オンライン婚活経て初対面日に求婚 新婚2人が語る運命の夜

オンライン婚活経て初対面日に求婚 新婚2人が語る運命の夜

オンラインでの婚活が主流になりつつある(写真はイメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、生活やビジネスのさまざまなところでコロナと併存する「ニューノーマル」が提唱されている。婚活も例外ではない。緊急事態宣言以降、ほぼすべての婚活イベントが軒並み中止を余儀なくされるなか、爆発的に増えたのがオンライン婚活だ。婚活の主流はいまや、リアルからオンラインに移りつつあり、コロナの影響が落ち着きを見せ始めた今もその流れは続いている。

 リアルではほとんど会わずに、「オンライン婚活」のみでゴールインするという強者カップルも誕生し始めた。今年の4月後半にオンラインで出会い、初めて対面した日にプロポーズし、翌日婚姻届けを提出したカズノリさん(31才、熊本在住、旅行業)とアヤコさん(43才、都内在住、医療関係業務)夫婦に、成婚にいたるまでの話を聞いた。

 オンラインでデートを重ね、出会いから約1か月で結婚を決めたカズノリ・アヤコ夫婦。そもそも、なぜオンラインで婚活をしようと思ったのか。

カズノリ:30才を過ぎてそろそろ結婚をと思い、婚活に参加しようと思った矢先にちょうどコロナが流行して、婚活イベントがすべて中止になってしまいました。仕方がないので、オンライン婚活に参加したのがきっかけです。自宅にいながら婚活できる手軽さは自分に合っていたと思います。

アヤコ:私は、もともとオンラインの出会いに抵抗がない方だったので、コロナで自粛生活が続いて外に遊びに行けないなか、結婚が目的というよりも全国の色んな人と気軽に話したいというのがオンライン婚活に参加したきっかけでした。

 オンラインであることの不便さはなかったのだろうか。

カズノリ:ほとんどありませんでした。もちろん、実際に対面でお会いした時のように、相手のにおいや放つ空気感みたいなものは分かりません。ですが、ぼくが最初にアヤコさんを見た時、すぐに笑顔がとても素敵な人だなと感じましたし、何度かお話しするなかでも、丁寧に相槌を打つ彼女の姿勢に惹かれていきました。画面からすべてを判断するオンラインでは、相手の良さが対面よりも強調されるような気がします。

 リアルで会えない分、2人はオンラインを“駆使”して愛を育んだ。リアルで会えない不安は1度もなかったという。

カズノリ:ZoomやLINE電話を使って、長い時は1日8時間くらい、長時間つなぎっぱなしにしていました。カメラを固定して、ご飯を食べたり、テレビを見たり、お風呂に入ったり、部屋から出る時もつなぎっぱなしです。もちろん会話もたくさんしますが、オンライン“デート”というよりは、オンライン“同棲”ですね。生活スタイルが把握できるという以上に、お互いのすべてが丸裸です(笑い)。常に目の前にいるような感じでお互いに自然体でいたいと思ったので、ぼくから提案しました。

アヤコ:どちらかが寝落ちしていることもよくあるくらい、自然とオンラインを生活に取り入れていました。トイレに行く時やドライヤーをする時など、生活音もすべて相手に分かるので最初は気を使いましたが、慣れてしまえばお互い素でいられてむしろ心地良かったです。

初対面の夜にプロポーズ、翌日婚姻届け提出

 その後2人は1か月ほどのオンライン交際を経て、6月に初めて対面した。

アヤコ:私が熊本まで会いに行きました。初対面で少し緊張しましたが、これまで毎日オンラインで顔を合わせていたからか初めて会った気がせず、違和感も全くありませんでした。

カズノリ:ぼくも全く同じです。毎日顔を見て話して、お互いの生活もさらけ出していたので、初めて実際に会った時、あらためて「この人しかいない」と自然に思えました。

 驚きなのは、カズノリさんが会ったその日にプロポーズしたこと。

アヤコ:夜になって、「私たちが出会ったオンライン婚活を運営する会社が、近くのチャペルでイベントをやっているから見学に行こう」とカズノリさんが言うので2人で行きました。到着して、彼がお手洗いに行くというので待っていると、会社の代表のかたが現れて、一緒にチャペルに行くことに。扉を開けると、お手洗いに行ったはずの彼が祭壇に立っていたんです。

 何が起きているのかよく分からないうちに、彼が「絶対幸せにしますとは誓えないけど、幸せにする努力をし続けずことを誓います」とプロポーズしてくれて。頭は混乱していましたが、その場で「よろしくお願いします」と伝えていました(笑い)。結婚前提のお付き合いだったとはいえ、この日は実際に会うだけのつもりだったので本当に驚きました。

カズノリ:チャペルでプロポーズすることは事前に決めていましたし、もともと95%プロポーズするつもりでした。この1か月、毎日顔を見て結婚前提で話もしていましたし。何か決め手があってプロポーズしたというよりも、1か月温めていたことをしただけ。それまで一緒にオンライン飲み会をしていたメンバーもオンラインで集まってくれていて、プロポーズを受けてくれた後サプライズでお祝いして頂きました」

 周りの協力もあり、あれよあれよという間に結婚が決まった2人。だが、さらに驚きなのは、その翌日に婚姻届まで出してしまったことだ。

アヤコ:プロポーズの夜、彼と話していたら、明日は新しいことを始めるのに最適と言われる「一粒万倍日」と「天赦日」が2つ重なる縁起の良い日だってことが分かって。そんなに良い日なら、明日籍を入れるしかないよね、という流れになって、届けを出そうということになったんです。

 翌日、印鑑をドン・キホーテで作って、区役所のホームページにあったくまモンの「ご当地婚姻届け」をダウンロードして、急遽オンライン婚活の運営会社の方々に証人になってもらって…と本当にバタバタでした(笑い)。戸籍だけ揃わなかったのですが、幸い後日郵送すれば受理してもらえるとのことでした。届けを出し終わったのは、夜9時頃だったと思います。それぞれの両親にも急いで電話で報告しました。うちの親は、突然のことで父が固まっていましたが、彼と電話で話した後に、「アヤコが好きなら良いんじゃないの」と言ってくれ、お許しをもらいました。

 入籍から4か月近くが経ったが、「妻」、「夫」とはにかみながら呼び合う2人は初々しい印象だ。それもそのはず、実は、2人はまだ一緒に生活しておらず、会ったのはまだ2回だけという。

カズノリ:来年1月頃から一緒に住む予定です。妻の今の家の契約が切れるタイミングで、仕事を辞めてこちらに来てもらいます。今、一緒に住む家を探しているところです。

アヤコ:なので今は、オンライン結婚中です(笑い)。ほぼ毎日LINE電話などをつなぎっぱなしにして、これまで通りのお付き合いをしています。私たちの始まりはオンラインで、今もこうしてオンラインで会うことが普通になっているので、むしろこれから、リアルで一緒に暮らすと思うと不思議な感じです」

 そんな2人が今、オンライン婚活に思うこととは。

カズノリ:オンライン婚活をして良かったと思います。オンラインだからこそ気軽に始められたと思いますし、住んでいる場所や年齢を気にせず出会える。普通のコミュニケーションとは違う濃密な時間が過ごせたと思います。

アヤコ:おしゃれして会ったのに、相手にがっかりされるとショックですが、オンラインでは画面内だけ整えて、喋りたいことを喋ればいい。それが素だし、素が出せない人とは結婚できません。素を出してうまくいかなくても、リアルの世界で会うこともないので、思い切れますよね(笑い)。一期一会です。

 オンライン交際、オンライン同棲を経て、オンラインの結婚生活。2人のように、恋愛のかたちはさらに自由になっていくのかもしれない。

◆取材・文/小山内麗香

関連記事(外部サイト)