売人に狙われる有名大学運動部 不祥事の連続は偶然ではない

売人に狙われる有名大学運動部 不祥事の連続は偶然ではない

硬式野球部員の不祥事で記者会見する東海大の山田清志学長(中央)ら(時事通信フォト)

 スポーツ選手のスキャンダルが続いている。そのなかでも衝撃的だったのは、大学の運動部、なかでも名門と呼ばれるクラブから大麻の使用や所持が次々と明るみに出ていることだ。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために自粛生活が強いられた時期、ネットを利用した違法薬物販売が広がるだろうと予想されていたが、有名大学運動部の学生から次々と明るみに出ると予想していた人は少なかったのではないか。ライターの宮添優氏が、大学生、とくに運動部学生が違法なものを手にしてしまう背景をレポートする。

 * * *
 数多くのプロ野球選出を輩出したことでも知られる名門・東海大学硬式野球部に所属する複数の現役部員たちが違法薬物の大麻を使用していたとして、同大学が野球部の無期限活動停止を発表した。大学によれば、今月9日に部員が薬物を使用している可能性があるという通報を受け調査。大学が把握する以前から、そうした「噂」があったことも認めた。

 9月には日本大学ラグビー部員が大麻を所持していたとして逮捕、10月に入ってからも近畿大学のサッカー部員たちが大麻を使用したとして、サッカー部の無期限活動停止を大学が発表、大学生による薬物事件が相次いでいるが、調べていくとこれが偶然とは言い切れないことがわかる。いったい何が起きているというのか? 一連の事件を取材している、全国紙社会部記者が説明する。

「コロナ禍によりSNS上での交流が以前よりも活発化した大学生や専門学生達の間に、薬物が急激に広まっています。SNS経由ですぐ買えたり、SNSを通じて誘われたナイトクラブのイベントや飲み会で薬物に手を出すパターンで、特に有名な運動部員が目立つのです 」(全国紙社会部記者)

 いわゆる「巣ごもり需要」で、自宅などで違法薬物を使用するという例が増加している、といった噂は、学生に限らずとも存在したが、今回の騒動で「学生が目立つ」と言い切る証拠がある。それは、実際に薬物の売人たちが、コロナ禍ではなかった通常の生活では、薬物に手を出す機会がない有名な運動部員を狙い撃ちにする理由だ。

「暴力団など、反社会勢力がモデルやタレント、歌手などの芸能人に近づき、一般人に売る数倍で薬物を売りつける、この図式と似ています。有名運動部員をまず籠絡し、その周辺も落としていく。将来のある学生ですから、口も固いし、薬物のことをバラす、と脅せばいうことだって聞くんじゃないか、という考えですね。このようにして一気に薬物が広まり、すでに大麻以外の覚せい剤やコカインなどのハードドラッグを使用、所持していた学生がいるのではないか、という話もある。一連の捜査はほかの大学の運動部員にまで及ぶ可能性があります」(全国紙社会部記者)

 ふだんの運動部員は、常に時間に追われて生活している。授業以外に基礎トレーニングや練習の時間をしっかり確保しないとならないからだ。トップクラスになるほど体に負担が大きい練習をするので、その回復のための休養も欠かせない。自由に裁量できる時間が少ないためアルバイトのシフトも組みづらい生活で、思いついたときに夜遊びに出かけることはおろか、長時間、SNSの世界にひたることも難しい。彼らの多くは、一つのことに集中し追求する力が強いが、同時に同級生と比べて世間知らずなことも多く、そこにつけ込まれて足もとをすくわれやすいという側面もあろう。

 東京都内のナイトクラブ支配人・K氏が筆者の問い合わせに対し声を潜めて言う。

「コロナの影響があっても、大学生やOB達が中心となって、ナイトクラブを貸し切ったイベントをやっています。ほとんどは酒を飲んで踊ったり歌ったりするだけなんですが、一部クラブのビップルームでは、イベント主催者や権力のある立場の学生らが集まり、大麻やコカインをやっていると噂になっています。そこには大学運動部に所属する有名選手の姿もあり、まさに地下パーティーの様相です」(K氏)

 こうしたパーティーに参加した経験を持つ、都内の女子大生・坂本ハルナさん(仮名・20代)が、思い出すのも嫌だと前置きをした上で証言する。

「女子は無料、男子は2000円から人によっては5000円とか、パーティーの入場料が決まっています。タチの悪い男子グループに目をつけられたら、どんどん飲むように煽られて、酔い潰れたら別室に連れて行かれる…と聞きました。主催者や幹部が、鼻の周りを真っ白にして(筆者注:コカインを吸引した後と思われる)フラフラになってたり」(坂本さん)

 2003年に被害届が出されたことで発覚した、インカレサークルを舞台にした「スーパーフリー事件」といえば、現在の30代以上であればピンと来るかもしれない。早稲田大学をはじめとした首都圏の有名大学のイベントサークルに所属するメンバーらが中心となり、女性に酒や薬物を飲ませ、輪姦を繰り返していたという前代未聞の事件だった。当然のごとく、事件発覚からしばらく、イベントサークルと称した卑劣なグループの存在は世間から大バッシングを受けて彼らの活動はおさまったかのように見えていたが、今も似たような光景が繰り広げられているという。

「パーティーの入場券を売るよう強要されたり、幹部の彼女にしてやると騙され、キャバクラや風俗で働くようになった女の子もいます。お金を持っていそうな男子がいれば、女子で囲んでおだててお金を出させる。普通の大学生なら、一度行けばいくらなんでも危ない場所だって思って行かなくなるはず。でもコロナで他にやることなくて、ノリで行っちゃってる子もいる」(坂本さん)

 これらのグループの幹部は大学生だが、その幹部を取り仕切っているのはもっと年上の「イベント屋」であり、こうした人物たちは、反社会勢力との繋がりもある可能性がある。クラブイベントなど享楽的な環境で大学生を呼び込み、薬物を買わせるというのは常套手段。結局は反社会勢力の資金稼ぎのために、大学生が食い物にされているという構図だ。

 現在は、すでに有名大学の運動部を中心に、こうしたイベントに参加したものがいないか、薬物を使っていないか、かなり大規模な調査が水面下で行われている。参加した人たちの中には有名アスリートの二世や、すでに企業などとスポンサー契約を結んでいるような学生がいるとも囁かれている。将来を期待される若い才能が、こんな残念なことで「芋づる式」に晒されることも、覚悟しておかなければならない状況だ。

関連記事(外部サイト)