を担うリーダーの素質は持ち得ているのか──。

 安倍政権を受け継ぐ形で誕生した菅義偉首相(71才)は、これまで安倍前首相の補佐役としてその政策を支えてきた。ところが、安倍前首相が推し進めたアベノミクスへの評価は芳しくない。経済評論家の浜矩子さんはいう。

「安倍前首相の求める強くて大きな国をつくるために、株価を上げて雇用を増やし、経済活動を活発にしようとした。そもそも目的が間違っていて、何ひとつ評価できません」(浜さん)

 事実、株価は上昇したが国民の格差が広がり、所得が減って生活保護受給者の数が増えている。成功例とされるインバウンドも、実際に潤ったのは東京、大阪、京都、福岡、広島などの大都市だけ。地方は疲弊し、地域格差の広がりも指摘されている。

 菅首相がことあるごとに自分の手柄としてアピールするのが、総務相時代に主導して2008年からスタートした「ふるさと納税」。自分が応援したい自治体を選んで寄付すると、特産品や宿泊券などの返礼品がもらえて、税制面でも優遇される制度だ。

「そもそも菅さんが人口減に苦しむ故郷の秋田に貢献しようとして考え出した制度です。地元は、菅さんのおかげで潤ったと大喜びしました」(政治関係者)

 しかし、『総理の影 菅義偉の正体』(小学館)の著者でジャーナリストの森功さんは「完全な愚策」と断言する。最大の問題は、返礼品をつけてしまったことだ。

「寄付とは名ばかりで、高級な返礼品をお得に入手するネット通販のように受け取られている。年収が多いほど税控除の金額が高く、金持ちほど得をするため、ますます格差が広がっています」(森さん・以下同)

 制度を導入する際、菅首相は冷徹な一面をのぞかせた。

「自治体間で返礼品競争が起きるはず。制限をつけるべき」と進言した当時の総務省自治税務局長・平嶋彰英さんは、これが菅首相の逆鱗に触れて左遷。事務次官候補とまでいわれた人物が総務省を追われることとなった。

「霞が関は官邸による恐怖人事と震え上がり、“この人に逆らったら飛ばされる”という雰囲気が蔓延しました」

 2017年には、加計学園ありきで獣医学部が設置されたのではないかと疑われた問題で、経緯について元文部科学事務次官だった前川喜平さんが「(安倍)総理のご意向」と明かすと、当時官房長官だった菅首相は、前川さんの社会的信用を傷つけるような個人攻撃を執拗に行った。

 菅首相は今回の総裁選のさなかに「自分の方針に従わない官僚は異動させていただく」と発言し、物議を醸している。平嶋さんもある新聞社のインタビューで、役人は官邸が進める政策の問題点を指摘すると、自分以外の上司や部下、ひいてはトップの事務次官や大臣らの人事にも響くことを恐れていると語っている。その一方で、菅首相の覚えめでたい官僚は出世できる。

「通常、首相秘書官になるのは総務課長以上のキャリアを持つ人ですが、菅内閣で首相秘書官になる6人中4人が、その資格を持たない官房長官秘書官の持ち上がりです。つまり、自分のお気に入りを出世させている。ずっと登用し続けることで、菅さんの威を借る官邸官僚が好き勝手するようになり、周囲の忖度が生まれる。これは安倍さんのときと同じ構図です」

 官房長官時代に記者会見で何度もバトルを演じ、菅首相の「天敵」とさえ呼ばれる東京新聞記者の望月衣塑子さんは「菅首相の権力の源泉は人事権」と指摘する。7年8か月かけて人事権を掌握したことが、総裁選の結果につながったというのだ。

「菅さんは自民党や中央官庁だけでなく、民放連や横浜市の人事にまでかかわっているといわれています。菅さん自身、『本当に自分を慕ってついてくるやつはわずか。皆、強いやつについていく』と語っていたと聞きます。だから“弱さを見せたら終わりだ”という意識が強いのでは。記者会見での私に対する横柄な態度も意図的なもので、強い自分を見せることで権威を高めたいのでしょう」(望月さん)

 菅首相が総裁選で掲げたのは「自助・共助・公助」。一見聞こえはいいが、それこそに強さと冷たさを感じる。9月4日放送のTBS系『news23』での発言はこうだ。

「自分でできることは基本的には自分でやる、自分ができなくなったら家族や地域で協力してもらう。それでできなかったら必ず国が守ってくれる。そういう信頼をされる国、そうした国づくりというものを進めていきたい──」

 この考え方に激しく反発するのは森さんだ。

「『自助を最優先にする』など、政治家が言うべきではありません。政治は本来、弱者をいかに救い上げるかを最優先してセーフティーネットを築くべきです。小学校の先生ならともかく、政治家が“自分でやれることはやりなさい”というところに、競争を好む菅さんらしさを感じます」

「頑張れば面倒を見てくれる」は、いずれ「頑張らないから面倒を見なくていい」に変わる。秘書時代から培った菅首相の思考の根底にあるのが、「おれはこんなに頑張ったのだから、みんなも頑張ればいいんだ」という価値観。頑張りたくても頑張れない弱者は切り捨てられてもやむを得ないなどと考えているのなら、国のトップとしてこんなに恐ろしいことはない。

※女性セブン2020年10月15日号

関連記事(外部サイト)