伝説のマトリ捜査官が語る「大麻の恐ろしい現実」

伝説のマトリ捜査官が語る「大麻の恐ろしい現実」

大麻取締法違反容疑で逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(時事通信フォト)

 ピエール瀧、沢尻エリカ、そして伊勢谷友介と、著名人の薬物逮捕劇が続くが、昨今は「たかが薬で」と、逮捕者を擁護する声が多い。とりわけ伊勢谷の逮捕時は、「大麻くらいでなぜこんなに叩かれるのか」という声がネット上に溢れた。近年は大麻解禁運動も注目されているが、そうした風潮に対し、「危険だ!」と語気を強める人がいる。厚労省麻薬取締官、通称“マトリ”として38年間任務にあたった瀬戸晴海氏だ。2014年から関東信越厚生局麻薬取締部部長を務めた瀬戸氏が「大麻の真実」を語った。

 * * *
 近年、大麻取締法違反での検挙数が増加しています。警察庁の発表によれば、今年上半期(1〜6月)の大麻の密売、所持の摘発件数は、前年同期比で183人多い2261人。過去最多の数字です。これは警察だけの数字で、麻薬取締部を含めるとさらに多いでしょう。

 要因のひとつは室内での栽培事案が爆発的に増えていること。大麻を海外から密輸する必要がなくなってきている。そしてもうひとつがSNS経由の密売です。「手押し」「野菜」などの隠語が飛び交い、価格も下がっている。5000円程度で1グラムが買えます(3〜4回分の吸引に相当)。YouTubeには大麻の栽培法等に関する解説動画が平然とアップされており、若者を中心に大麻への抵抗感がどんどん薄れています。

 背景にあるのが、このところよく耳にする「大麻=安全」という言説です。医療用で使われている、タバコより安全、後遺症もなく無害……といったことを主張する人も多いですが、膨大な数の大麻乱用者をこの目で見てきた立場として、はっきりと言っておきます。絶対に手を出すべきではありません。

 まず、大麻を長期間常用すると、「無動機症候群」といって、物事に対する興味や関心が薄れ、思考力、注意力、集中力が低下し、無気力などの「うつ状態」に陥るケースが多い。捜査現場で、こうしたうつ状態に苦しむ若者の姿を何度見たか分かりません。大麻は「うつ病の予防にいい」と主張する人もいますが、現実にはうつ病を招く薬物なのです。

 また、大麻の有害性に関する最新の知見では、大阪大学大学院の研究グループが、大麻の有効成分である「カンナビノイド」 が大脳皮質の神経回路の破綻をきたす事実を発見している。これは世界で始めて大麻の摂取が脳に悪影響を与えることの科学的根拠を明らかにしたもので「脳の発達に障害を与えるため、特に若い世代に影響が大きいと」と研究者はコメントしています。

 現在流通している大麻はカンナビノイドが高濃度化しており、大変危険です。中枢神経に作用する薬物は非常に複雑なメカニズムを持っており、一面だけを捉えてメリットがあるなどの議論に発展させることは乱暴極まりない。

 そのうえ、大麻が他の違法薬物への入り口、いわゆる「ゲートウェイドラッグ」になっていることも忘れてはいけません。

 検挙した大麻被疑者の3〜4割は他の薬物へ移行、または併用しています。移行先は覚醒剤が最も多く、そのほかコカイン、LSD、MDMAと進んでいる。一旦、大麻に手を出した者は、まるでレストランでメニューを品定めするかのように、他の薬物を注文して使用しているのが現状です。

 大麻の解禁を訴える人たちはよくアルコールや煙草の危険性を主張しますが、それぞれで議論するものであり、大麻と比較するものではありません。海外と比べることも意味がない。日本と海外では薬物を取り巻く環境が全く違います。アメリカでは毎年数万人が薬物乱用で死亡しています。一部の国の大麻政策を単なる嗜好目的のために評価し、それを模倣すれば取り返しのつかない事態を招く可能性があります。

 こうした危険性がいまだ周知されていないことについてはメディアの責任も大きいと感じます。著名人が逮捕された時ばかり、センセーショナルに違法薬物に関する報道がなされますが、これが薬物犯罪や乱用の抑制に繋がっているとは言い難い。単なるゴシップとして流されているとの印象です。

 メディアは「芸能界の薬物汚染」としきりに叫びますが、個人的には特別芸能界で流通しているとは思えません。官僚や公務員に増えていることのほうが問題です。警察官、自衛官、教職員などが次々と逮捕されている。人々の見本となるべき立場の者、本来であれば犯罪組織や違法薬物とは無縁であるはずの者が、いとも簡単にクスリに手を染めているのです。

 誰がやっていてもおかしくない。そんな時代になってきているのですが、報道されるのは相変わらず芸能人などメディア受けする人ばかりで、違法薬物の根深い問題が世の中に届いていないと感じます。

 知ってほしいのは、末端使用者の場合は家族や周辺者からの悲愴な相談を受けて捜査に移行するケースが多く、ある意味患者だということです。法律に抵触する行為に及んだわけですから、刑罰を受けることは避けられませんが、私にとって彼らの逮捕は、“救済する”という感覚に近かった。場合によっては、依存症からの回復に向けた孤独で長い旅を始めるのです。

 メディアはくれぐれも乱用者に対する差別や偏見を助長せず、薬物問題の本質を正しく伝えてほしい。そう切に願います。

●せと・はるうみ/1956年、福岡県生まれ。明治薬科大学薬学部卒業。1980年に厚生省麻薬取締官事務所(当時)に採用。九州部長などを歴任し、2014年に関東甲信厚生局麻薬取締部部長の就任。2018年3月に退官。2013年、2015年に人事院総裁賞受賞。斯界では「Mr.マトリ」と呼ばれる。

■取材・文/高橋ユキ(ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)