時代を映し出す自動車人気色の変遷 80年代は7割が白

時代を映し出す自動車人気色の変遷 80年代は7割が白

人々を惹きつけてきた色とりどりのクルマたちを振り返る(写真はマツダ「ファミリア」)

 機能、宣伝広告、営業戦略……ヒット商品を決める要素は数多あるが、“色”もまた人を惹きつけるうえで欠くべからざるファクターといえる。自動車の人気の“色”は、時代を映し出している。

 日本流行色協会の調査によれば、近年の自動車の色は白、シルバー、黒などの無彩色が8割近くを占めているが、驚くことに1970〜1971年には8割弱が有彩色で、黄色系が3割強を占めていたという。時代とともに移り変わるクルマと人気色について振り返る。

●若者たちがときめいた鮮やか“レッド”「ファミリア」(マツダ)

「一家に一台」から「個人所有」の時代に移り変わることを読み、1980年に若者向けのスポーティーで鮮やかな“赤”を使用して大ヒット。1983年には赤の車体が20%にのぼった。

●純白の車体に誰もが憧れた「ソアラ」(トヨタ)

 1981年発売。黄みがかった従来の白と異なり,限りなく純白に近い“白”の車体を投入して高所得者層から人気を得る。このヒットが波及し、1985〜1986年には国産乗用車生産の約75%はホワイトに。

●ワンランク上の高級感で市場を席巻「シーマ」(日産)

 バブル景気真っ只中の1988年、日産は「セドリック」「グロリア」よりもワンランク上の高級車「シーマ」を売り出す。ダークカラーが高級感を生み出し、“シーマ現象”なる言葉まで生まれた。

●“オートカラーアウォード2000”グランプリ受賞 「ヴィッツ」(トヨタ)

 車名はドイツ語の“WITZ”(才気、機知)をヒントにした造語。1999年1月発売で、色彩面で最も大きな影響を与えた自動車に与えられる「オートカラーアウォード2000」のグランプリに。

●車体色の流行もこんなに変わった!

 日本流行色協会の車体色調査を参考に、自動車の人気カラーを年別に帯グラフで表した。80年代半ばには約7割が“ホワイト車”に集中、その後90年代になるとシルバーやグレーの割合が増加するなど、人気色に対する日本独特の傾向が見られる。

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事(外部サイト)