コロナ後の運動会 2mバトン、1人1球玉入れ、口パクソーラン

コロナ後の運動会 2mバトン、1人1球玉入れ、口パクソーラン

密を避けた結果、奇妙な運動会に?(イメージ)

 運動会シーズンに異変が起きている。“ソーシャルディスタンス”を意識しすぎるがゆえに、珍妙な「新プログラム」が続々と登場しているのだ。

 今年の小学校の運動会は、“密”を避けるための様々な工夫が講じられている。

 多く見られるのが観覧する保護者は児童1人につき1人まで、という人数制限だ。飛沫感染を防ぐ目的から競技中の応援も声を出さず、「頑張れ!」と書かれたプラカードを掲げる試みもある。

 競技種目も大きく様変わりした。例えば、花形種目の「リレー競走」。各チームがバトンをつないで一生懸命に走る姿を、観客席の保護者らがハラハラしつつ見守るのがお決まりだが、今年は一風変わった「ハラハラ」が繰り広げられている。

 神奈川県内の小学校では、長さ2メートルのウレタン製の棒にビニールを巻きつけた「ロングバトン」を使用。自分の背丈より長いバトンに振り回される児童の姿が話題になった。

 茨城県内の小学校のリレーでは、バトンを受け渡す代わりに、次走者の腰に吊るされた約1メートルのテープを引き抜く「テープリレー」が行なわれた。「しっぽ取り」と呼ばれる鬼ごっこをヒントに考案されたという。

 定番競技「玉入れ」もガラリと生まれ変わった。

 前述の神奈川県の小学校では、半径2メートルの円の中央にカゴを設置。円の外周をぐるりと囲んだ児童が1人1球を投げ入れる。全員が見守る中で1人ずつ順番が回ってくるため、児童たちは緊張した面持ちで“一球勝負”に挑んだという。

 熊本県内の小学校では、「ダンシング玉入れ」なる競技が登場。玉入れ競技中に突如として音楽が鳴り響き、そのタイミングで児童らがカゴから離れ円になってダンスをはじめる。この一風変わった競技は、「密」になる時間を少しでも減らすことが狙い。玉入れとダンスが同時に撮影できると、保護者からは好評だったとか。

綱引きは「1メートル間隔」

 集団でのダンスも従来通りとはいかない。「ソーラン節」を踊る学校では、お馴染みの「ヤーレンソーラン」「ハイハイ」「どっこいしょ」などの掛け声はすべて“口パク”に。しかしそれでは盛り上がりに欠けるということで、掛け声を記した大きなボードを児童らが掲げながら踊った。

「綱引き」も、これまでのやり方では“密”を避けられない。

 神奈川県内の小学校で実践されたのが、「ソーシャルディスタンス綱引き」だ。それぞれが1メートル以上の間隔をあけて綱を握ったというが、それではクラス全員が一度に参加できないため、数回に分けて実施することになった。

 従来種目を「コロナ仕様」にアレンジするだけではなく、新種目も登場した。

 北海道のある小学校の「ナイスキャッチ」と名付けられた競技では、板の片側に受け皿があるシーソーのような装置をグラウンドに置く。2人1組になり、ペアの1人が受け皿にボールを置いて、反対側の板の端を踏みつけると、ボールは勢いよく空中へ飛び上がる。それを相棒がキャッチしてからゴールへ進み順位を競う。接触や密集を避けながらチームプレーを楽しめるため、騎馬戦や二人三脚の代わりとして考案された。

尾木ママは「大賛成!」

 各校がコロナ対策の工夫を凝らした“珍運動会”には、賛否の声が上がっている。教育評論家の石川幸夫氏が言う。

「学校側は“やり過ぎ”と言われるくらい徹底することで、“万が一”の時の免罪符にしようとしているのではないか。もし運動会でコロナ感染者が出れば、『学校の管理がなっていない』と批判されかねない。保護者や社会の目を気にし過ぎて過剰に対応している現状がある」

 一方、「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏は、変化をポジティブに捉えている。

「今年は新たな運動会のスタイルを子供たちと先生方が工夫し、これまでのワンパターンの運動会を見つめ直すいい機会になっています。例えば普通のリレーなら足の速い子の有利は揺るがないが、巨大なバトンを使えば持ち方や身体のバランスの取り方などで足の遅い子が活躍する可能性も出てくる。そうした多様性が、思いがけない発見や体験を得ることに繋がるでしょう」

 コロナ禍で突如出現した珍プログラムは、「新しい運動会様式」として定着するだろうか。

■イラスト/福島モンタ

※週刊ポスト2020年10月16・23日号

関連記事(外部サイト)