消えゆく花電車 運行を続ける鹿児島市電と市民の信頼関係

消えゆく花電車 運行を続ける鹿児島市電と市民の信頼関係

毎年のおはら祭で運行されるため、出番を車庫で待つ鹿児島市電の花電車

 花や電飾で華々しく装飾された「花電車」が、地域のイベントや行事を盛り上げながら街を走る姿は、1970年頃までの日本各地で見られる風景だった。今でも花電車を毎年、運行している鹿児島市電の運行事情と、都電で再び花電車を見られる可能性についてライターの小川裕夫氏がレポートする。

 * * *
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年は各地でイベントの中止が相次いでいる。緊急事態宣言の期間中は言うに及ばず、解除後も中止・延期されたイベントは少なくない。規模を縮小して開催されるイベントは数えきれない。

 コロナ禍が直撃して経営が苦しいのは、鉄道も同じだ。以前から経営が厳しかったローカル線だけでなく、赤字とは無縁と思われていた首都圏の各線や東海道新幹線といったドル箱路線でも利用者は激減。ここ数か月間は逆境が続いた鉄道業界だったが、ようやく先行きに光明が見えようとしている。

 GoToトラベルに東京発着が対象に追加されたこともさることながら、第3セクター鉄道等協議会が鉄印帳の旅を開始するなど、工夫を凝らした需要喚起策の効果が表れているからだ。しかし、鉄道は観光客だけが利用するものではない。

 むしろ、地元住民・沿線住民が日常生活で利用する比重の方がはるかに大きい。地元住民・沿線住民の役に立つことこそが、公共交通機関が本来は果たすべき使命でもある。地元住民・沿線住民の需要を取り戻さなければ、鉄道は生き永らえない。

 特に、市電は街の中心部に路線網を有するだけに市民の利用率は高い。また、周辺自治体に居住する住民にとっても重要な移動手段になっている。そうした地元住民・沿線住民に頼りにされると同時に親しまれる存在、それが市電でもある。

 約60万の人口を擁する鹿児島県鹿児島市にも市電が走っている。鹿児島市電の総延長は約13.1キロメートルで、保有する車両数は55両。2018年度における年間の利用者数は、1100万人を超える。国内で路面電車を運行する事業者の中で、鹿児島市電は有数の規模を誇る。

 路面電車と言っても、鹿児島市電は昔ながらの懐かしい乗り物ではない。2002年には低床車を導入し、それ以降も続々と新型の超低床車両を増やしてきた。

 また、線路の上に電線を張るための架線柱を中央に配置するセンターポール化にも早い時期から着手。センターポール化により、それまで広い空間に電線を張るため都市景観を悪化させる要因とされていた架線が集約された。これで都市景観は向上。こうした取り組みによって、鹿児島市電は利用者から評判を高めた。

 新型車両を相次いで導入する一方、鹿児島市電では古い車両も現役で活躍している。その車両は、10月21日から11月2日までの期間限定で”花電車”として運行される。

「鹿児島市電で運行している花電車は、1911年に製造された車両です。同車両は、以前に西鉄で走っていたもので、それを譲り受けて使っています」と話すのは、鹿児島市交通局電車事業課の担当者だ。

「花電車」と言われても、あまり馴染みがなくどんな電車か見たことも聞いたこともない人が多いだろう。全国各地で路面電車が運行されていた昭和30年代、なにか祝事があると花電車が走った。市電の車両に、電飾や花などが飾り付けて走る。それが花電車で、現代ならアドトラックの路面電車版と言い換えられるかもしれない。こうした花電車が、東京のみならず路面電車のある各都市で走っていた。

「花電車は、市民が楽しみにしている南九州最大の祭り、おはら祭の時期に毎年運行してきました。今年は電球1000個、花8500個で飾りつけをし、期間中は昼と夕、1日2便を運転します。また、祭りの当日は一部の区間を通行止めにして、天文館通の電停前に展示する予定です」(同)

 華やかな見た目から祝事ばかり連想される花電車の運行だが、最近の鹿児島市電では選挙や鹿児島マラソン開催の告知、九州新幹線全通といった際にも花電車が運行されている。

 花電車は人を乗せて運行するわけではないので、運賃収入を得ることができない。また、出番も年に数回しかない。数少ない出番のために、花電車を維持することは不経済でもある。車体を装飾・細工するにも、莫大な費用を要する。

「鹿児島市電の花電車を運転しているのは、通常の運転士ではありません。操作が異なるので、点検・修理を担当する職員が運転しています。花電車を運行するために、運転士を増やすこともありません。花電車の運行はおはら祭関連の事業になりますので、運行費用は交通局から捻出していますが、整備費は市の観光交流局観光交流部観光振興課からの予算が充てられています」(同)

 鹿児島市電では花電車がとても重要な位置付けにあり、ゆえに大事にされている。それは、鹿児島市の伝統でもあり、市民の間にも暗黙の了解として受け継がれている。

 とはいえ、それは鹿児島での話。全国的に見れば、合理化・経済性、そして時代の流れもあって各地で運行されていた花電車はひっそりと姿を消している。現在、全国で残っている花電車は少なく、出番も数えるほどしかない。

 東京都を網の目のように走っていた都電は、かつて頻繁に花電車を運行。都電が荒川線だけになった後も、それは変わらなかった。しかし、いつの間にか荒川線で運行されることはなくなった。

 花電車を懐かしむ年配者は多い。惜しむ声が後押しして、東京都交通局は2000年代に花電車をいったん復活させたことがある。そのときに再現された花電車は、車体にフィルムを貼っただけの簡易バージョンだった。

 フィルムを貼っただけの花電車では、華やかさに欠ける。そのため、沿線住民や古参の都電ファンを落胆させた。こうした経緯もあり、2011年の東京都交通局発足100周年の節目に、きらびやかな装飾と細工を施した花電車が登場した。

 そのほかにも函館市電や広島電鉄などが花電車を運行しているが、総じて花電車の出番は減少している。そして花電車を知らない世代が増え、いまや存亡の危機に瀕している。

 毎年運行している鹿児島市電の花電車は、かなり年季が入っている。それだけに部品が摩耗しても交換できず、メンテナンスは難しくなっている。鉄道ファンの間では、「そろそろ引退では?」という憶測も流れていた。そして、ついに今年のおはら祭を花道に引退することがリリースされた。

「現行の花電車は、今年の運行が最後になる予定です。来年度からは、新しい車両で花電車を運行する予定にしています。しかし、それはあくまでも予定です。来年度、これまでの車両で花電車を運行するか、それとも新しい車両で運行するのか、実ははっきりと決まっていないのです」(同)

 鹿児島市電の前身である鹿児島電気軌道が、路面電車の運行を開始したのは1912年。つまり、再来年の2022年は鹿児島市電発足100周年にあたる。記念すべき年に運行される花電車は新型車両になるのか、それとも慣れ親しんだ既存車両になるのかはわからない。

 いずれにしても、華やかな花電車が鹿児島市街地を記念運行することになるだろう。きらびやかな装飾が施された市電が街を走り回る光景を思い浮かべれば、市民でなくても鉄道ファンでなくても胸が弾む。

 その前に、来年の2021年は東京五輪が予定されている。そして、東日本大震災の発生から10年を迎える。東京五輪の開催も、東日本大震災からの復興も、日本にとって大きな節目であることは間違いない。そして、2021年は東京都交通局にとっても発足110周年という節目でもある。1930年には、東京市は関東大震災からの復興という名目で花電車を運行したこともある。

 都電荒川線の車庫には、2011年に走った花電車が眠ったままになっていた。その後、主だった出番はなく、花電車の専用車両は廃車。荒川線では、その後にも花電車は運行されたが、ペーパーフラワーをあしらった通常車両で代替されている。いくつもの節目と重なる2021年、再び荒川線で花電車が運行されるのでは? との期待は高まるが…。

「コロナ禍ということもあり、人が集まるようなイベントの開催、つまり花電車の運行は現在のところ検討していません。来年は五輪の開催もあってイベントを準備する余裕がない状況です」(東京都交通局お客様サービス課)

 花電車の運行は、容易ではない。さまざまな条件をクリアしなければならない。そこには、手間・費用もかかる。そして、沿線住民や利用者の理解も必要になるだろう。それでも、鹿児島市電は運行を続ける。

 花電車の運行を続けられるのは、鹿児島市交通局の意気込みも一因だろう。それ以上に、市民がそれを無駄と断じることなく、時代遅れと冷笑しないことも大きい。鹿児島市民からは「市電はわが街のシンボル」「鹿児島市にとって、なくてはならない存在」といった愛着や市電に対する全幅の信頼が窺える。

 コロナ禍で、鉄道事業者は生き残りを模索している。なかには、コロナ禍に乗じて廃線という選択肢を迫られている鉄道会社もある。

 廃線を迫られている鉄道会社の多くは、普段から利用者が少ない。しかし、理由はそれだけではないはずだ。

 各地の鉄道会社が瀬戸際にある中、「経営が苦しくても支える」「日常生活に必要」と鉄道会社を慕うファン層をどれだけ掴めるか? 最後の最後で存廃を決めるのは、沿線住民・利用者と鉄道会社との信頼関係にかかっているといえるのかもしれない。

関連記事(外部サイト)