吉田尚記アナが告白「麻布で偏見が消えてフラットになった」

吉田尚記アナが告白「麻布で偏見が消えてフラットになった」

オタクとしても知られる吉田アナの原点が麻布に

 東京都港区にある麻布中学校・高等学校は、東大合格者数トップ10常連校ながら底抜けに自由な校風で知られる。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、近著『麻布という不治の病』で、幅広い業界で異色の活躍を見せる卒業生9人へのインタビューをもとに、自らの母校の時代ごとの校風を活写した。その一部を抜粋し、麻布の自由な校風がどんな個性を育んだのかを見ていく。ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん(44)は、今の仕事に結びつくフラットな視点が中学・高校時代に培われたと語る。

 * * *

天才と一緒に暮らせるのが麻布の醍醐味

 ニッポン放送のアナウンサーでオタク界のスーパースター「よっぴー」こと吉田尚記さんは、1994年に麻布高校を卒業したあとの浪人時代もオタクの聖地神保町と秋葉原を自転車で徘徊する生活を続けたものの、なんとか慶應大学文学部に合格。大学では落語研究会に所属した。

 たまたま大学の掲示板でニッポン放送のアナウンサー募集要項を発見し、落研で培った話術を披露したところ、うまくハマって内定ゲット。しかしいざ実社会に出ることが決定した瞬間から、鬱になっていく。

 会社に入ってからも自分の「コミュ障(俗にいうコミュニケーション障害)」を痛感する日々が続いたが、ある番組をきっかけにブレイク。オタクキャラを前面に押し出して独自のポジションを確立。第49回(2011年度)ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。

 アナウンサーの枠組みを超えた仕事が増えすぎたため、会社内に「吉田ルーム」という部署ができたほど。麻布での学びが、オタクなアナウンサーの下地になっているという。

──麻布ではどんな6年間をすごしましたか?

 僕みたいな凡人にとって麻布で得られた大きなものは、天才と普通にいっしょにいられたことです。

 東大医学部に行くのが当たり前でかつ文化祭で突然難しいピアノクラシックをすごい勢いで演奏しちゃったり。「こんなやつがいるんだな」と心底感心はするけれど、麻布ではそいつらと普通に話ができる。チェスの世界大会に出ちゃうようなやつといっしょに「裕木奈江のオールナイトニッポン」を聞いて、そこについては逆にいろいろ教えてあげるとか。

 麻布では人類として優れているレベルの天才の生態を間近に見ることができて、「なーんだ、どうせあいつも地下食のやきそば食ってるんでしょ」と思える。あとはもうごく普通の高校生生活みたいなのがいっぱいあるだけかなと思います。

 あと、自分のことじゃないんですが、麻布の6年間で印象に残っていることのひとつとして、鉄道研究部の1個上のTさんという先輩が、「運動会をやりません」という公約で運動会実行委員長に立候補して残り2人の候補を退けて当選しちゃったという事件がありました。「それってありなんだ……」みたいな。

 クラスでも「運動会をやりませんっておかしいじゃん」という話になったのですが、そのとき担任だった社会科のS先生が、「何を言ってるんだ、お前ら」と。「民主的に選ばれたんだし、その公約がヤバいと思うのなら、残りの二候補が妥協して一本化したら勝てた得票数だったでしょ。一本化できなかったほうが悪い」みたいな話を普通にしていて。先生も「いままで通りがいい」とか言わないんだなあと感心しました。

 でも結局運動部のひとたちに締められて、物事が覆っていくというのもあって。Tさん、大変そうでした。僕はどっちでもいい人間なんで、一回くらいやらないのも面白そうだなと思ってTさんに入れたんですけど。

麻布はオタクのリザベーション(環境保護区)

──凡人の立場から見える麻布の風景があるというのは、面白い視点の置き方ですね。

 で、凡人側の世界で僕が何をやっていたかというと、特徴的なことは「オタク」です。僕らのころはアニメ好き、漫画好きのオタクがクラスに3〜4人でした。いまはもうクラスの半分くらいになっているんじゃないですか?

 僕の世代はいまのスタイルのオタクが世間で認知され始めた第一世代だと思うんです。いまのスタイルのオタクというのは、ポップカルチャー系のオタクという意味ですね。

 僕らが14歳のときに宮崎勤事件が起きるわけですよ。あの事件で「オタク」が発見されるんです。おまけにいきなり犯罪と結びついているという。それが世間だということに、僕は相当長じてから気づきます。

 僕はオタク全般に対する悪いイメージをまったくもっていませんでしたが、あの事件以来オタクは世間からは迫害されていたんだということに、麻布を出てから気づきます。麻布にいると迫害を受けないけど、外の世界のオタクのひとたちは大変だったんだなあと。

 高3のときがいちばん遊んでいました。「東京パフォーマンスドール」というアイドルにゴンハマりしていて。追っかけとかやってました。「穴井夕子のオールナイトニッポン」の最終回を聞いて早朝のニッポン放送で出待ちしたこともあります。そりゃ浪人するよと。その後その会社に入社するという意味のわからないオチまで付いて(笑)。

──その様子に対してご家庭では何も言われなかった?

 もういっさい何も言われたことがないですね。麻布に入ったからといって立身出世を期待する家庭ではまるでなかったので。

 ぬくぬくとオタクをやって来たことがいまぜんぶ仕事に活きているので、それを保存してくれていた麻布という環境は本当にありがたい存在です。

 麻布でいっしょにオタクをやっていたOというのがいまして、いまは日本中のオタクまわりの法務を取り仕切っているような弁護士です。いまもときどき仕事でからみます。彼は弁護士の道に進み、僕はアナウンサーの道を進んだわけですが、結局また出会った(笑)。

麻布とコミケで多様性を体験した

──そこから得られる教訓としては、他人から何と言われようが、どんな立場であろうが、自分の好きなことを地道に続けていくことは財産になるということですね。

 地道というつもりはなくて、習性ですから(笑)。

 いまコロナの時代といわれていますが、麻布関係者にtoo muchに怖がっているひとはいないだろうなと。「なんとかなるし、でも、やることやらないのはバカだよな」というくらいの感覚じゃないでしょうか。何にでも適応するしかないという感覚が体感覚としてあるから。

 で、なんでこれができるかというと、長期計画立てないからなんですよ。麻布のひとって場当たり的なので、長期計画を立てるのが苦手じゃないですか。それを当たり前にして生きてきたから、いまも場当たり的にやるとそんなに大変なことにならない。

──自称コミュ障なのにアナウンサーになっちゃったことに悩んで鬱っぽくなっていた時期もあったようですが、それを克服して、いま、アナウンサーをどういう仕事だととらえていますか?

 どんなことでも時間に合わせて喋れる仕事だと思います。1分で説明しろと言われたら、湾岸戦争もグラタンの作り方も1分でできます。まず概略をつかみ、それを核にして、尺に合わせてディテールを追加していくってことが瞬時にできる。

 その点、オタクの習性が活かせます。オタクって、違う本を読み始めたらその瞬間に違う世界観に囚われるんですよ。その切り替えが速くて深い。いろんなものを雑食で見ていることが自分にとって良かったなと思います。

 それを可能にしているのが、フラットに偏見がないことです。「なんでもいい」観。意外と残りがちなエリートへの偏見も麻布で消失しているし。多様性ってみんな口にしますけど、多様性って口で説明することじゃないんですよ。僕の場合は麻布とコミケ(コミックマーケット)で多様性を体験しましたね。

麻布は「普通」の学校

──では最後に、アナウンサーとしての奥義を活かして、1分で麻布を紹介してもらってもいいですか?

 では1分で麻布の話をしたいと思います。

 麻布というのは普通の学校だと思うんですよね。ただ、その普通というのが「社会の普通」ではなくて「世界の普通」。

「世界の普通」というのは、こうあの……、「みんなが同じものに興味をもつなんてあり得ないじゃないですか」とかね、あと「人間関係にそもそも上下なんてない」。うん。

 で、無意味な競争がなければイヤなやつというのも存在しない。だけど、最低限人間として守らなければならないということは存在する。これはこれでむちゃくちゃなやつをいっぱい見てるんで、それはそれでわかるんですけど。

 ただ「それを守ろうとすることに、特に努力はいらないんじゃないか」というのが人間にとっての「世界の当たり前、普通」なんじゃないかと思います。

 で、これ卒業して初めて口にしたんですけど、ちょっといいこと言っている感ある気もしますが、そんな気分あんまないです。これが無意識に身につく、当たり前としてこの雰囲気が充満しているのが麻布なんじゃないでしょうか。

 以上1分です!

◆取材・文/おおたとしまさ(教育ジャーナリスト)
『麻布という不治の病』(小学館新書)より抜粋

関連記事(外部サイト)