サントリーがウイスキー貯蔵庫を増設 今後も需要は伸びるか

サントリーがウイスキー貯蔵庫を増設 今後も需要は伸びるか

常に人気の日本ウイスキー(写真はサントリー白州蒸留所。時事通信フォト)

 ウイスキーを楽しむ人が増えている。サントリーホールディングス(HD)が約60億円を投じて近江エージングセラー(滋賀県東近江市)にウイスキーの原酒を熟成させるための貯蔵庫を新たに1棟を建設することを、『日本経済新聞』(10月21日付)が伝えている。同記事には「国内外での需要増に対応する」とあり、あまり事情を知らない人にとってはウイスキーの需要が急増して慌てて対応を決めたかのようにも読める。

 サントリーHD広報部に確認すると、「今回、急に生産設備の増強をはじめたわけではありません」との答えが戻ってきた。同社では数年前から、山崎・白州蒸溜所の蒸溜釜の増設、白州蒸溜所・近江貯蔵庫の増設と、増強を進めてきているのだ。生産設備の増強に取り組みだしたのは、2007年から手掛けた酎ハイにヒントを得た「角ハイボール」がきっかけになっている。簡単に言えば、同社の定番ともいえる「サントリー角瓶」の炭酸割りである。

 最初は飲料店向けから始まった。ただ炭酸で割るだけではなく、これにレモン果汁を入れるのが“ミソ”だった。より飲みやすくなり、それこそ酎ハイのようにグビグビ飲める。

 これは若手社員の発想だったが、製造現場のベテランたちは「邪道だ」と大反対したらしい。彼らにとってウイスキーはがぶ飲みするものでもないし、果汁を入れるなど論外だったからだ。これを若手が押し切って、角ハイボールが誕生した。ベテランたちの予想を裏切って、角ハイボールはたちまち消費者に受け入れられた。缶が発売されると大ヒットとなったことは、いまさら言うまでもない。

 このヒットが、ウイスキー全体の売上も引っ張っていくことになる。1983年をピークに低迷を続けていた日本のウイスキー市場が、一気に息を吹き返した。

 あまりの売れ行きに、原酒不足が深刻な状態となっていく。2018年5月には、サントリーHDの看板商品ともいえる「白州12年」と「響17年」を原酒不足のため販売休止するとの発表がされて話題となった。この事態に、サントリーHDも増産を決意することになる。

 しかし、ブームだから増産すればいいというものではないのが、ウイスキーという商品の特徴だ。「白州12年」には、当然だが12年以上も熟成させた原酒が用いられる。増産するにも時間がかかり、せっかく原酒を増産しても、それを使ったウイスキーが市場投入される頃には、ウイスキーブームが去ってしまっている可能性もある。そうなると、せっかく増産した原酒と投資はムダになってしまう。増産は、大きな「賭け」でもある。

 それでもサントリーHDは増産に踏み切り、増産設備の増強を続けている。今回報道された2022年に完成させる貯蔵庫も、その一環である。2022年までには近江エージングセラーも含めた国内3拠点の貯蔵能力は、現在よりも1割増えて、合計で約170万樽(1樽は200〜500リットル)になるという。

 需要についてもサントリーHD広報部は、「国内のウイスキー市場は、今後も数量ベースで年平均成長率3〜4%程度で伸長していくと考えています」と明るい見通しを語る。愛好家だけのものという印象が強かったウイスキーは、広く一般的に飲まれ、誰でも楽しむ流れになってきていることは間違いない。今後もサントリーの読み通り、需要は増していくだろうか。

◆取材・文/前屋毅(フリージャーナリスト)

関連記事(外部サイト)