怒鳴られても客引きを続ける男の言い分「他に仕事ないっす」

怒鳴られても客引きを続ける男の言い分「他に仕事ないっす」

各地の繁華街で客引きへの注意喚起が繰り返されている(時事通信フォト)

 客引き行為、いわゆる「キャッチ」は風俗業なら風俗営業法で禁じられ、繁華街を持つ多くの方自治体の迷惑防止条例でも路上など公共の場所での客引きが規制されている。キャッチが規制されている理由としては、路上で進路を妨害する呼びかけが迷惑なだけでなく、彼らが紹介する店と客とのトラブルが頻発するからである。新型コロナウイルスの感染拡大のため世界中の生活が一変するなか、繁華街を根城としていた「キャッチ」たちはどうしているのか。ライターの森鷹久氏が、ある繁華街でのキャッチの様子をレポートする。

 * * *
「マジで助けてくださいよ、タバコも吸えますんで……」

 通行人に食い下がる金髪の若い男性の後ろで、市の委託を受けた警備服の男性が拡声器で怒鳴り上げる。

「違法なキャッチは無視してください! キャッチがいないまともな店に行きましょう!」

 千葉県F市の繁華街では、毎夜こうして若いキャッチと、注意を促す警備員との応酬が繰り広げられ、通行人や客、地元商店街の人々が辟易している。この一場面だけを切り取ってみれば、キャッチの若い男がいじめられているようにさえ見えるが「キャッチ=客引き」は、市の条例でも明確に禁止されている。にもかかわらず、繁華街のあちこちにキャッチの姿が目立つ。

「コロナ禍以前からキャッチが邪魔でしょうがなかったですが、コロナで客が減ると、キャッチは余計にウザくなりましたね。若い女のキャッチなんか、おっさんの腕を掴んで強引に店まで引っ張っていく(笑)。しかも連れて行かれた先は、薄い味のビールしか出てこず、つまみは割高、いわゆるプチぼったくり店なんです」

 こう証言するのは、地元で居酒屋を営む冨田晋助さん(仮名・40代)。もちろん、冨田さんの店ではキャッチの世話にはなっていないが、以前はキャッチの世話にならないと「店を潰す」と脅されたこともあったと話す。

「暴力団のみかじめ料規制が厳しくなって、今度はヤクザがバックについたキャッチ屋が、商店に金を要求するようになってきたんです。まともな店はキャッチを使っていませんし、キャッチが連れていく店は全てまともではない、これだけは覚えておいて欲しいです」(冨田さん)

 冒頭のキャッチの男は、警備員にどれだけ怒鳴られても、通行人に片っ端から声をかけまくる。キャッチされた通行人が驚くほどの声で、拡声器から警備員の声が響く。その日、夜の10時ごろまで、キャッチと警備員のバトルが続いた。筆者が、仕事が終わったと思われるキャッチの若い男性に話しかけたところ……。

「違法? かもしれないですけど、俺らこれしか仕事ないっすもん。キャッチなんて保険もなんもないフリー扱いだし、給付金だってもらえない。俺らが貰おうとしたら、ふざけるなってあんたら怒るでしょ(笑)。まあ、グレーな手続きやってもらってるやつもたくさんいるけどね、俺はキャッチ一本。まともな仕事に就けと言われるけど、仕事ねーじゃん、コロナで」(キャッチの男性)

 こうした光景は、コロナ禍を経て日常を取り戻しつつある全国の繁華街で見られるという。今まで商売がままならなかった分、彼らは必死で客を取りにかかっており、当局との小競り合いは珍しいことではなくなってきているのが現状だ。

 確かに違法だと定められているキャッチが街に溢れている状態は健全とはいえない。ただし、彼ら彼女らにも生活がある。仕事はするな、でも助けもしないよ、と行政や世間に見放されれば、彼らはさらに行き場をなくし、よりブラックな世界に足を突っ込むことになるのは明白である。

 実際、筆者が取材した現役のキャッチの中には、勤務する飲食店が潰れクビになり、他に雇ってくれる店もなく、今日食べるためにキャッチを続けていると明かす女性もいた。また、キャッチの多くはこれといった職能を身につけていない若者である。そんな仕事はやめろ、まともな仕事をしろ、といったアドバイスをするだけでは的外れなのだ。

「分断の世界」とも言われるが、私たちは同じ時間、同じ国に生きている。その仕事を選んだ自己責任だと彼らを見放すことは、私たちの世界をより悪くする。「違法キャッチ」に従事しなくても済むような環境が用意されること、抜本的な解決方法はこれしかない。

関連記事(外部サイト)