プレミアム付き商品券に9000人超の大行列 東京三鷹市の顛末

プレミアム商品券を巡り騒動 9000人超の行列ができる市がある一方で売残る自治体も

記事まとめ

  • コロナ禍の経済対策で実施されているプレミアム付き商品券を巡り、騒動が続出している
  • 三鷹市では郵便局の前に物凄い行列が発生し、明らかに密の状態だったという
  • 川崎市は川崎じもと応援券を発売も売れ残っているため、10月15日から3次募集を行う

プレミアム付き商品券に9000人超の大行列 東京三鷹市の顛末

プレミアム付き商品券に9000人超の大行列 東京三鷹市の顛末

三鷹市役所

 コロナ禍の経済対策の一環として「プレミアム付き商品券」の発売が全国各地の自治体で実施されているが、思わぬ騒動を招いているケースが続出している。10月1日に発売した東京都三鷹市では、発売当日に長蛇の列ができて、予定数がすぐに販売終了。購入できなかった市民から不満の声が相次いでる。いったい、どこに問題があったのか。ジャーナリストの山田稔氏がレポートする。

 * * *
 10月1日朝、三鷹市内の各所で異様な光景が見られた。娘を最寄りの駅に送っていた男性がこう証言する。

「朝7時40分ごろ、近くの郵便局の前を通りかかったら、物凄い行列ができていました。数百メートルはありましたね。何事かと思って見ると、先頭で職員が整理券らきしものを配っていました。

 娘に『アイドルかなにかのチケット販売かなぁ』と話しかけたのですが、『並んでいるのお年寄りがほとんどよ。それに郵便局でこんな朝から販売するわけないじゃない』と一蹴されました。駅からの帰り道、違うルートを通ると、別の郵便局でも長い行列ができていて、職員に詰め寄っている人もいました。明らかに密の状態でした」

「プレミアム率50%」に朝5時から並んだ市民も

 行列の目的は三鷹市の「プレミアム付商品券」だった。この商品券、プレミアム率が都内最高の50%という超お得券で、市が事前に発行した「広報みたか」でも〈1人最大3万円の商品券で4万5000円分のお買い物!〉と大々的にPRしていた。

 発行総額は15億円で、デジタル商品券(10億5000万円)と紙商品券(4億5000万円)の2種類。1人当たりの購入限度額は3万円。家族の分を含めて1人で3人分まで購入可能となっていた。

 デジタル商品券はネット販売だが、紙商品券は窓口販売だった。大勢の市民が並んだのは紙商品券の購入のためだったのである。市内20か所の郵便局などの販売所で同じような光景が見られたことになる。朝5時過ぎから並んでいた人もいたという。

 騒動は行列だけでは済まなかった。あまりの人気過熱で購入できなかった市民が続出したのである。先の男性がこう語る。

「行列を見かけた翌日、送迎中に再び郵便局前を通りかかったところ、職員が立っているだけで行列がなかったんです。

 それで帰りに、車を止めて職員の方に話を聞いたところ、『この販売所での予定販売数は昨日売り切れてしまいました。今日から抽選に変わりましたので、三鷹郵便局に行っていただければ抽選券を入手できます』とのことでした。販売方法がおかしくないかと言ったら、職員の方も頷いていましたね」

 結局、初日に用意していた5万冊(1冊5000円)はすぐに完売。発売初日に購入できなかった人が多数出て、中には市役所まで抗議に訪れる人も相次いだという。そして、今度は抽選券を求める人が殺到。三鷹郵便局の周辺には10月2日だけでなく、3日も長い行列ができ、3日は9000人超の人々が並んだと報じられた。

市長がツイッター、市のHPで異例の「お詫び」

 この騒動を受け、河村孝・三鷹市長は10月2日の段階でツイッターに異例のお詫びを投稿した。

〈この度のプレミアム付き商品券の発売に際しましては、ご期待くださっていた市民の皆様に大変ご迷惑をおかけしてしまい、心よりお詫び申し上げます。これまでの商品券の経験をもとに対応を準備していましたが、多くのメディアに取り上げていただいたことによる反響は予想を大きく上回るものでした〉

〈この想定不足により、市民の皆様、そして販売にご協力いただいた郵便局や関係機関の方々にも多大なご迷惑をおかけし、職員にも過大な負担をかけてしまいました。これは長である私の不徳の致すところです〉

 とまあ、ひたすら低姿勢なのである。後日市のHPにも市長のお詫びが掲載された。

 改めて市役所に経緯を問い合わせてみたが、「いまは市民の方への対応に集中していますので、詳しいことは回答を控えさせていただいています。(市の見解は)市長のコメントを見ていただければと思います」と言葉少なだった。担当職員の方も疲労困憊のようだ。いまのところ追加発行については「白紙」だという。

市民の7割以上が購入できない「代物」

 この騒動、いくつかの問題点が浮き彫りになった。

 市の商品券発行計画そのものは、コロナ禍で打撃を受けている市内の経済を活性化するという目的からして評価されて然るべきものだろう。都内最高のプレミアム率も、本来なら市民や商工関係者から歓迎されるはずの内容だ。それが、一転して抗議が殺到という事態になってしまった。

 最大の問題は公平性の担保だ。総発行額は15億円。三鷹市民は約19万人。購入上限額は1人3万円。単純計算だと市民5万人が最大3万円の枠を利用すれば、売り切れとなってしまう。残りの14万人、総人口の7割以上の市民は購入できないわけだ。市の税金(補正予算約6億5300万円)を投入する事業で、これほどの不公平が生じてしまえば、市民から不満、批判が出るのは当然だろう。

 発売方法にも問題がある。紙商品券の先着順の窓口販売というシステムは、最初から行列、混雑が想定できる販売方法だ。

 しかも発売初日は木曜日。「平日の朝7時半から整理券を配布」というスタイルに対応できる市民は限られてくる(それでも長蛇の列ができたが)。会社勤めのサラリーマン、OL、育児中の親、歩行が不自由な人などは最初から諦めざるを得ない。行列を横目で見ながら通勤という市民も多かったのではないだろうか。ここでも大きな不公平が生じてしまう。

 そして、販売途中で先着順から抽選順に変更した点も混乱に拍車をかけた。抽選場所が1か所となったため、9000人超が並ぶという異常事態を招いてしまった。

 三鷹市は今回のプレミアム付き商品に限らず、コロナ禍で影響を受けている飲食店支援とアルバイト先の休業で収入が減少している大学生などの就労支援を結び付けた「デリバリー三鷹」という新しい宅配サービスを実施するなど、市民に好評の施策も多い。それだけに、今回の商品券騒動は残念だ。

他の自治体では売れ残りトラブルも

 コロナ禍で打撃を受けた中小企業支援のためのプレミアム付き商品券の発売は全国各地の自治体で実施されている。

 政令指定都市の神奈川県川崎市では、総数87万冊の「川崎じもと応援券」(プレミアム率30%)の申し込みを6月12日から開始したが、7月3日の1次募集で受け付けたのは6万8812人、25万6331冊で、予定の3割にとどまった。その後、市は2次募集を行ったが、まだ売れ残り、10月15日から3次募集を開始することになった。

 トラブルも相次いでいる。北海道長沼町は8月30日に2万2000組(1組5000円分で8000円分使用可能・総額1億7600万円相当)のプレミアム付き商品券(プレミアム率60%)を発売した。

 1世帯当たり4組の購入上限を付けて発売したが、初日は8414組しか売れず、残りを「売れ残り」として翌8月31日から上限を撤廃して発売。すると、複数の人が100万円超の商品券を購入したことが発覚し、町議会で議題となり、町長が陳謝する事態になった。

 神奈川県寒川町では9月に発売した66%超のプレミアム付き商品券が、発売日の3日間ともに受付後まもなく完売し、買えなかった町民らから「先着順は不公平」という不満の声が上がったという。

Go Toでも露呈した事業者主眼の支援策

 10月1日から始まった政府の「Go To イート」では、ポイント目的の少額利用者が相次いだことから、開始1週間で少額飲食をポイント付与の対象から外すといった制度見直しに迫られた。

 一方、「Go To トラベル」では宿泊割引の上限額を1万4000円から3500円に引き下げるなどの動きが出ていた。この制度では旅行代金の35%の割引が受けられることになっていたが、東京発着の利用が追加されて以降、予約が急増。予算枠の上限が迫った大手旅行会社などが割引の上限額を引き下げていたという。これも早い段階でこの制度を利用した人と、後から予約した人では大きな不公平が出る。

 これに対し、赤羽国土交通大臣は、事態発覚直後の10月13日、急きょ追加の予算を配分する考えを明らかにした。「引き下げられた割引率で予約したケースも含めて、すべての利用者が35%割引の支援を受けられるよう万全の対応を終えた」(赤羽国交相)

 いずれもコロナ禍の経済政策としての主眼を事業者に置いたため、国民の間に得する人とそうでない人が生まれてしまう結果となったわけだ。経済状況の悪化に苦しんでいるのは事業者だけではない。旅行どころか、収入が減って生活を切り詰めている国民も多い。事業者向けの経済対策だけでなく、消費税税率引き下げなどを含めた全国民を対象とした生活支援策が必要だろう。

関連記事(外部サイト)