コロプラ創業者が語る中高時代 「麻布で戦い方を学んだ」

コロプラ創業者が語る中高時代 「麻布で戦い方を学んだ」

投資家としても有名な千葉功太郎氏

 東京都港区にある麻布中学校・高等学校は、東大合格者数トップ10常連校ながら底抜けに自由な校風で知られる。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、近著『麻布という不治の病』で、幅広い業界で異色の活躍を見せる卒業生9人へのインタビューをもとに、自らの母校の時代ごとの校風を活写した。その一部を抜粋し、麻布の自由な校風がどんな個性を育んだのかを見ていく。コロプラ創業者として知られ、現在は投資家として活動する千葉功太郎さん(46)は、中学・高校時代に「人生の戦い方」を学んだという。

 * * *

ホンダジェットを自ら操縦する「空飛ぶ投資家」

 千葉功太郎さんは1993年に麻布卒業後、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の環境情報学部4期生としてインターネットとグループワークについて貪欲に学ぶかたわら、学生起業も経験した。

 リクルート入社後は3年目にして周囲の反対を押し切りほぼ独力で携帯用ポータルサイト立ち上げ。携帯電話向けコンテンツを扱うサイバードへ転職後、ケイ・ラボラトリー創業に関わる。さらに、携帯電話の位置情報システムを活用した位置ゲームを開発するコロプラを創業。4年後には東証マザーズに上場、その約1年半後には東証一部上場。

 コロプラの成功を確実なものとしてから退任し、その後は個人投資家として活動する。ドローン技術への投資に特化したドローンファンドの代表パートナーでもある。小型プライベートジェット機「ホンダジェット」の1号機を購入するだけでなく、自ら航空パイロットの資格を取得し操縦する。文字通り「空飛ぶ投資家」だ。

 麻布で感じた強烈な劣等感とそれを乗り越えた自信が、その後の活躍の原動力になっているという。ちなみに千葉さんは麻布では私の1学年下の後輩でありながら、リクルートでは同期だ。

大学名よりも「麻布」の名を出すほうがウケがいい

──普段SFCのイメージを前面に出しているとは思うのですが、自分が麻布出身だってことを強く感じる瞬間ってありますか?

 自分から麻布だって言うことは少ないんだけど、何かの拍子にそれがわかって「麻布出身だったんですね!」って言われるときの相手の感触がめちゃくちゃいいんですよ。ぶっちゃけ、SFC出身って言っても、変わり者という目で見られることはあっても尊敬されることは少ないんですね。でも麻布ですと言うと老若男女問わず尊敬の眼差しに変わる。

 麻布ブランドは強いなあと思うことがたびたびあります。それはビジネス的にも興味深いですね。ブランドとか商品価値を維持するってすごく難しいし、実際学校の中では普通の親なら卒倒しちゃうような事件が頻繁に起こっているのに、全然ブランド力が下がらない。むしろ上がっている。

──麻布で良かったなと思う思い出ってありますか?

 僕は小学生のころから星が大好きで、麻布では天文部に入ったんですが、中2のときに皆既日食がありました。日本では小笠原諸島まで行かないと見えないんですけど、行き帰り船に乗るからぜんぶで8日間くらい必要でした。普通に学校がある時期だったんですけどどうしても見たかったんで、担任の先生に「どうしても行きたいんです」って話したら「行ってこい!」と快く応じてくれました。このときはいい学校だなと思いましたね。

 一方で、運動会実行委員会もやりました。僕自身はもろ文化系の人間でしたけど、イベント運営に興味があって、運動部系の連中に混ぜてもらいました。そこに行くと天文部なんて超日陰だから「運動部系めっちゃ明るいなあ」なんてギャップを感じながら(笑)。

──麻布だと比較的文化系も堂々としていたと思うのですが。

 いや、そうでもなかったと思うよ。オタクワールドに対して寛容ではあったけど、やっぱり運動部が強いなとずっと思ってた。

劣等感を抱き続ける6年間が糧になっている

──あ、そうなんだ。僕は運動部だったからなあ。立場によって見え方はやっぱり違うんですね。勉強のほうはどうでした?

 中学のうちは150〜200番くらいにいたんじゃないかな。運動部で部活ばかりやってまったく勉強していないからできないというのならわかるんですが、自分としてはそこそこ頑張っているつもりなのに常に平均点以下というのは本当に凹へこむことで。ガチに劣等感の塊でした。劣等感を抱き続ける6年間をすごしたことは、いまの自分の糧になっていると思います。

──でも、劣等感に押しつぶされる場合もあるわけで、そこは紙一重でしたよね。

 危ないところでした。天文部に没頭していたんで、それが心のよりどころになった。

──自分が信じられる何かをもっていたり、居場所があったりすれば、強烈な劣等感すら糧に変えることができる。これは麻布に限らず、多感な時期の人間の成長にとって大きなヒントだと思います。逆に、麻布の嫌な部分ってどんなところだと思います?

 自分の立場から見ると麻布はやっぱり東大至上主義の学校だった。デフォルトが東大。それがすごく大きなプレッシャーでした。

──え、俺、そんなの感じてなかったぞ!?

 親からの期待もすごいし、学校も当然のように東大を前提にしてくるし。高校生になるともう「東大のどこを受ける?」という空気。理Iなのか理IIなのか理IIIなのか、その三択しかないみたいな。麻布=東大。変なやつはときどき京大受けますね。たまに早慶にも行くかな、くらい。しかも高3ではなぜか理IIIクラスに入れられちゃって、僕以外全員医学部志望でつらかった。意外と多様性がないんですよ、麻布って。

──そこは鋭い突っ込みで。麻布は多様性とかいいながら、「でも結局東大じゃん」という部分はたしかにある。出口の多様性は意外と少ないという。

 だから僕はできたばかりのSFCを選ぶんです。反逆ですよ。クラス全体が「何浪してでも東大行くぞ!」みたいな空気感のなか、「いや、自分は自分で好きなことをやりたいんで」と。ふらっと覗いてみた大学フェアでSFCのことを知り、これからはインターネットだと直感して、僕はこっちだと。当時珍しかったAO入試を見つけて、受けることにしたんです。

 高校では結構勉強したんだけどそれでもギリギリ100番に入れるか入れないかくらいの成績でした。改めて優秀なやつが多いよなと気づくわけです。特に受験モードになったときのスイッチの入り方がすごい。あんなに悪いことしかしていなかったやつらが急に受験モードになって成績上げてくる。

 そこで僕は人生での戦い方を考えるんですよ。彼らと同じ土俵で同じ戦い方をしても勝てない可能性が高いので、違う角度から人生を戦えないかと。

 麻布の連中の多くは、東大に入ったあとも、官僚になるチーム、医者になるチーム、弁護士になるチーム、大企業に勤めるチームと、優秀なやつらで塊になってさらにハイレベルな戦いをしていくわけでしょ。そのヒエラルキーの外に出ない限り勝ち目がない。

 そこで新しい武器は何かと考えたとき、インターネットという言葉と出会って、魅了されて、この新しい武器で斜め横から戦うのは戦略としてありだなと思ったわけです。そういう意味では僕は麻布で、すごく広い意味での競争意識を育てられたと思います。

──現在の千葉さんを構成する要素として、麻布とSFCの比率はどれくらいですか?

 半々くらいかな。

麻布はもともと「リモートワーク」の学校!?

──お、意外に麻布が多い。その半分ってどんなところですか?

 何をしても許される感じが中高6年間で身体に染み込んだ。本当に何をしても怒られないのですが、一方で160位とか成績が出るわけですよ。あれってすごくシンプルなコミュニケーションだなと思います。何の縛りもないのに学年順位だけが最後に出るんです。

「なんだよ、みんな遊んでいるふりして勉強してんのかよ」と。当時、遊んでいるふりをしているのに成績がいいことがかっこいいみたいな風潮がありましたよね。それってアウトプット重視のコミュニケーションだと思うんですよね。

 だって、麻布ってもともとリモートワークみたいなもんじゃないですか。授業抜け出すやつが大量にいて、勝手に自習していい成績をとる。それって究極の成果主義だと思う。(定期試験では順位は出ないし、高校生になると行われる「実力考査」でも実際には分布表を見て自分のだいたいの位置がわかるだけになっている。)

 経営にも一定のルールはあるけれど、そのうえは自由じゃないですか。違法じゃなければどんな手を使ったっていい。結果さえ出していれば。そういう意味で思い切った布石を打てるようになったのは、麻布で磨かれた感性による部分が大きいかも。

 いままでの「beforeコロナ」時代は、9時に出勤して残業して頑張っているふりをして会社のルールを守って上司に逆らわずというのがサラリーマンの美徳だった。でもこれからは、リモートワークによって自分から働けないやつが明確に可視化されて、逆に好き勝手やってるんだけどめちゃくちゃ結果を出すようなひとが評価される。「なんでもやっていい=絶対成果出せよ」といういままでにない考え方ですよね。

 実は麻布ではそれを中高生時代からやらせてた。学校の束縛もないし、脱法行為でもない限り何しても怒られないけれど、あの厳しい競争環境が背後にあって成果主義に追われる。だから、ぐるっと回って「withコロナ」の文脈に合ってるんじゃないかな。

◆取材・文/おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)
『麻布という不治の病』(小学館新書)より抜粋

関連記事(外部サイト)