『半沢直樹』が巧みに描いた日本のジェンダーのリアリティ

『半沢直樹』が巧みに描いた日本のジェンダーのリアリティ

女性が2人の内閣

 先月発足した菅内閣の女性閣僚は2人。これを日本で女性の社会進出が遅れていることの証左だと批判する声もある。ジェンダー問題に詳しい『「男女格差後進国」の衝撃』の著者・治部れんげ氏は、LGBTの人々も働きやすい職場づくりを支援するNPO法人「虹色ダイバーシティ」の代表・村木真紀氏との対談で、日本の「男社会」の特徴を指摘。それは社会現象にもなったあの人気ドラマでも描かれていた。

 * * *
治部:菅内閣の閣僚を見たとき、自分で自分にショックを受けたんです。実は私、何とも思わなかったんです……。知り合い、それも特に男性が「高齢男性ばかりでおかしいだろう」って言うので、そこでやっと「あっ、そうだった!」って。そもそもこれまで見慣れ過ぎているので、ノイズキャンセリング機能みたいな感じでスルーしちゃったんです。そのあと、フィンランドの内閣の写真など比較対象が目に入ると、「やっぱり日本の閣僚の男女比は当たり前じゃないな」って実感して。反省しています。

村木:フィンランドは閣僚も若い女性が多いですし、世界最年少の首相であるサンナ・マリン氏は、女性同士のカップルの家庭で育った女性だったりもしますよね。

治部:素敵ですよね。子どもと一緒に「ほかの国はどうなってるんだろうね」って言いながら検索してみたんですよ。そうしたら、トランプ政権ですら、まあまあ女性もいるし、カナダなんかは本当に多様で、ターバンを巻いた方もいて。

村木:台湾のIT大臣やベルギーの副首相はトランスジェンダー女性です。ベルギーだけでなく、欧州では首相や閣僚がLGBTというのは珍しくありません。ジェンダーやセクシュアリティに関係なく、能力のある人が選ばれてるんですね。

治部:大人気だったドラマの『半沢直樹』。色々な記事が既に出ていますが、個人的におもしろいと感じていたのが、銀行と政治の社会が露骨な「男社会」として描かれていたこと。その中で江口のりこさんが演じた国土交通大臣は白いスーツを着て、いつもしかめっ面をしている。彼女の表情って完全に幹事長と同じ。あと、政府系金融機関で“鉄の女”と称される優秀な女性の方が出ていて、その方も基本、無表情なんですよね。ダークスーツで無表情。男社会に入っていく本当に数少ない女性を、かなり上手く描いていたと思います。井川遥さんや上戸彩さんのような「ナチュラル」な女性との対比は、今の日本の姿そのまんまだと感じました。

村木:なるほど、言われてみるとそうですね。片岡愛之助さんの演じられたオネエキャラな人物が男性の急所をつかんだりというのは問題だと思いましたが。私は、いわゆる役員クラスのLGBT研修で、いろんな会社に行かせていただくんです。今月出させていただいた『虹色チェンジメーカー』という書籍でも様々な企業のLGBT施策を紹介しているんですが、ダークスーツでしかめっ面の人が多い会社もあれば、最近は、役員会でも男女半々だったり、服装もカラフルだったり、笑顔がちゃんと見えるところもあって。やっぱり笑顔が多い職場のほうがクリエイティブというか、より良い仕事ができるんじゃないかなっていう気はします。

治部:そういう楽しそうな役員会の会社のほうが、やっぱり、ジェンダーやLGBTへの意識も高いと思いますか?

村木:そうですね。やはり多様性が当たり前になっている社内風土だと感じます。でも、ダークスーツのしかめっ面をしている方も、個人的にお話しすると、やわらかい方だったりもして。

治部:一人ひとりは柔軟なんだけど、組織になると……ということはよくありますよね。

村木:昨年、関西のテレビ局のある番組で、トランスジェンダーの方を追い回して性別をしつこく聞いたり、胸を触ったりするというひどく差別的なシーンがあって、大問題になりました。その後、その局に研修に行かせていただいたんですが、そうしたら、若手の制作スタッフはLGBTも身近で、多分、本当は思うところがあったのでは、と感じました。男性であるプロデューサーの顔色をうかがって何も言えなかったのかなと。クリエイティブの現場でも、自分が思っていることを言えないという風通しの悪さ。これはダイバーシティとも非常に関係があると思います。

治部:コメンテーターの方がその場でビシッと「人権問題だ」と諌めて、でも女性のアナウンサーたちは何も言えなかったっていうあの番組ですね。そこにもパワーバランスの問題があると感じます。コメンテーターの方は上のポジションだから言えた、という。そういうことは多々あります。私も、CMのジェンダーの描かれ方で炎上した事案に関して、研修をさせていただいたことがあったんですが、その会社では創業者への忖度があって社内で議論ができていなかった。気づいている人たちの意見が適切に取り込まれていないということがやはり問題なんです。ダイバーシティマネジメントの大切さ、ですね。

村木:特に女性が、「お前みたいな小娘が」っていうところから何か言うためには、データと理論武装をがっつりやってたたきつける必要があるんですよね。でも本当はそこまでしなくても、間違っていたって思ったことは言っていいんだよって、常にファイティングポーズをとってなくてもいいよって、そうなってほしいです。

治部:本当にそうですね。私も若いときは「小娘」と見くびられないように、資料をバーン!と机に山積みにして、競合他社はこう言ってますけど? みたいにやって、ようやく話を聞いてもらえる、という経験をさんざんしてきました。でも歳をとってくると、最初から「どうも〜」みたいな、おばさんとおじさんみたいな感じで、そこは楽だな、と感じる今日この頃ではあります。

◆構成/後藤純一、撮影/国府田利光

【プロフィール】治部れんげ(じぶ・れんげ)/ジャーナリスト。1997年、一橋大学卒。日経BP社にて経済誌記者。2006〜07年、ミシガン大学フルブライト客員研究員。2018年、一橋大学経営学修士課程修了。現在、昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員、東京大学大学院情報学環客員研究員、一般財団法人女性労働協会評議員など。著書に『「男女格差後進国」の衝撃』(小学館新書)、『炎上しない企業情報発信』(日本経済新聞出版社)ほか。二児の母。

【プロフィール】村木真紀(むらき・まき)/認定NPO法人「虹色ダイバーシティ」代表。1974年茨城県生まれ、京都大学総合人間学部卒業。社会保険労務士。日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て現職。LGBTQと職場に関する調査、講演活動を行なっている。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー・2016チェンジメーカー賞」受賞。著書に『虹色チェンジメーカー』(小学館新書)がある。

関連記事(外部サイト)