眞子さま 「皇室を出たい」という気持ちは強まる一方か

眞子さま 「皇室を出たい」という気持ちは強まる一方か

眞子さまのご覚悟は固い(昨年11月、撮影/JMPA)

 9月28日、秋篠宮さまが皇位継承順位第1位の皇嗣になられたことを示す「立皇嗣の礼」が、11月中旬を目処に開催される方向で調整に入った。

 立皇嗣の礼の終了によって、「眞子さまのご結婚」がただちに動き出すと見られている。昨年11月、秋篠宮さまはご自身の誕生日に、眞子さまのご結婚が“無期延期状態”にあることについて「何らかのことは発表する必要がある」と発言された。それからもうすぐ1年が経とうとしているが、発表はいまだにない。

「今年の秋篠宮さまの誕生日までに、眞子さまが『何らかの発表』をされなければ、秋篠宮さまのご発言はなんだったのかということになる。是が非でも発表は行われるべきでしょう。

 ただ、どのような内容にせよ、発表後の混乱は避けられません。影響を考えて立皇嗣の礼の前に発表することは現実的にあり得ず、儀式を終えてから眞子さまが発表をされ、そして、秋篠宮さまが11月30日の誕生日でそれについて言及されるという流れになるのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

 来る11月、秋篠宮家はさまざまな葛藤を抱えながら、立皇嗣の礼の日を迎えられることになる。

「秋篠宮さまの誕生日会見は例年、誕生日当日より約1週間前に事前収録されます。その前に宮内庁の担当記者たちが秋篠宮さまに質問を提出するのですが、眞子さまの発表のタイミングによっては直前で質問内容を変更しなければならないかもしれない。日程的に非常にタイトなスケジュールです。そう考えると、11月中旬よりもっと早く儀式を執り行うべきだという声もあります」(前出・皇室ジャーナリスト)

 眞子さまのご結婚問題は、父の晴れ舞台の日程にも影響を及ぼしそうなのだ。

どうして私の気持ちは尊重されないの

 秋篠宮家にとって怒涛のスケジュールが予想される11月。その直前の10月23日には、眞子さまが29才の誕生日を迎えられる。

「眞子さまは“30才までには結婚したい”と強く意識されていると聞きます。そして、小室圭さんとのご結婚の意思はいまもなお変わらず固い。ですから、発表の内容は“来年秋には結婚します”といったものや“いまは未定ですが、改めて発表します”など、結婚の可能性を残した『再延期』になると思います」(前出・皇室ジャーナリスト)

 これまでは、“御代がわりが終わるまでは”“立皇嗣の礼が終わるまでは”と眞子さまを諌め、結婚発表へと急ぐお気持ちを抑えることができたかもしれない。しかし、その“制限”が外れたとき、眞子さまのお気持ちを抑えるものは、もう何もない。

「眞子さまは以前に増して、“皇室を出たい”というお気持ちを強くされているようです。そこにはもちろん、小室さんと結婚したいという思いもおありでしょうが、“自分を自由にさせてくれない環境から離れたい”というお気持ちもあるのではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

 1985年、秋篠宮さまは紀子さまと学習院大学時代に出会われ、翌年にプロポーズ、その3年後には婚約が内定した。しかし、当時は昭和天皇の服喪期間中であり、宮内庁の一部からは「この時期の婚約はあり得ない」「皇太子さまより先の結婚は好ましくない」との声が上がったという。紀子さまが平均的な一般家庭の出であることから、「身分が違うのではないか」との声さえ聞かれた。

「しかし、おふたりは強い意思でご結婚を望まれ、当時の天皇皇后両陛下も結婚をお許しになった」(皇室記者)

 強いご意思で結婚にたどり着いた紀子さまがいま、小室さんに不信感を募らせ、眞子さまとの結婚に関して否定的になられている。眞子さまとしては“どうして私の気持ちは尊重してくれないの”と、反発のお気持ちを抱かれているのかもしれない。ご夫妻のお気持ちは、眞子さまのそうした反発心とは相反するものだという。

「プライベートの問題が取り沙汰される眞子さまですが、ご公務はそうした問題を切り離され、堂々とこなされています。“イベントには眞子さまにいらっしゃってほしい”という声は後を絶たないそうです。

 ご夫妻は、そんな眞子さまを頼りにされていますから、眞子さまにはできる限り秋篠宮家に留まってほしいとお考えでしょう。仮に平行線のままご結婚問題が解決しなくても、眞子さまが皇室にいらっしゃる現状を望まれているのです」(前出・宮内庁関係者)

 皇室に残ってほしい紀子さまと、もう皇室にはいられないと思う眞子さま──11月、おふたりはどんな決断をされるのだろうか。

※女性セブン2020年10月22日号

関連記事(外部サイト)