かつて「飛び降り巻き添え事件」の現場に居合わせた人の無念

かつて「飛び降り巻き添え事件」の現場に居合わせた人の無念

待ち合わせにもよく利用される大阪・梅田の「HEP FIVE(ヘップファイブ)」

 北海道拓殖銀行と山一證券が倒産した翌年の1998年、日本の自殺者数は前年を約8千人上回り3万人の大台を超え、2011年まで3万人超を記録し続けた。2006年に制定された自殺対策基本法にもとづく様々な施策や、専門家や関係者たちの様々な活動、そして雇用状況が上向きになったおかげか、2019年は2万169人にまで減少した(警視庁調べ)。ところが、新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた2020年、風向きが微妙に変わる気配が出始めている。俳人で著作家の日野百草氏が、今回は、報道によって無意識のうちに封印していた13年前の類似の事故の記憶を呼び覚まされた人の複雑な思いについてレポートする。

 * * *
「あのときの記憶が蘇りましたね、日野さんも覚えてるでしょ」

 私の旧知の編集者、かつて池袋で編集プロダクションを立ち上げたことのある風間卓人さん(仮名・50代)が電話口で当時 ―― 13年前の事件について話してくれた。現在は諸事情から埼玉県内の自宅兼事務所で仕事を続けているが、2007年、出版社の経営不振からリストラに遭い独立。それでも悲壮感などなく、紙に固執することもなく携帯コミック制作の受託に目をつけて順風な船出であった。

「飛び降りて来てドカーン! って。パルコのとこですよ、日野さんのとこ行く途中だった」

 よく覚えている。私も自宅とは別に寝床兼趣味の部屋を南池袋に借りていた。南池袋とは言っても雑司が谷霊園に近い風呂なしトイレ共同の木造アパート。いまは駐車場になっているが、風間さんも何度か訪ねて来たことがある。その日も一緒に昼飯を食べる予定だった。

「まさか人間が降ってくるなんて思いませんよ、車がぶつかったような大きな音で、てっきり交通事故でもあったのかと思ったら後ろで人が倒れてた」

 池袋東口駅前の明治通りは交通量も人出も尋常でない。よく事故が起こる場所で私も車で信号待ちをしていたら営業車に追突された。追突してきた営業マン曰く考え事をしていたという。幸いコツンとされただけで大したことはなかったが、赤信号の列の後ろについているだけでも理不尽な事故に遭う。しかし風間さんの遭遇した理不尽はこんなものではない。空から人が降ってきて、路上の人を直撃した。13年前、そのただ中にいた。

「だから大阪で起きた事件のニュースを見たら思い出しちゃって。まったくおんなじですから」

「大阪で起きた事件」とは10月23日、大阪梅田駅の「HEP FIVE」屋上から17歳の男子高校生が飛び降りて路上の女子大学生に激突、高校生は即死、被害者の女子大学生も翌日死亡した事件のことだ。そして「まったくおんなじ」とは2007年、東京池袋駅の「パルコ」屋上からの飛び降り事件のことだ。

あの音だけは覚えている

 いまから13年前の2007年11月6日、お昼1時を回ろうかというその時、池袋駅併設の百貨店パルコから25歳無職の女性が飛び降りた。そしてパルコ前を歩いていた38歳の男性会社員に直撃、女性は即死、巻き添えとなった男性は重体だったが4日後の10日に亡くなった。もう記憶の彼方のこの事件、今回の大阪梅田駅「HEP FIVE」の飛び降り事件と時と場所、そして人は違えどよく似たシチュエーションが繰り返されてしまった。

「振り返ったら20mくらいかな、本当に近かった。血とかももちろんですけど、ピンク色の何かが出てて…見間違いとか記憶が変わってるのかもしれませんけど、その不気味なピンクは覚えてます。悲鳴はもちろん、何が起きたのかわからない人が呆然と立ってると思えば、走り出した拍子に転んだ人とかパニック状態でした」

 それはそうだろう。風間さんの記憶が状況やら色、目視の距離など不正確なのは無理もない。そして被害者の男性に至ってはおそらく記憶はパルコを歩いていたその瞬間のまま、何も知らないで数日後に亡くなってしまった。

「自分がもし数秒遅く歩いていたらとか、ちょっと立ち止まったらとか考えるとゾッとしました」

 その日、その事件を私に話す風間さんは食が進まないとランチを残した。私もそれは覚えている。

「とにかくショックでした。目の前であんなの……あとで報道知ったら被害者の人、ほぼ同い年ですし」

 顔面複雑骨折などで意識不明重体だった被害者は会社が休みで池袋に来ていたという。せっかくの休日で楽しいはずの池袋、まさか空から人が降ってきて死ぬなど誰が想像するだろう。今回の大阪梅田駅の事故も、巻き添えとなってしまった19歳の女子大学生はそんなことになるなんて、思いもよらなかっただろう。理不尽過ぎる。

「私もあの時、路上の二人を間近に見てしまいましたからね。見なきゃよかったと思うし、あの衝撃音とか、自分がもし、なんて考えたらしばらくトラウマになりましたよ。今回でまた思い出すハメになったし、自殺するならみんなに迷惑かけないで欲しいです」

 風間さん、愚痴というより後半の「迷惑かけないで欲しい」を言いたかったのだろう。あの13年前、2007年の事件で飛び降りた女性は統合失調症で入院歴があり、その日は通院日だった。

「だって池袋駅前ですよ、下に大勢の人がいるのはわかってるはずです。山でも崖でもいいはずなのに」

 山でも崖でも死んでは駄目だ。ちょっと暴走気味の風間さんだが気持ちはわかる。巻き添えになった被害者はもちろん、それを目撃してしまった多くの人たちも被害者、現場となってしまった施設も被害者だ。

「落ちた時の音がね、忘れられなくなります。あの音だけは覚えてますね。今回も目撃者は音のこと言ってましたね。独特なんです」

 聞いたことのない私には想像つかないが、トラウマは耳に宿る。野生の本能の残滓か。心的外傷後ストレス障害に苦しむ兵士も耳に残る戦場の噪音、それと似た音が聞こえてくるたびフラッシュバックに苛まれるという。

「さっき迷惑かけるなって言ったけど大阪のやつもそうです。梅田駅なんて池袋駅と同じで凄い人でしょう。屋上から飛び降りてぶつかったらどうなるか、わかんないんですかね」

巻き添えにあった人、目撃してしまった人

 実は飛び降りによる巻き添え事件は今回の梅田、そして本稿の池袋だけではない。それ以前の2006年には東京調布の電気通信大学で55歳の女性が飛び降りて20歳の女子学生が巻き込まれた。飛び降りた55歳の女性もまた、うつ病の治療中で無関係の大学に侵入、文化祭の準備のために登校していた女子学生に直撃して死亡した。女子学生は頭蓋骨骨折の重症ながら命はとりとめたが、彼女の痛み、恐怖、その後の苦しみを思うと筆舌に尽くし難い。記憶に新しいところでは2年前の2018年、新宿歌舞伎町の雑居ビルから20代の女性が飛び降りて死亡、直撃した通行人の男性が重症を負った。ホストクラブの追い込みに悩んでの自殺とされている。他にも都市部における飛び降りによる巻き添え例はある。

「ほんと勘弁して欲しいですよね、ビルの飛び降りもそうだけど、電車だってそう、酷な話だけど、一人で死ねばいいんですよ」

 風間さんに悪気はない。むしろ風間さんの意見のほうが世間一般の「普通」かもしれない。あえてつけるなら「死ぬなら」一人で死ねばいい、だろうか。事故で落ちてしまった人でなければ、自ら飛び降りてしまう人に心の不安定な人が多いのは当然だろう。飛び降り側に立って憐憫の情を抱く人もいるだろうが少数派なのも当然で、飛び込まれた被害者には何の落ち度もない。それは理不尽な死と一言で片づけられないほどに理不尽だ。雷が落ちて死ぬような太古の自然界から存在するような理不尽でもない。他人を巻き込むような場所かつ飛び降り自殺をしなければ済むというだけの話。批判覚悟だが、やはり飛び降りる側が悪いということは被害者やその家族を思えば大前提だろう。

「飛び降り犯、って言葉を使ってもいいと思うんですよ。本当に被害者はかわいそうです。ただ歩いてただけなのに」

 重ね重ね気持ちはわかるが無理だろう。池袋で飛び込んだ女性は容疑者死亡のまま、重過失致死の疑いで書類送検された。人通りの多い場所に飛び降りれば人を巻き添えにする危険性は認識できるとして過失致死、重過失致死の嫌疑はかけられるだろうが、殺意は不明なので殺人にはできない。そもそも飛び降りた側のほとんどは死んでいるので不起訴にするしかない。あとは民事で被害者、亡くなった場合は被害者家族が訴えるしかないだろう。

「それでも家族はやりきれないでしょう。やっぱり人を巻き込むのがわかりきってるようなとこに飛び込む人は擁護できませんね」

 風間さんはヒートアップしてしまい、このあとは本稿でとても書けない内容のオンパレードになってしまったので割愛する。「自殺するなら一人で迷惑かけないとこで」という一貫した主張はよくわかった。自殺念慮者に対する精神的なケア、不安定な人々に寄り添う社会を実現すべきというのは当然だし、コロナの影響もあり8月自殺者が全国で前年比15%増、9月の自殺者が前年比8%増(警察庁統計)と年末に向けてさらに増える可能性もあるが、そういった人々の誰もが都会のビルから通行人めがけて飛び降りているわけでもない。

 福祉の領域と飛び込みによる巻き込み事件そのものは区別しなければ、精神的な病や悩みで苦しむ人たちの迷惑になる。あくまで「そんなところに飛び込む人が悪い」が大前提だろうし、その行為が非難されるのは無理もない。何の罪もない人がある日突然、空から降ってきた自殺志願者に殺されてしまうのだから。その何の罪もない人というのが私たち「通行人」だとしたら、自分が、家族が、友人がそうなったらと考えると、なかなか巻き込むような自殺者の側には立てないし、そんな逆張りは世間の理解も得られにくいだろう。

 その後も風間さんと話したが具体的な防止策というのは浮かばなかった。精神福祉の専門家すら苦心しているのが自殺問題だ。一人で死ねは言い過ぎたかもしれないと反省していたが、「他人を巻き込む自殺者は悪である」「人を巻き込む迷惑はやめるべき」という「あるべき論」だけは譲れないという。被害者の無念を思えば、私も同感である。

●ひの・ひゃくそう/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本福祉大学卒業。日本ペンクラブ会員。出版社勤務を経てフリーランス。2018年、評論「『砲車』は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞を受賞。近刊『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社)寄草。近著『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日午前8時〜翌日午前8時)

関連記事(外部サイト)