完全買い手市場の面接官「履歴書読むのが最高の娯楽」と嘯く

完全買い手市場の面接官「履歴書読むのが最高の娯楽」と嘯く

職を失い、仕事を求める人が増え続けている

 日本はかつて「一億総中流」の国だと誇らしげにみずからを呼んでいた。毎年、実施されている内閣府の「国民生活に関する世論調査」で、1970年以降は生活程度を「中」と答える人が9割を超えたからだ。いまも同調査で「中」と答える人は9割を記録しているが、実際には、そのなかで大きな分断がすすんでいる。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、新型コロナウイルスにより急転する経済状況のなかでも好調を維持する会社で、面接を担当している20代男性の「神になった気分」についてリポートする。

 * * *
「面接していると自分が神になった気がするんです」

 突拍子もなく飛び出した「神」という単語。矢野史男さん(仮名・20代後半・彼女なし)は独立系IT企業の総務部に務めている。小さな会社だが都心の一等地、超高層ビルにオフィスを構え、日本を代表する情報通信会社とも大きな取引がある。小さな会社だからこその機動力で、儲かる仕事なら何でも手をつける。電子コミックやソーシャルゲームの受託業務も社長の趣味で手掛けている。社長も30代とまだ若い。

「面接は僕のストレス解消です。なるべく書類で落とさず直接会います」

 このコロナ禍、雇用者数は5942万人で前年同月(2020年7月)に比べて92万人の減少、100万人近く減った。完全失業者数は197万人で6ヶ月連続の増加、つまり日本のコロナ禍の端緒でもある2月の横浜港のクルーズ船騒動からずっと失業者は増え続けている。この半年、コロナの影響による規制と自粛の積み重ねが日本の雇用を破壊し続けている。そんな中でも矢野さんの会社は雇用に意欲的な会社、さすがに儲けているなあと思ったが、それだけではないらしい。

「ウチの中途は以前から通年採用ですから、使える人材が来たら採る感じです。だから自社サイトに募集を出してるだけです」

 そんな募集形態のため以前はそれほど応募がなかったそうだ。以前とはもちろんコロナ以前、少子化もあり売り手市場だった昨年度までの話である。

「私が採用を担当するようになってから徐々に応募者が増えて、いまでは追いつかない状態です。通年だしメール1本でサクッと応募できるのもあるのでしょう」

 矢野さんが担当を引き継いだ今年4月、折からのコロナ禍により国の緊急事態宣言が発令され、全国に拡大した。さすがに矢野さんの会社もリモートワークとなり、一部の役員を除いて出社しなくなったが、メールそのものは自宅でチェックしていた。矢野さんの会社は小さいので総務が人事を兼ねる。人事権は最終的には社長だが、その直前までの人事に関する業務は総務の仕事である。

必死な履歴書とかメールを読むのが、最高の娯楽

「緊急事態宣言中も応募のメールは来てました。でもさすがに面接できないからお断りのメールを返してたんです」

 サイトの文言を「現在募集していません」にするだけで済む話のような気がするが、矢野さんはあえてしなかったという。

「社長や上司にいちいち言うのも面倒でしたし、休止の指示もありませんでした。でも」

 矢野さんがクスリと笑いこぼす。

「変な話ですけど、必死な履歴書とか、採用してくださいみたいなメールを読むのが気持ちよくなっちゃったんです」

 矢野さんいわく、求職者の履歴書を読むのは最高に面白いという。私も編集長時代、たくさんの履歴書に目を通したが、人材の精査という意味以外でそんなことを考えたこともない。そもそも本業以外の人事作業は正直、校了など重なると大変だった記憶しかない。

「はい、現場の連中はそうなんですけど、私は総務で人事担当ですからね。嫌とか面倒とか言ってられません。でも全然嫌じゃないです。むしろ最高の娯楽です」

 矢野さんの腕には真新しいスイス製のダイバーウォッチが光る。特別定額給付金で買ったという。スイス製でも中堅どころのクォーツなので高級時計ではないが、ポンと買うのに給付金はちょうどいいあぶく銭だったのだろう。一方で、給付金が生活費の足しという人もいる。疫禍はほんの小さな大衆の消費生活にも分断のほころびを生んだ。趣味の腕時計なんて間違いなく求職者は買わない代物だろう。

「履歴書にびっしり書いてある志望動機とか、どうしょうもない経歴の人がバイトの職歴並べてるのとか、そんな履歴書読むの面白すぎます。コロナで失業とか無職ですからね、かわいそうですけど、楽しいです」

 そんなこと言われても正直困る。確かに雇っていただく立場の求職者である彼ら、その立場はとてつもなく弱い。だとしてもここまでもてあそばれる必要もない。しかし矢野さんは大丈夫なのかと思わされてしまうほど露骨なウッキウキ状態だ。

「あ、言っときますけど個人情報はちゃんと守ってますからね。それに緊急事態中は面接できなかったから、定形文ですけど丁寧なお断りのメールを返してました」

 いわゆる「貴殿のご活躍をお祈り申し上げます」というやつか。しかしそれは緊急事態宣言中のこと、現在は矢野さんの会社もこうして私と打ち合わせができるくらいには稼働している。面接も再開しているとのことで、その楽しい採用状況はどうなのか。

「それが先月(8月)くらいからドッと増えましてね、もう処理しきれないくらい。とくに総務希望なんか山のように履歴書が届くんです。技術職とかは技能条件高くしてるんでそうでもないんですけど。ま、事務系の正社員で募集しているところは少ないんでしょうね」

 実際に金を生む技術職はあまり来ず事務系の応募者ばかり、しかしそれほど大きな会社でもないため事務方は足りているという。それでも矢野さんのお願いで一人採用していいということになっている。急ぎではないが、適任者がいたらという話で。そんなレベルの採用意欲なので若い矢野さんが実質一人で仕切っている。

「そんな一人を私が決めることになって気分は最高です。私がその一人を決めるんです。面接は午前中の一時間にしてるんですけど、私よりも年上の人が頭を下げて一生懸命アピールするんです。それも私の現役当時は縁もなかったような国立大学を出てたり、大手企業に勤めてた人もいます。彼らを圧迫面接してるとなんだか神になった気分になります」

 なるほど、これが先の「神になった気がする」なのか。残念ながらこういう困った担当者は昔から存在する。応募者からすれば釈然としないだろうが、採用側の矢野さんは絶対者だ。

「子どもが何人もいて悲惨だなあとか、どんだけ転職してるんだよとか、ヘタなゲームより面白いですよ。”ずっと俺のターン”ですから気持ちいい。履歴書も先輩や他部署の連中と読んで盛り上がります」

ああ、正社員でよかった

 履歴書のまわし読みや興味本位の目的外閲覧、内心面白がるだけの面接、気晴らしストレス解消の圧迫面接、残念ながらよくある話だ。コンプライアンスなんて大手のごく一部の話、社会全体に対する大きな責任など問われることのない中小企業、とくに矢野さんのようなBtoBで直接顧客とやり取りしないような業種なら気にもしないのが実態だ。それにしてもそんなもの、本当に気持ちいいと思っているのか。

「コロナでもお給料がもらえてまったりできる自分でよかったなあって思うんですよ。そんな自分にかわいそうな人たちの働かせてくださいって必死な履歴書がいっぱい届くわけで、そういうの読んでると気分いいんです、ああ、正社員でよかったって」

 コロナ禍は定職のある者とない者との差をまざまざと見せつける。いつ終わるともわからないコロナ禍、無職だったり今年の上半期に失業した人たちで経済的に余裕のない層は確実に悲惨だ。食い詰めても帰れる実家があれば御の字、現実は非正規を中心に多くが孤独な経済的困窮に苛まれている。年末に向けて景気の悪い業種や企業の正社員はさらに整理されることになるだろう。早期・希望退職の実施を開示した上場企業は2020年上半期(1−6月)だけで41社に達した(東京商工リサーチ調べ)。レオパレス、ファミリーマート、ノーリツ、リクシル、ラオックス、オンワード、レナウン、日産、三菱自動車、ワタベウェディング ──以前から経営の苦しい企業やインバウンドに支えられた企業、ソーシャルディスタンスと言われても業態上、対応が難しい接触型業務の企業が音を上げた形だ。正規職だけではない、いまサラリーマンが失業しても、食いつなぐための非正規バイトすら外国人や年金不足の高齢者との競争で十分なシフトに入れない事例も増えている。

「そういう連中に比べれば自分、恵まれてるじゃないですか、そういう幸せを感じるんです」

 幸せの自己確認が悲痛な求職者の履歴書、というのは極端な言い方だろうか、そんな感情、仏教で言えば「増上慢」(おごり高ぶった性根のこと。阿毘達磨倶舎論)とでも言おうか、矢野さんを責める気はないがこのコロナ禍、とくにサラリーマンに垣間見えるのは「私も失業するのでは」「私も貧しくなるのでは」というより、「私は正社員でよかった」「私は景気に左右されない仕事でよかった」である。それまでも「私は公務員でよかった」「私は地主の子でよかった」「私は大金持ちに生まれてよかった」なんてのは存在したが、ついに安定した定職があるだけで「私は〜でよかった」とコロナ禍の失業者、貧困者を見下す層が出現した。これは完全な私の印象だが、同じような苦しみを味わった氷河期世代より、少子化による恩恵を受けた現在の若手サラリーマンに顕著だ。実際に会った彼らの多くは「自助」が当然という勝ち組意識であった。”思い上がり”と言ったら言い過ぎか。このコロナ禍で私はあらゆる業種、階層の人たちを取材してきたが、実は一番変わったなあと思うのがサラリーマン全体の新たな階級意識であり、それはコロナでよりいっそう加速したのではないか。

「でもしばらく採る気はないです。私の楽しいゲームが終わっちゃいますから」

「面接官」って、いい響きですよね

 社長や上司、先輩にも気に入られている矢野さん、弟のように可愛がられているそうだ。小さな会社は合わなければ部署替えもままならず地獄だが、会社が合えば、というより社長に気に入られればどうとでもなる。少子化により多くの企業で若い子が優遇され続けているのはコロナ禍でも変わらない。だがそんな話、どうでもいい。問題は多くの必死な求職者に無駄骨を折らせ、面白おかしいゲームとして楽しんでいる矢野さんの姿勢だ。

「いや、ウチだけじゃないですよ。たとえば職安なんか採る気もない求人ばっかりでしょ。私も昔、職安経由でそういう面接に遭いましました。あからさまに適当でした。おっさんは圧迫面接を露骨に面白がってました。男のくせに短大かよ、とか言われました」 それまで飄々としていた矢野さんの声が少し高く、そして早口になった。なるほど現在20代後半、入社して2年ということは、短大卒男子の矢野さんもこれまでいろいろあったのだろう。そんな彼が小さな会社とはいえ人事を任されているわけで、それで「増上慢」になっているというわけか。口汚く言えば「調子に乗ってる」だろうか。疫禍は持つものと持たざるもの、それはジェフ・ベゾスや孫正義と私たちといった旧来の圧倒的な格差ではない、仕事があるかないか、いや住む家があるかないかといった庶民間の格差であり、安定か不安定かの二択しかない大衆コミュニティの断絶である。コロナ禍で「仕事がない人たち」は、採る気もない兄ちゃんが採用担当をしている小さな会社の事務職正社員に押し寄せ、その兄ちゃん、「矢野面接官」にペコペコしなければならない。特殊な事例でもなく、現にコロナ禍の多くの採用は完全な買い手市場になっている。

「それそれ、面接官っていい響きですよね、私、新卒の時は大手の面接官にムカついたんですよ、まさか自分が面接官になるとはって感じです」

 まだ若いのだから上滑りは仕方がないだろう。新卒時もうまくいかなかったようだ。矢野さんは満足そうだが、私は「面接官」という言葉が嫌いだ。実際、東京大学は「面接員」、企業によっても「面接担当」と呼ぶようにしているところも多いが、新卒・転職サイトや情報誌などはまだまだ「面接官」という呼称だ。そのくせ私もそうだが、「面接官」としての教育など受けたことがない担当者ばかりである。大手は採用側面接に関しても研修や勉強会などあるが、日本全体の企業数で99.7%、従業員数では被雇用者の68.8%(2016年・経済センサス−活動調査)を占める中小企業のほとんどは見様見真似、お気持ち次第で採用面接しているのが現実だ。そして求職者はゲーム感覚の矢野さんみたいな人に品定めをされる。そんなの、申し訳ないが面接官なんてもんじゃない。

「ウチはネット関連もゲーム関連も増収増益です。ネット関係はコロナのおかげで逆に景気が良い。任天堂みたいにはいきませんけど」

 いわゆる「おうち需要」「おこもり需要」というやつか。任天堂の『あつまれ どうぶつの森』の累計販売本数は2240万本である(2021年3月期第1四半期〈2020年4月1日〜2020年6月30日〉決算短信)。これほどのキラーコンテンツでなくとも、ゲームやコミック、映像配信といったネット事業を手掛ける会社の多くはこのコロナ禍も堅調である。旧来の接触経済社会とは真逆の業種、コロナによって日本の経済も社会も大きく転換するだろうし、経済産業省もそんな非接触経済社会を推進している。矢野さんの会社は私が知る限り、小さいながらも稼ぎに関しては優良企業だ。だからこそ釈然としない行為、”求職者いじめ”みたいなことはやめたらどうか、矢野さんに率直に投げてみた。

「いや、受けに来る連中なんて入社しない限りウチの会社にも自分にも関係ない存在ですから。一から十までマネタイズできるくらいのスーパーマンならウェルカムですけど、そんなの来ませんね」

 コロナによる買い手市場は採用現場をより杜撰にしている。大量の失業者、年末に向けて日本の失業率は4%台にまで悪化すると指摘する声(第一経済研究所)もある。その予測は残念ながら当たるだろう。外れるにしてもさらに悪い方だ。あのリーマンショックの時期と同じかそれ以上だろう。私見だが、いま会社勤めをされている方々は意地でもしがみついたほうがいい。でないと矢野さんのような無邪気な「神」たちにもてあそばれたあげく、お祈りされ続けるという地獄を味わうことになるだろう。祈られすぎて仏になるほどに。

 終わりの見えないコロナ禍、年末に向けて、すでに求職地獄は始まっている。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。近刊『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。近著『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)。

関連記事(外部サイト)