ヤクザとGo Toイート ポイント錬金術はシノギになるのか?

10月1日に『Go Toイート』スタート 暴力団が「GoTo錬金術」の手法を暴露

記事まとめ

  • 10月1日の『Go Toイート』スタート以降、ポイントを取得するさまざまな手法が話題に
  • 都内の指定暴力団幹部は「店と組めばそれなりに小遣い稼ぎにはなる」と語る
  • 「Go Toイートは、みなが浮き足立つ」「そいつらがいずれ俺たちのカモになる」と発言

ヤクザとGo Toイート ポイント錬金術はシノギになるのか?

ヤクザとGo Toイート ポイント錬金術はシノギになるのか?

暴力団員の中には『Go Toイート』で何か画策しているという者も…

 10月1日の『Go Toイート』スタート以降、杜撰な制度の間隙を縫ってポイントを取得する手法が話題を攫った。普段からグレーゾーンで生きる暴力団がこれを見逃すわけがない。実態をフリーライターの鈴木智彦氏が取材した。

 * * *
 取材は難航した。簡単なインチキで100万円が手に入る持続化給付金の不正受給は、けっこうな数の暴力団員が詐欺の片棒を担いでいた。ところが『Go Toイート』の不正は、ようやく証言者を見つけても、ただ単にポイントをためているだけで、肩すかしだった。

 銀行口座が持てず、クレジットカードが作れない暴力団員でも、『Go Toイート』ではポイントを受け取ることができるから、嬉しいのかもしれない。農水省に確認しても「暴力団員は対象外ということはない」という返答だったし、指定の予約サイトの約款にも、暴力団は利用できないという文言は見つけられなかった。

 ならば不正をしない限り、暴力団員が『Go Toイート』を使って責められることはない。しかしそれでは記事にならない。渋るヤクザに懇願し、ようやく都内の指定暴力団幹部が取材に応じてくれた。

「損をするのは国だけだ」

 待ち合わせの焼き肉店は混んでいた。

『Go Toイート』の予約は、取材相手の指示通り5人でブッキングした。こちらは1人だが、暴力団幹部が運転手やボディガードの若い衆を同席させるのだろう。愛人や企業舎弟を連れてくるのかもしれない。

 おおむね、規模の小さい独立団体は前時代的、言い換えれば家庭的だ。連れ歩く若い衆を同じテーブルには座らせないまでも、同じ店で食事させる。反対に山口組系のような巨大組織の多くは、まるで周囲に対するアピールのように、店の入口に若い衆を立たせ、待機させるのが定番だ。

 予約席は一番奥の半個室だった。待ち合わせ時間の約10分遅れで幹部が1人でやってきた。酒を飲まない人なのでウーロン茶をふたつ注文する。続けて幹部が「上タン塩を二人前……」とメニューを見ずに注文を始めた。

 予約してあったのは店が定めたコースである。飲み物ならいざ知らず、勝手に料理を注文するわけにはいかない。幹部にそう説明したが無視された。店員が去ったあと、幹部が静かな声で説明する。

「ビールを飲み、キムチだけを食って帰ろうという訳じゃない。予約通りの安いコースを5人分頼まない代わりに、2人でいい肉を食ってそれ以上に使う。ここは知り合いの店だ。店は金を使ってくれさえすれば文句は言わない。お前は雑誌社に勘定を払わせ、5000円分(5人分)のポイントをもらう。たいした役得ではないが、俺はタダ飯・タダ酒を飲み、お前に恩に着せる。損をするのは国だけだ」

 国の飲食店振興策である『Go Toイート』は、急ごしらえのばらまきシステムだ。指定のサイトを通じてネット予約し、食事をすれば、利用者は一人あたり昼食で500円、夕食は1000円分のポイントを手にできる。一回の限度は合計10人分で、最大1万円分のポイントが、予約した人間のアカウントに還元される。

「ちんけな金だが、店と組めばそれなりに小遣い稼ぎにはなる。食い詰めたチンピラたちはあれこれ考えているだろう。マスコミは警察の規制やコロナで食い詰めたヨゴレのようなヤクザが、コロナ禍の非常時にどうやって不正をするか読者にサラし、暴力団のような寄生虫に食い物にされる政府を嘲りたいんだよな?

 今夜、あんたはわずか3000円だが不正にポイントを手に入れ、『Go Toイート』がザルなのを実学する。犯罪者の手口を知りたいなら犯罪者になってもらい、同じ穴の狢としてゆっくり話をしようや」

 少額であっても、不正に荷担はできない。2人で利用するなら、それ以上のポイントはもらえない。狼狽していると幹部の携帯が鳴った。簡単に応対した後、幹部が笑いながら言う。

「今から5人若い衆が来る。予約したコースを支払い、そいつらに飯を食わせてくれ。俺の店につまみを用意してる。そっちでゆっくり話をしよう」

 手の込んだ芝居でおもちゃにされても、苦笑いするしかなかった。

「街中華でも乗っ取れば」

 移動した幹部の店は姐さんの経営するスナックだった。『Go Toイート』の対象店ではないという。

 親分は若い衆にとって父親にあたるが、配偶者でも、内縁であっても、ヤクザの女は正式にすべて“姐さん”であり、格下の存在とされる。男尊女卑をベースとする彼らの疑似血縁制度の中で、母親の地位に相当する女はいない。そのためヤクザの女は、いつ何時情夫が刑務所務めとなっても自活できるよう、自分の稼ぎを持っている。

 ホテトル経営など合法と違法の際で仕事をすることもあるし、スナックや喫茶店のような合法店を営むこともある。警察のフロント企業リストには、姐さんが講師となっているピアノ教室まで載っている。

 幹部は、こうしたばらまき策がすぐにシノギにならなくても、いずれシノギを生み出すと説明する。

「『Go Toイート』は金が空から降ってきた感覚になる。原資は税金なのに、早い者勝ちで使わねば損をした気分になり、みなが浮き足立つ。どうやってたくさんその金を拾うか……爪を伸ばす(欲を出す)ヤツらの姿が見えてくれば、そいつらがいずれ俺たちのカモになる。金に目がくらんだ奴らが同じ穴の狢になれば、“犯罪をばらすぞ”と脅してもいい」

 ZOZOの創業者で前社長の前澤友作氏が、(本人の自己申告によれば)SNSを通じて23億の金を配って以降、振り込め詐欺集団はSNSを通じて出し子を集めるようになった。空から降ってくる金を欲しがる人間たちが、そのまま犯罪者の有力な手先になるからだ。

 裏社会のリクルーターたちは口を揃え「前澤さまさまです」と公言する。この幹部もスナックに来る常連客に協力し、どんどん不正を勧めているという。申請が難しいと感じ、尻込みする年配の経営者には、パソコンやネットに詳しい若い衆を紹介するなど、親身になって地域に尽くす。

「いつもならヤクザを警戒する奴らが、コロナ対策で落ちてくる金に浮かれ、のこのこ、こっち側にやってくる。年金で赤字を補填しているような街中華でも、乗っ取れればそれなりの儲けが出る」

 暴力団の善意には裏があると考えていい。気を許して不正をしでかせば弱みを握られ、どこまでも脅される。身ぐるみ剥がされた後に気づいても遅い。

【プロフィール】
鈴木智彦(すずき・ともひこ)/1966年、北海道生まれ。日本大学芸術学部写真学科除籍。ヤクザ専門誌『実話時代』編集部に入社。『実話時代BULL』編集長を務めた後、フリーに。主な著書に『サカナとヤクザ』『ヤクザときどきピアノ』など。

※週刊ポスト2020年10月30日号

関連記事(外部サイト)