ハンコ離れのなかで存在感増す「鉄印」 鉄道業界の救世主に

ハンコ離れのなかで存在感増す「鉄印」 鉄道業界の救世主に

10月に3刷が決まった「鉄印帳」(右)と駅窓口で掲示する広告(時事通信フォト)

 全社がリモートワークに切り替わったのに、書類に印鑑を押すための「ハンコ出社」が残り「結局、週の半分は出社している」とのぼやきが聞こえてきたのは、5月ごろだっただろうか。そのハンコをなくそうと政府が本腰を入れ始め、まず河野太郎行政改革担当大臣が、行政手続きのハンコを9割以上廃止できると会見で明らかにした。ところが、趣味の世界でハンコは存在感を増しつつある。10月には3刷りが決まった「鉄印帳」について、ライターの小川裕夫氏が好調の背景をレポートする。

 * * *
 9月16日に発足した菅義偉内閣で行政改革を担当することになった河野太郎大臣は、就任早々からハンコの廃止を表明した。

 契約や何かの手続きで必ず求められるハンコ、つまり印鑑を押す行為は、長らく続いてきた日本の慣習でもある。新型コロナウイルスの感染が拡大した折には、多くの企業が在宅ワークを導入。自宅で仕事をする会社員が一気に増えた。

 こうした社会的な背景から確実にテレワークは拡大しているが、その一方で中間管理職からは「書類にハンコを押すためだけに出社する」といった、馬鹿馬鹿しいような話も聞こえてきた。日本が大事に守ってきたハンコ文化だが、確かに時代に適っているとは言い難い。そんな機運から河野大臣のハンコ廃止は時宜を得た政策と言えるだろう。

 そうしたハンコ廃止の流れは今後も加速するだろうが、趣味の世界に目を転じればハンコは決して廃れていない。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、鉄道各社は大幅に業績を悪化させている。いまだコロナ収束は見通せないが、そうした苦境の中で40の鉄道会社が協力して鉄道版御朱印帳ともいえる「鉄印帳」を7月10日から開始した。

 鉄印帳は、開始直後から鉄道ファンを中心に話題を呼ぶ。まもなく企画スタートから3か月を迎えるが、その勢いは衰えることを知らない。

「第三セクター鉄道等協議会の会員である熊本県人吉市や球磨郡を走るくま川鉄道の永江友二社長が、家族との会話からヒントを得て、御朱印帳の鉄道版企画を事務局に提案したことが鉄印帳誕生のきっかけです。同役員会で協議を重ね、全会員が連携する新しい試みとして実施を決定しました」と話すのは、読売旅行総務人事部兼CSR推進室の担当者だ。

 読売旅行と日本旅行は鉄印帳のパッケージツアーを販売し、第三セクター鉄道等協議会が実施する鉄印帳の旅を支援している。読売旅行はWEBサイト「たびよみ」を管理・運営。WEBサイトには、すべての鉄印を集めた旅行者の名前を掲載する特典も付与している。

 また、読売旅行の子会社である旅行読売出版社が「鉄印帳」を登録商標にしてブランドを管理。

 読売旅行が中心になって鉄印帳のルール作成を進めたことで、全国各地に散らばっていた第三セクター40社がひとつにまとまることができた。

「第三セクター各社は路線の長さや、地域の観光資源の有無、駅員配置など、それぞれに事情が異なります。そのため、多くの社が参加できるように『手書きの鉄印のほかにも書き置きやプリントを認める』『受付場所は1か所以上』『対応する時間は、各社ができる範囲』といった具合に参加ハードルを下げ、”緩やかな連携”を模索したことで企画の実現に漕ぎつけることができました」(同)

 徳島県の海部駅と高知県室戸岬の少し東にある甲浦駅まで8.5kmを結ぶ阿佐海岸鉄道は、工事中で駅までアクセスできず押印ができない。そうした事情が考慮されて、現在は39社の鉄印を集めた旅行者が対象になっている。

 また、鉄印帳の企画スタート直前には、提案者でもあるくま川鉄道が豪雨によって運休するというアクシデントに見舞われた。くま川鉄道に配慮して企画の延期も検討されたが、くま川鉄道には鉄印のネット販売を認めるという特例が設けられた。

 40社をまとめるだけでも大変な苦労があったことは想像に難くないが、こうした想定外のアクシデントが起こり、その都度、読売旅行は調整に追われた。なにより、鉄印の旅のルール作成をしている間も新型コロナ禍は収束することなく猛威を振るった。鉄印帳の実現は、苦難の連続だった。

「今回の鉄印帳は三セク各社にとっても初の試みで、どの程度の反響があるのかといった不安が現場にもありました。そのため、鉄印帳の初版は少なく、5000部でした。ところが、販売開始からわずか1か月弱で完売。そのため、8月中旬に1万部を増刷しています。さらに、10月中には追加で1万部を増刷する予定にしています」(同)

 想定以上に好評を博している鉄印帳だが、これまでにも鉄道各社はマンガやアニメの人気キャラクターとコラボしたスタンプラリーを実施している。そうしたスタンプラリーも好評だったが、鉄印帳の反響はそれらを上回る。担当者は、鉄印帳がヒットした要因を、

「スタンプラリーはスタンプラリーの楽しさがあると思いますが、鉄印帳はお客様と駅員の接点をつくるコミニュケーションツールだと考えています。自動改札の普及や無人駅の増加によって駅で人との接点が薄れていく中、窓口で駅員と会話を交わすことは貴重な機会になっています。そうした体験も含めて、旅行者や鉄道ファンに喜ばれていると感じます」(同)

 と分析する。

 鉄印を集める旅は、もちろん個人でもできる。鉄道ファンは時刻表を使って自分で旅行プランを組み立てることを楽しみのひとつにしている。計画から行動まで個人プレーになれている彼らのいつもの行動パターンを思うと、旅行代理店が用意するパッケージツアーに関心を寄せることは少ないだろう。

 しかし、読売旅行や日本旅行のパッケージツアーには、日頃は立ち入ることができないバックヤードを見学できる商品も用意されている。

 コロナによって苦境に陥る観光・旅行業界を救済すべく、政府は7月22日からGoToトラベルキャンペーンを開始。これまで除外されていた東京発着のツアーも10月1日から対象に加えられた。今後、鉄道旅行の需要は増えてことが予想される。

 ハンコ不要の世論は高まりつつあるが、それらに反して鉄道業界ではハンコが救世主になりつつある。いまだコロナへの警戒は怠れないが、これを機に鉄道事業者は反転攻勢に打って出られるか?

関連記事(外部サイト)