小6が大麻吸引も 若者に広がる薬物、断れる子にするには?

小6が大麻吸引も 若者に広がる薬物、断れる子にするには?

SNSを通じて薬物に手を出すケースも(写真/ゲッティイメージズ)

 大麻や麻薬、覚せい剤など違法薬物にまつわる検挙者が後を絶たない。昨年から今年にかけても大物芸能人が次々逮捕され、世間を騒がせている。実はその裏で、中学生や高校生など未成年の検挙者もじわじわと増えている。なぜ、未成年者に薬物が広がっているのか。

 警察庁のデータによれば、薬物全体の検挙者数は人口減少も影響して一見減っている。だが種類別にみると、大麻や麻薬による検挙者数は増加。例えば大麻は、2019年は過去最多だった前年を上回り、4321人にのぼった。さらに年齢別にみると、未成年の検挙者数は2015年では144人だったのが、2019年では609人と、この5年で4倍以上に増えている。

「未成年においては、昨年度は高校生だけでも100人以上検挙されています。一方、小学生の検挙者も出てきています。2015年11月には、京都市内の小学6年生が、兄が隠し持っていた大麻草を見つけて吸引するという事件がありました。我々としては、若年層の薬物問題も深刻化していると感じています」(厚生労働省監視指導・麻薬対策課・以下同)

SNSの普及で違法薬物が手にはいりやすくなった

 なぜここまで薬物が若年層に広がっているのか。その背景には、10代にスマートフォンなどモバイルツールの普及率が高まったことがあげられる。

「インターネットやSNSを見る機会が増え、違法薬物の情報に触れやすい環境になりました。ネットの世界では、覚せい剤や大麻、MDMAなど複数の薬物を同時に扱っているサイトも多く、探せば何でも簡単に手にはいってしまいます。そうして入手した薬物を乱用して、中学生などが自宅で倒れて救急搬送されるケースもあります。またSNSでも容易に情報共有ができることから、若者が違法薬物に誘われるケースが非常に多い。違法薬物の存在は、保護者が考えている以上に身近になってきているのです」

 最近のケースでは、SNS上で「#手押し」「#野菜」「#アイス」といったハッシュタグとともに「いい野菜入荷しました!」「全国発送してます!」などの投稿が、写真とともにアップ。こうした投稿から取り引きの段取りをつける販売形態が増えているという。「このようなケースは薬物乱用だけではなく、代金だけ搾取される詐欺被害などさまざまな犯罪に巻き込まれる可能性もあります」と、重ねて警鐘を鳴らす。

最初のきっかけは「誘われて」がほとんど

 若者が薬物に手を染める最初のきっかけとしては、こうしたSNSを通じて、あるいは直接友人や知人から「誘われて」始まるケースがほとんどだという。そして誘われると断れずに使ってしまう。あるいは、一度は断っても心が弱っているときに再び誘われてしまうと、断り切れずに使用してしまう場合もある。

「誘われて、実際に薬物乱用に至ってしまう人の多くは、好奇心や興味本位の他、日常生活の不安や恐れ、絶望感等の“穴”を埋めるためです。特に若年層は周囲の環境に流されやすい。大麻については有害性や危険性の認識が低下していることも、手を出しやすい一因でしょう。大麻も脳に悪影響を及ぼすもので、その点、覚せい剤と何ら変わりはありません」

危険な誘いでも嫌われるのが怖くて断れないケースも

 薬物は大人が考える以上に子供の近くにあるのだ。親はわが子が薬物に近づかないために何をすべきか。まずは、親しい友人や先輩から誘われたとしても、キッパリと断る勇気を持ってもらうことが大事だ。そのために、家庭では次のことに留意してほしいという。

「まずは親子ともに、薬物乱用の危険性を十分に理解しておくこと。中には『周りに迷惑をかけていないから吸引しても問題ない』と考えている人もいますが、とんでもない。薬物乱用は、幻覚や妄想等を引き起こし、心身の健康を損ねるだけではなく、その人の周囲、ひいては社会へも大きな影響を与えます。例えば、事故を起こす、カッとしやすくなり周囲の人を傷つける、借金、学校生活がおろそかになる、など薬物依存が生み出す問題はさまざまです。決して乱用者本人の健康問題だけではないのです」

 とはいえ、危険性を知っていても、本人の精神状態によっては薬物に手を出してしまうリスクも高まる。

「その根底には、人間関係から来る自己肯定感や自己効力感の低さがあることがわかっています。危険な誘いだとわかっていても、嫌われるのが怖くて断れない。あるいは、悩みを1人で抱えて相談できず、つらさをやり過ごすために薬物に手を出してしまう。そんなケースも多くみられます。その有効な解決方法は、本人が自分の気持ちを素直に口に出せる、些細な悩みでも誰かに相談できる、そんな環境を整えておくことです。そのうえで、子供の些細な変化も見逃すことがないよう、日頃の言動や友人関係に気を配りつつ、注意深く見守るようにしましょう」

 厚労省は、薬物乱用防止啓発訪問事業の一環として、全国の小学校、中学校、高校などで薬物乱用に関する訪問講義、薬物乱用防止読本の配布、SNSなどを使った情報発信をしている。それ以外にも、薬物乱用防止指導員として活動している人のための研修なども行っている。そして10月からは、同事業のイメージキャラクターとして、『ゆめきち』という猫キャラが決定。イラストを描いたのは、女性セブンで好評連載中の『トラとミケ』で知られる漫画家・ねこまきさんだ。薬物とは大きくかけ離れた、可愛らしくほんわかしたイメージのキャラで、起用にあたっては親しみやすさを重視したという。

「子供たちにも安心感を与えられるイラストだと思います。まずはみなさんに親しんでもらうことで、薬物乱用の危険性や自分の身の守り方を考えるきっかけにしてほしいと考えています」

 先述の通り、薬物乱用の原因の1つには心の問題がある。私たちには、安心して自分の気持ちを吐きだせる居場所が必要だ。それを受け入れてくれる場所が家庭になかったとしても、社会にはある。そんなメッセージを、広く伝えていきたいという思いも込められている。

関連記事(外部サイト)