雅子さま、コロナで発信の場減に葛藤 オンライン活用進まず

雅子さま、コロナで発信の場減に葛藤 オンライン活用進まず

10月17日、「神嘗祭賢所の儀」に臨まれた雅子さま(撮影/JMPA)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、皇后雅子さまのお姿を、直接目にする機会が少なくなって久しい。それでも、「国民の中に入っていく」皇室であるために──雅子さまの模索と葛藤の日々が続いている。

 異例の注意喚起だった。

「皇室に関する行事で感染が広がると、両陛下が国民に申し訳なく思われます。国民のことを強く心配されている両陛下のためにも、ご協力をお願いします!」

 10月17日、秋の実りに感謝する宮中祭祀「神嘗祭賢所の儀」が皇居で挙行された。皇居・半蔵門前には、出席される天皇皇后両陛下や皇族方をひと目見ようと多くの人が集まっていた。警備にあたる警察官は、一人ひとりが距離を保つよう、冒頭のような言葉を繰り返した。

 実は、神嘗祭賢所の儀は、長らく皇后が出席されてこなかった行事だという。

「上皇后美智子さまは皇后時代、2008年を最後に、賢所で行われる儀式には出席されず、御所でご遥拝をされていました。70才を越えられたこともあり、お体へのご負担軽減などを考えてのことでしょう。雅子さまも昨年までは出席されておらず、今回出席されたことで実に12年ぶりの皇后陛下のご出席となりました」(宮内庁関係者)

 昨年は御代がわり行事が続き、お疲れもあっただろう。だが今年は、美智子さまもご自身も出席できていなかった儀式に出られるほど、ご体調を整えられているようだ。

「雅子さまは近頃、御所で過ごされる時間を利用して、体調管理に努められているそうです。週末には赤坂御用地内を散策されることもあり、散歩というよりは、ジョギングに近いかなりの早歩きのようです。意識して、足腰を鍛えていらっしゃるのではないでしょうか」(皇室記者)

 10月6日には、天皇陛下と愛子さまと皇居を訪れられ、笑顔を見せられていた。

「ご一家は、お住まいとして改修中の旧吹上仙洞御所内を見学されました。工事中の現場などにも足を運ばれ、室内を確認されたそうです。雅子さまはお引っ越しをたいへん楽しみにされているようで、お部屋から眺める皇居の景色を積極的にご覧になっていたようです」(前出・皇室記者)

 美智子さまもご出席できなかった儀式へのご出席をきっかけに、体調不良から「再起」の兆しが見えてきた。ただ、そんななかでも雅子さまはまだ、ある「ジレンマ」を抱えていらっしゃるという。

秋篠宮家に比べると確かに控えめ

 雅子さまが抱えられる葛藤──それは、皇室の「発信の場」が少ないことだという。これまで、両陛下は各地に足繁く通われ、そのお姿を直接国民に見せられることで、「国民の中に入っていく」皇室を体現されてきた。だが、いまは新型コロナの影響でそうした機会は失われつつある。

「両陛下が新型コロナに関するご進講を受けられる姿が度々報じられるなど、コロナの感染が拡大して以降、発信の場も少しずつ増えています。ですが、それらはおふたりが静かに話を聞かれるにとどまり、肉声が聞かれるものはありません。お立場上、急にオンライン利用を増やすのが難しいことはわかりますが……」(皇室ジャーナリスト)

 秋篠宮妃紀子さまは20日、ウェブ開催された「肺の健康世界会議」の開会式に参列され、結核予防会総裁としてお言葉を述べられた。秋篠宮家の次女の佳子さまは10日に「国際ガールズメッセ」に動画を通じて参加されるなど、積極的にオンラインをご活用されている。そうした秋篠宮家の活動と比べると両陛下の発信は確かに控えめだ。

「両陛下は、オンラインの活用に消極的というわけではないようです。8月には水の防災についての国際会議をオンラインで聴講されるなど、その活用の場を広げています。

 そもそも、これまでご進講で説明にあたった専門家の話が表に出てくることはありませんでした。それが、新型コロナの拡大で両陛下の外出がままならなくなってからは、そこでの会話が詳らかにされ、報じられるようになった。両陛下も新しい発信方法を模索されていることがうかがえます」(前出・宮内庁関係者)

 両陛下は10月1日、赤坂御所で「コロナ禍の教育現場」に関するご進講を受けられた。そこで陛下は「コロナを経て見えてきたことをチャンスに変える発想の転換も必要です」と述べられた。現状を受けとめ、新しいスタイルを導入していこうという思いが込められているのだろう。

 両陛下は常に国民とともにあろうとされ、模索を続けられている。それでも、オンラインの積極的な利用に至らないのはなぜだろうか。

「両陛下はオンラインのご活用に前向きなお気持ちがある一方で、宮内庁は消極的な姿勢を崩していないようです。あくまで “直接会うことが第一”という理由です。いま両陛下がオンラインを活用されると、今後は“いらっしゃらなくても、お言葉だけはリモートでほしい”となりかねません。それに加え宮内庁は、新しいことを行い、批判が生まれることを懸念しているようです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 何らかの形で自分たちの活動を発信していきたいお気持ちと、お立場ゆえ「沈黙」を貫かざるを得ない状況──そんなジレンマが両陛下を苦しめているのだ。

新年一般参賀で新しい発信を

 両陛下の発信の場が少ないことを特に憂慮されているのが、美智子さまだという。

「昭和から平成への御代がわりの後、いくつも新しい挑戦をされてきた上皇上皇后両陛下に対して、その都度、批判や反対意見が出ることもありました。ですが、上皇陛下の強いご意志があって、当時の職員も強く押し切り、新しい取り組みができたようです。そして、それをそばで支え、さまざまなアイディアを出されたのが美智子さまだったそうです」(別の皇室ジャーナリスト)

 いまも天皇陛下が確固たるご意志でオンラインの活用を望まれれば、周囲はそれに従い動くだろう。ただ、お立場もある陛下おひとりでは難しいこともある。

「美智子さまは時に上皇陛下を導かれるようにして、国民へお姿が発信できるよう積極的に動かれていました。

 一方で、雅子さまはご体調の波もあり、陛下を導くようにして新しいことに挑戦されるのは難しさもあるのでしょう。さらに、御代がわり直後に急に新しいことを始めるとなれば、これまで上皇上皇后両陛下が築かれたものを壊すことにもなりかねない。おふたりが強い姿勢で動かれないのは、そうした思いがあるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 美智子さまが築き上げられた先例という高い壁。しかし、時代の変化に対応せずにいては、国民との距離は開いていく一方だ。雅子さまは、いつかその「壁」を越えられる日がくるのだろうか。

「雅子さまは被災地などに赴かれると、その笑顔と華やかさで場を明るくさせるパワーをお持ちです。そのパワーを国民に届けることは、今後の皇室の課題でもあるでしょう。来年1月の『新年一般参賀』では多くの参賀客を皇居内に招くのは難しいかもしれない。それでも、映像やネットを利用して両陛下が並んでお言葉を述べられる姿を公開するなど、宮内庁はさらに注目を浴びる方法を考えるべきです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 雅子さまが壁を越えられる日は、すぐそこに迫っている。

※女性セブン2020年11月5・12日号

関連記事(外部サイト)