大阪・池田市長が市役所で寝泊まり サウナ設置&裸徘徊騒動

大阪・池田市長が市役所で寝泊まり サウナ設置&裸徘徊騒動

大阪府池田市の冨田裕樹市長。夜、事務所に戻った

 6畳ほどの小部屋に畳のベッドが置かれ、扇風機、洗面台の上にはドライヤー、冷蔵庫の上に大量のパックご飯、廊下にはランニングマシンまで置かれている。どこかの大学生の下宿先かと思いきや、ここは大阪府池田市役所。市長室の隣にある控え室に、冨田裕樹・市長(44)が持ち込んだ家具や生活用品が並んでいる様子を、市役所職員が撮影した動画を入手した。

「市長が今年になってから、市役所に寝泊まりするようになったんです。ここ2、3か月は大型家具を運び込み、ベッドや冷蔵庫、別室には家庭用サウナまで設置して。清掃業者が裸でうろつく市長の姿を目撃し、相談が寄せられたこともありました」(市職員)

 冨田市長は昨年4月、6期にわたり市長を務めた倉田薫・前市長の後継を倉田氏の長男と争い勝利した、大阪維新の会のホープ。そんな彼が、なぜ自宅に帰らず職場に寝泊まりしているのか。

「冨田市長には妻がいますが、別居して市役所と事務所に寝泊まりするようになり、それがずるずると長引いているそうです」(同前)

 市役所にはシャワーしかないため、愛用の三輪バイクで夕方に健康ランドへ出かける日々だという。

 市長の市役所生活は、議会でも追及された。自民党会派の市議から「市長室への持ち込みは公務に必要なのか、公費で購入しているのではないか」と尋ねられると、市長はこう回答。

「私は今公務に全力で取り組むために、体の管理というものを徹底して頑張らせていただいております」(3月16日)

 半年以上変わらぬ生活を続けていたそうだが、10月21日に突如、ベッドとサウナが撤去されたという。

 その日の深夜、三輪バイクで事務所に戻ってきた市長を直撃すると、「住んではないです。徹夜ということはありますが。部屋も議会で取り上げられた時に、議員の皆さんに見てもらったが問題ないと(言われた)」と回答。

 大阪都構想の住民投票(11月1日)を控えて、“上司”の松井一郎・大阪市長(維新の会代表)が進退をかけて戦っている中、池田市では市長自ら「住民としての戦い」を展開していた。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

関連記事(外部サイト)