希死念慮を抑えるには「規則正しい生活」「朝の散歩」が有効

希死念慮を抑えるには「規則正しい生活」「朝の散歩」が有効

三浦春馬さんら芸能界では訃報が相次ぐ

 警察庁の速報値によると、今年8月に全国で自殺した人は1849人で、前年同月に比べて246人(15.3%)も増加している。考えられる要因の1つが、新型コロナウイルスによる経済状況の悪化だ。減少傾向だった自殺者が急増しているが、いまの日本で自殺を望む人はどれくらいいるのだろうか。精神科医の樺沢紫苑さんはいう。

「日本では、年間2万人が自殺で亡くなります。自殺未遂で救急搬送される人が20〜30万人なので、自殺を試みた人の10人に1人が亡くなっている計算です。ただし、手首を切っても軽いけがですんだり、すんでのところで思いとどまった人は、救急搬送の10倍いるとされます。つまり、自殺を望む人は数百万人単位に達すると考えてもおかしくありません」(樺沢さん)

 そうした“死にたい人たち”は、傍目にはわからないこともある。

「明るくてムードメーカーで、“あなたは長生きしそうね”といわれるような人がうつ病になるケースは多い。WHOのデータでは、自殺した人の97%は、うつ病をはじめとするなんらかの精神障害の診断がつくとされています。几帳面な人がうつ病になりやすい傾向はありますが、ズボラな人でも関係なく発症します。

 自殺も同じ。誰がいつ、自ら命を絶ってもおかしくない。実際に三浦春馬さんも竹内結子さんもいつも元気で、周囲の誰もが“なぜこの人が”とショックを受けた、と報じられています。“自分だけは”“まさかあの人が”はあり得ないのです」(樺沢さん)

 コロナ禍にあり、高齢者ほど死亡率が高いと頻繁に報じられていた今春頃、いつも明るく元気だったある70代女性がふさぎがちになり、ついにはうつ病になってしまった。幸い、秋になって回復したが、後から聞くと「一時は毎日死ぬことばかり考えていた」という。家族がうつ病気味であることに気づいて通院させ、薬も処方されていたが、まさか自殺を考えていたとは、そばにいた夫にさえまったくわからず、家族は背筋が凍る思いがしたという。

 誰しも、ある日突然“死にたさ”にとらわれるかもしれないのだ。事実、自殺未遂をした人の中には、本人でさえなぜ自殺しようとしたのかわからないケースが少なくない。大分大学医学部精神神経医学講座教授の寺尾岳さんはいう。

「自殺企図して助かった人には、不思議なことに“なぜ自殺しようとしたか覚えていない”という人も多い。つまり、自殺にいたるプロセスは正常な心理で理解できる状態ではなく、周囲にも本人にも了解不能な事態が生じていると考えられます」(寺尾さん)

 死にたい気持ちを後押しする最後のスイッチとなるのが「衝動」だ。

「希死念慮(死にたいという気持ち)に、“いま死にたい”という衝動が加わった瞬間、人は自殺してしまう。多くの人は、希死念慮を抱えていても、衝動性が高まっていないと自殺にはいたりません。小さな子供を残して突発的に自殺するような場合も、急に衝動性が高まれば起こりうる話です」(樺沢さん)

 このとき、脳内では“幸せホルモン”と呼ばれる「セロトニン」の量が減っている。脳科学者の杉浦理砂さんはいう。

「セロトニンは、意欲や喜びを司る『ドーパミン』と、ストレスと闘う『ノルアドレナリン』という2つのホルモンのバランスを取る役割も担っています。これが減少すると感情のコントロールが難しくなって、衝動を止められなくなります」(杉浦さん)

 どんなときに衝動性が高まるかは個人差があるが、気をつけたいのが「飲酒」だ。

「お酒を飲むと衝動の敷居が下がり、高層マンションから飛び降りるなどの行為もできてしまう。アルコールはストレスを一時的に忘れて問題を先送りするだけで、心の状態を悪化させて衝動性を高めるため、非常に危険です。実際、自殺で亡くなった人の3分の2が飲酒をしていたというデータもあります」(樺沢さん)

 三浦さんや竹内さんも、お酒を好んでいたと報じられる。アルコールが後押しする衝動は恐ろしいが、こうした“死への衝動”は長くは続かない。

「衝動が続くのは5〜10分で、長くても30分ほど。この間を乗り切ればある程度は落ち着いて、“いますぐ死にたい”という状態ではなくなります」(樺沢さん)

 では、どうすれば“死にたさ”と衝動から逃れられるのだろうか。何より大切なのは、規則正しい生活を送って体調を整えるという、“基本中の基本”だ。

「朝起きてから15〜30分ほど散歩して太陽の光を浴びると、脳内のセロトニンが活性化して希死念慮や衝動性を抑えられます。朝日を浴びると、体内時計がリセットされて睡眠不足の解消にもなります」(樺沢さん)

 それに加えて、「思考習慣の改善」を試みてほしい。

「過去の嫌なことや未来への不安など、ネガティブな思考を何度も反芻することを『マインドワンダリング(反芻思考)』と呼びます。

 一説によると、これだけで、脳が使うエネルギーの6〜8割を消費しているといわれています。また、人は活動している時間の47%を、自分で生み出した不安や心配事について悩むことに費やしているともいわれます。リラックスできる体勢で目を閉じ、瞑想するように“いま、自分の体と心がどうなっているか、何を感じるか”を観察する『マインドフルネス』を習慣づけると、自分の苦悩や、悩んでいる自分を客観視できるようになり、現実を克服できます」(杉浦さん)

 身近に悩んでいそうな人がいたら、とにかく、その人の言葉に耳を傾けること。

「余計なアドバイスは不要。“大変だね”“つらいね”と相槌を打つだけで充分です」(樺沢さん)

 自殺を予防する確実な方法はまだ存在せず、いまも何百万人もの人が“死にたい心”を抱えて生きている。でも、裏を返せば、苦しいのは自分だけではないということ。社会学者で大学院大学至善館教授の橋爪大三郎さんはいう。

「大切なのは、“誰もが何かに困っている”ことに気づくこと。自殺は人間にしかできません。そして、自殺は勇気がないとできません。自殺するほどの勇気があれば、なんでもできるはずなのです」(橋爪さん)

 ある日突然あなたや周りの誰かに“死にたさ”がやってきたら──少なくとも、あなたは悪くないということだけは、覚えておいてほしい。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日午前8時〜翌日午前8時)

※女性セブン2020年10月29日号

関連記事(外部サイト)